2018年2月18日 (日)

コゲラ@四季の森公園

C0230367

C0230383

C0230441

四季の森公園の林でコゲラを撮影することが出来た。樹をつつくのに夢中で当方をまったく無視してくれたので3mほどから撮影出来た。
コゲラの尾羽。中央尾羽T1は黒くて細長い。その他は白っぽく黒斑がある。樹をつついて餌をとるときは樹皮をしっかりと脚で掴み、尾羽でしっかり押さえるので力がかかる。頭部眉斑のすぐ後ろにかすかに赤斑が見えるので♂と思われる。すべて同一個体。
2月12日、四季の森公園にて

2018年2月17日 (土)

シジュウカラ@四季の森公園

C0230393

C0230395

C0230396

シジュウカラの初列風切は最外P10が短小だが、この写真ではよく見えている。P10P9には外弁に白色羽縁がなく、P8以内に白色羽縁がある。その上で写真2枚め。外側初列は外弁欠刻があり外弁の羽縁がうねるのでよく見えないが、白色羽縁のある最外初列がP8なのでそこから数えていくとP6あたりが最長で、P1まで見える。続けて次列S1からS6、三列風切までよく見える。
2月12日、四季の森公園にて

2018年2月16日 (金)

慶応大学日吉キャンパスのマンホールその2

先週に引き続き、東横線日吉駅近くの慶応義塾大学日吉キャンパスでみたマンホールを7種類ご紹介。
電 Hパターン
M0020752_2

黄色 水槽 煉瓦パターン KANESO MWPH-1-600
M0020753

ガス 煉瓦パターン  HASEGAWA FOUDRY CO. MHA-S:R 450 FCD
M0020754

あめ ブロックパターン
M0020755

長方形 量水器 菱形ライン
M0020756

☆型にG 菱形ライン
M0020759

雨水 うちわ型パターン

M0020760

横浜市港北区慶応義塾大学日吉キャンパスにて

2018年2月15日 (木)

セツブンソウの花@四季の森公園

C0230467

C0230472_2

四季の森公園ではセツブンソウが咲き始めていた。場所が分かりにくかったが、公園パークスタッフに教えてもらった。ただ、残念ながらあっち向いて咲いていた。この激寒のなか早く も花が咲くんだね。
ネコヤナギの花
C0230306

ヒュウガミズキの蕾膨らむ

E0017996
2月12日、四季の森公園にて

2018年2月14日 (水)

ラン週報20180214

C0230014

C0230080

C0225805

写真は2月11日の新横浜公園の午前の様子。少年野球チーム対抗の駅伝大会が行われていた(写真の子は男女不明 笑)。それ以外にもランナーは多数だった。黒金衆は自分以外には3人ほどと少数。ランナーには撃沈上等Tシャツが一人いた。3枚目はベビーカー(?)を押してキロ5で走る驚異のママさんランナー(ベイビーが本当に乗っていたかは不明だが)。

2月11日、先週の週末は風邪をひいて最悪の体調のため、二日間一歩も家から出ず、ほぼ寝て過ごした。そのため2月度のラン第一走目。風邪で衰えた体力を慮ってゆるジョグでいつものコース。新横浜公園内周回コースで競歩のウォーカーを発見。キロ530ぐらいで進んでいたのでゆっくり近づいてしばらく観察してから一気に追い抜いた。と思ったら、すぐ後ろでギアチェンジしてスピードアップした足音が聞こえた。え~?やばい、追い抜き返される。これランナーには分かると思うが結構恐怖(笑)。追われるのが恐ろしいのだ。こちらは別に競うつもりはないのに、相手が競ってくるのは凄く面倒でストレスになる。それでは仕方ないのでこちらもスピードをもう一段上げて十分距離が離れるまで逃げきろう。で、体感的には430ぐらいで7.5km地点から8.5km地点あたりまで頑張った。ほっとしたことにウォーカーは追いついてこなかったし、たぶんお互いの走るコースが途中で別れたものと思う。後は530ぐらいまで落としてジョグで復路に入る。ただ、最後はまたスピードアップしてみた。これでWSをしなくて済む。ま、結構普通に走れたので走力は特に落ちてなかったようだ。

554+542+542+538+533=2829
538+530+442+520+517=2627+=5456
532+526+514+512+457=2621++=8117

この日の脳内ヘビロテは川崎フロンターレ新加入選手の新チャント。埼玉スタジアムで練習したやつの一部。

FW9 赤崎秀平
♪あかーさーきー あかーさーきー
きばーれ あかさーきらーらーららー

MF22 下田北斗
♪オレッ!オレ!しもだほくと
いざ行け しーもーだほくと

FM37 齋藤学
♪川崎の星 さいとうまなぶ
青黒まとって 輝けよ まなぶ

しかし、学はいつ川崎の星になったのだろうと思わないでもない。実はもう一人鈴木雄斗も覚えたのだが、ラン中にはどうしても出てこなかった。ごめん>ラルフ。それより先日出場した守田のチャント作ってやろうよ。大島僚太の新チャントもね。

2月11日(日)午後、晴、寒いがそれほどでもない
コース:新横浜公園3周+往復
距離:15km、ジョグ+一部スピードアップ
タイム:1:21'17"(28'29",26'27",26'21")
平均心拍数:153、最高心拍数:176、初期値:74
体重:○4.2kg⇒○2.6kg、減少量:1.6kg

2月12日、午後、晴だか南西からの強風があり、とても走りづらい。この日はノープランのため、結局はジョグとなった。

601+543+542+535+530=2831
540+528+522+520+518=2708+=5539
522+533+520+522+512=2649++=8228


2月12日(月)午後、晴、極寒、強風
コース:新横浜公園3周+往復
距離:15km、ジョグ
タイム:1:22'28"(28'31",27'08",26'49")
平均心拍数:153、最高心拍数:189、初期値:82
体重:○3.5kg⇒○2.3kg、減少量:1.2kg


2月13日、晴で、前日に比べてやや風が弱いようだ。3日目ということで多少疲れもあり、ゆるジョグで走りだす。途中刺激入れのため5km,7kmで1kmだけのスピードアップをする。455、443だった。ちょうどラン用ベビーカー(?)を押した女性ランナーが走っており、徐々に近づくのだがなんとそのスピードはほぼキロ5。これは只者ではない。きっと元競技者なのだろう。新横浜公園の周回コースはかすかな高低差があり、ベビーカーでは微かではあるが着実に登り下りを感じるはず。これを軽々とキロ5で走るとは。ま、彼女に刺激されて2本めは443まで上がってしまった訳でもある。この日も結局は極寒で、西風は強くかなり走り辛かった。首金衆は1のみ。第三京浜下の河津桜が咲き始めていた。

600+545+555+540+550=2910
455+552+443+610+545=2725+=5635
542+550+543+550+546=2851++=8526


なお、ラン後の体重が○1.5kgとなりここしばらくで一番の低体重となった。11月ごろが一番重く、徐々に下がってきていた。

2月13日(火)午前、晴、極寒、風強い
コース:新横浜公園内+往復
距離:、ジョグ+途中2回スピードアップ
タイム:1:25'26"(29'10",27'25".28'51")
平均心拍数:150、最高心拍数:175、初期値:80
体重:○3.2kg⇒○1.5kg、減少量:1.7kg

2018年2月13日 (火)

シャクガの♀@四季の森公園

E0017984

四季の森公園と言えば竹柵検索。あちらこちらにある竹柵だが、「竹柵のため寄りかかるな」みたいな注意書きがあるのだが、これがなかなか突っ込みたくなる書き方。想像するに「県立公園につき、運営予算が限られているため柵は材料費がかからない現地調達の竹を利用している。作業はボランティアスタッフにやってもらっていてほぼ実費のみで頑張っている。ただ竹は2~3年しか持たないし、強度もない。なのでなるべく長持ちさせたいので竹柵にはなるべく触れないでください。」ということを言いたいのではないかと思うのだが、途中の理由がすっ飛んでいるので、理解してくれる人は少ないものと思うのだ。自分は理解していると思うが、それなら、2倍の材料費がかかるが木製の柵にして2倍以上の強度と長持ちが出来るのではないのか?とも思うのである。適当に言っているが。
で、この日は極寒のため、ウシカメムシでも見れれば御の字と思っていたが、見つからず、代わりにいつかはきっと見たいと思っていたシャク蛾の♀が竹柵にお出ましになったので大興奮してコンデジでたくさん撮影した。ただ、ホルスタインではないので、地味な風体のため和名はさっぱり分からず。残念ながら不明種ということにしておく。この♀は帰りがけまで同じところにじっとしていた。たぶんフェロモンを出して♂待ちだったのではないかと思う。
おまけはトイレのウスバフユシャク♂
E0017989
2月12日、四季の森公園にて

2018年2月12日 (月)

モズ@新横浜公園

C0230009

C0230150

先週の週末は風邪で一歩も家を出なかったので2週間ぶりの自然観察に新横浜公園に行ってきた。最初に出迎えてくれたのはこのモズ♂。ウの目鷹の目というが、ウが水中をじっと見つめて餌を探すというのは見たことがない。たぶん潜ってから探しているのではないだろうか。鷹はパーチあるいは上空から餌を探すので、目で餌を探す。そして、モズも同様。鷹の仲間に入れてやるべきではないか。少なくともウの代わりにモズを入れてほしいものだ。百舌鳥の目、鷹の目。2枚目では止まり木のモズを観察していたら、突然こちら側に向かって飛び出したのでちょっとビックリさせられた。正面から見ると頭が幅広だ。これは1枚目から100m以内の場所で撮影した。同一個体かどうかはこの2枚の写真からは不明だが、縄張りの広さからすると、同一個体ではないかと思う。
2月11日、新横浜公園にて

2018年2月11日 (日)

川崎フロンターレの一年が始まった

M0020725

M0020772

M0020777

M0020882

M0020883

XEROX Super Cup 2018
川崎フロンターレ 2-3 セレッソ大阪

で敗戦。
2か月前の劇的な逆転優勝、祝賀行事のもろもろ、地道な戦力強化、ひっぱりにひっぱったエウソンの残留、驚きの大久保嘉人の復帰、びっくり仰天の齊藤学の完全移籍、順調な宮崎と沖縄キャンプ。。。舞い上がっていたフロンターレサポーターの心をズタズタに引き裂かれた痛い敗戦だった。またもやの埼スタ。場所を変えても(前回のナビスコ決勝とは逆だった)強いほうが勝つ。川崎フロンターレはまだまだ完成度うんぬん以前の状態だった。ひとつひとつ必死に戦わないと連覇など口にも出せない厳しさに直面することが出来た。来週は早くもACL上海上港戦。中二日。悔しいがビンタを食らったようなショックは今の時期、いい刺激だと思おう。
2月10日、埼玉スタジアムにて

2018年2月10日 (土)

不明蛾@四季の森公園

Cimg7932

こちらは正月に撮ったもの。翅縁がギザギザの蛾はそうないと思われる。調べたところクチバスズメに似ているかもしれない。ギザギザの具合に個体差があるのだろうか。いや、でも4本ある横線がまったく合わないので違うと思われる。ということでやはり不明種としておく。
1月6日、四季の森公園にて

2018年2月 9日 (金)

慶応大学日吉キャンパスのマンホールその1

先日の東京ロングウォークで早稲田大学のマンホールを見つけたので、近くの慶応義塾大学日吉キャンパスでは慶応大学マンホールが見つかるかもしれないと思い、探しに行ってみた。さて、見つかるか。

文字なし 四角の遠近
M0020743

電 DDaT-60 +パターン
M0020744

長方形 NTTマーク? Tパターン
M0020746

暖房 HASEGAWA FOUDRY CO. MHAA-R 450
MHAA-S 煉瓦パターン
M0020747_2  

OMH-600-1(1500K) DAIDORE CO.LTD.
M0020748

止水弁 IGS 小
M0020749

雨水蓋 煉瓦パターン

M0020751

«キトガリキリガ@四季の森公園

無料ブログはココログ