2017年8月20日 (日)

ウシヅラヒゲナガゾウムシ@四季の森公園

R0128153

R0128156

四季の森公園竹柵検索で久しぶりのウシヅラヒゲナガゾウムシを見つけた。動きがものすごく速くコンデジがまったく追いつかない。ましな写真を2枚貼る。複眼が横に張り出していないので♀。今度出会ったら透明ケースにご招待して綺麗に撮ってみたい。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月19日 (土)

テングスケバ@四季の森公園

R0128065

四季の森公園で見つけたテングスケバ。だいぶ前に寺家で見て以来と思う。最初これを見て、ショウリョウバッタの弱齢幼虫と思い、撮影したのだった。長さが短くて不恰好だななどと思いながら(笑)。後でテングスケバと分かって狂喜乱舞した。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月18日 (金)

ピカチュウ仕様スカイダック@横浜港

この日は横浜大桟橋に豪華客船を見に行ったのだが、それよりもなによりも街全体がピカチュウポケモンGOたちに占領されていた。ピカチュウ大量発生チュウという催しらしい。いまだにポケモンGOをやっている人がこんなに大勢居ることにびっくりした。タイミングが悪かったがクルーズ船の来航タイミングなのだからしようがない。で、船はちゃんと見ることができて帰りのこと、赤レンガ倉庫に向かう途中で黄色いスカイダックを発見。前回紹介したようにスカイダックはFC東京カラーの赤青なのに。これはいったい。。。。。。

C0205517

えっ?まさか。
C0205523

まさかのピカチュウ仕様にしてしまったのか。スカイダック。おまえもなのか。C0205533

赤レンガ倉庫広場には妙なオブジェクトに人だかりが。これは一体何か?
C0205574

そして日本丸にもピカチュウが
M0015981

帰りの桜木町駅前広場もすごいことになっていた。M0015984

8月12日、横浜みなとみらいにて

2017年8月17日 (木)

アオマツムシ幼虫@四季の森公園

R0128142

四季の森公園の竹柵検索で見つけたこれはアオマツムシ幼虫。左後脚が欠損している。幼虫の状態での欠損は次回の脱皮で復活するものだろうか?普通に考えると新たに脚が生えてくるわけ無いように思うが。よく見ると小さな翅が見えているので終齢一歩手前ぐらいだろうか。触角が異様に長いので画角からは切ってしまった。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月16日 (水)

ラン週報20170816

新横浜公園をダッシュしていたこの黒女子は短距離ランナーっぽかった
C0205184

横浜大桟橋を走るのはみなとみらい在住のご近所のランナーなのだろうなぁ
C0205424

8月3日はプチ夏休み。午前中新横浜公園で散策したが、平日にもかかわらず中高生の陸上部員やサッカー少年などがたくさんいてちょっとびっくりした。平日平日と思っていたが世の中夏休みだったのね。午後は例によって日産の回廊をぐるぐる。比較的気温が低めだったのでちょっと奮発して16周15kmに挑戦。ただしキロ6で。キロ6だと一周何分か?走りながらなので働かぬ頭で一生懸命考えた結果、5分37.5秒と分かった。つまり16周=15km=90分なので、半分して8周=45分。さらに半分して4周=22分30秒。もう一度半分して2周=11分15秒。最後の半分はちょっと難しいが1周=5分37.5秒。よく出来ました!happy01
というわけで、1周は難しいので2周で11+1/4分を目安にゆるゆるぐるぐるした。ランナーはほぼおらず、追い抜きや追い越されのストレスなしに走ることができた。ほぼ正確なキロ6ペース走となった。最初から16周のつもりだったのでがんばることができた。ゴール後はWSを2本でぴりりと締めた。
この日も、自宅でウェアを着る前に水でじゃぶじゃぶに濡らし絞ってから着用した。濡れたウェアを着るときのひんやりべろんとした気持ち悪さを我慢すれば後は非常に快適である。

8月3日(日)午後、くもり、適

コース:日産スタジアム回廊一階
距離:15km、キロ6ペース走
タイム:1:29'31"(30'10",29'43",29'38")
平均心拍数:149、最高心拍数:158、初期値:78
体重:○5.4kg⇒○3.4kg、減少量:2.0kg
おまけ:WS2本


8月6日、日曜日は前日の川崎フロンターレvsFC東京観戦でお疲れのため朝ゆっくりめで起きたが、なにもする気がおきない。凄く天気がいいが、自然観察に出かける気力も湧かない。こういう日はとりあえず走っておけば後で後悔はない。というわけで午前中に日産回廊へGO。例によって濡れウェアで走り始めると、いきなりガチランナー集団にぶっちぎられる。しかも3グループほどはいたと思われる。なんなんだこのランナー達は?おそろいの洒落たウェアを着ていた。しかし、彼らはいずれも一周で走り終えているようだった。インターバル走か?こちらは前回身に付けたキロ6ペースでゆるゆると周回を重ねる。実はこの日はARES GPSが使えなかったのだ。というか、血迷って金曜日の出社時につけて行って、仕事中に案の定着け心地が悪くていつの間にか外していて、机に放置してそのまま帰宅してしまっていたというわけ。間抜け。でこの日はウォッチも胸の心拍ベルトもなしという軽装で走った。しかし、これだとタイムが測れないので、万歩計の時計を使うこととした。これだと秒は測れないが、分までは測れる。スタート時は1037時になってだいぶ経ってそろそろ1038時になるだろうというころ合いから走り始めた。途中でタイムは見ず、5km地点で一度、ゴール地点でチェックした。ほぼ設定どうりでじぶんでもびっくり。胸ベルトが無いと解放感があった。最初大勢いたガチランナーたちはその後あっという間に居なくなって静かになり、ひとりで黙々と走った。この日はミスチルのコンサートがあるらしく朝から車の出入りが多かったが、係員さんがランナーの安全に気を使ってくれたので大変ありがたかった。暑くて滝汗のためウェアがぐっしょりになった。自宅から自転車で通える距離にここがあって大変ありがたい。

8月6日(日)午前、晴、暑い
コース:日産スタジアム回廊一階
距離:15km、キロ6ペース走(ゆるジョグ)
タイム:1時間30分(30分,30分,30分)
心拍数:未計測
体重:○4.5kg⇒○2.5kg、減少量:2.0kg
おまけなし


8月11日は三連休初日だが朝から軽い雨で涼しい。特に予定もないし、自然観察には出られそうにないので午前中からランとしよう。陽射しもゼロなので日産スタジアム回廊ではなく新横浜公園と往復にする。前回で懲りたのでラン用キャップと明るめのサンスグラスとし、シューズは一世代前のミズノにする。鶴見川土手に上がると結構降ってきた。どう走ろうか考えながらゆるゆるジョグ。雨が酷くなったら回廊に逃げ込もう。そうでなかったら公園周回路を3周。できればキロ5で別ランにしようか。いろいろ考え、体調を感じるうち、キロ5はとても無理そうなことは分かったので、キロ6より少し速いペースで15kmということにした。雨は結構降っていてあっという間にシューズはぐしょぐしょ。新横浜公園内は人影は少なくランナーは上級者二人組のみだった。こちらのペースは540程度、あちらは400ぐらいか。こちらが1.72km走る間にあちらは周回コース+たぶん日産フィールド小机一周で2.5kmぐらい走り毎回同じ場所で出会うというタイミング。これで計算は合うだろうか。
一周約10分弱でキロ4だとちょうど2.5kmで一応あっているな。
など難しい(難しくはないが走りながらだと難しい)計算をしながら少しペースを上げる。大集団がいないのでストレスなく走れる。久しぶりに公園内周回コースを3周走り、帰路に就く。すると雨は上がってきて少し気持ちよい。ペースを上げてもそう苦しくはない。最後はキロ5に挑戦してゴール。なんとかうまく行けた。下に示すように29'14">27'40">26'42"とゆるゆるだがビルドアップできた。最後は1秒だがキロ5を切れたし。ただ最初からキロ5だとどれだけ持つか分からないので無理。そういう意味ではビルドアップは弱虫の安全第一の走り方だ。自分にぴったり? それなのにウェアは激沈上等白T(笑)。

619-543-547-543-542 2914
543-530-543-544-522 5654 2740
528-525-525-515-459 8336 2642


帰宅後、シャワーと同時にシューズを洗った。自分はいつもシューズ用ではなく頭用シャンプーを使う。ひもも汚れてなさそうなのに、驚くほど水が濁ることにびっくりする。こないだはライトレーサーを洗ったのでどちらも綺麗になったことになる。

8月11日(金)午前、雨、涼しい
コース:新横浜公園3周+往復
距離:15km、ゆるゆるビルドアップ
タイム:1:23'26"(29'14",27'40",26'42")
平均心拍数:151、最高心拍数:174、初期値:118
体重:○5.1kg⇒○3.9kg、減少量:1.2kg
おまけ:なし


8月12日は朝から港に船を見に行ったところ、赤レンガ倉庫からみなとみらいから桜木町にかけて、ポケモンGOの大群衆に囲まれて疲れ果て、へとへとで帰宅した午後、疲れを癒すべくいつもの日産スタジアムへ。こちらは回廊GOだ。しかし、お盆ということもあり、回廊GOは他にはゼロ人。コウモリもヤンマもゼロ。犬の散歩が少々。というわけでストレス少なく16周をゆるゆるとビルドアップしてきた。結果的には前日とほぼ同タイム。

539-512-522-525-518 2657
518-515-514-509-515 2611
505-513-512-512-504 2546
433


最後のラップ433は結構頑張ったのだが、これがキロ5を達成しているか否か?先日のキロ6の計算の逆をやればよい。2倍して2周で906。秒が6なのでいきなり8倍しても繰り上がりなし。ラッキー。ということで16倍して7248、つまり1:12'48"。キロ5で15kmは1:15'00"で、それよりもだいぶ速いのでキロ5達成ということが判明して祝!キロ5(1周だけだけど 笑)。

8月12日(土)午後、くもり、蒸し暑い
コース:日産回廊1階16周
距離:15km、ゆるゆるビルドアップ
タイム:1:26'27"(28'43",27'48",27'06")
心拍数:計測無し
体重:○5.2kg⇒○3.0kg、減少量:2.2kg
おまけ:なし

2017年8月15日 (火)

アカスジキンカメムシ@四季の森公園

R0128204

R0128073

午後からは等々力にサッカーを見に行くので午前中の短い時間で四季の森公園に行ってきた。時間が無いのでポイントだけに時間を使って効率的に回った。アカキンの幼虫が結構見られた。そしてミズキの葉をチェックしていて成虫を見つけた。久しぶりのご対面で嬉しい。この成虫はまだ色が淡く、羽化間もないのではないだろうか。付近で羽化殻を探したがなにも見つからず。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月14日 (月)

ヤブヤンマ@日産スタジアム

R0128022

R0128032

日産スタジアムの一階回廊をランしていたときのこと。コンクリート構造物のほぼ地下のような変化のない景色の中を修行僧のように延々とぐるぐるしていたのだがその4周目、足元の何かが目に留まった。だが体は走っているのでずんずん通り過ぎてゆく。視界を通り過ぎ、脳裏に残像として残ったのは、トンボ。いや、ヤンマの死骸だ。いやいや眼が青かった!振り返ったが数メートル通り過ぎてしまっていた。タイムを取りながら走るとき、後戻りすることは、走る動作を続けていると走り続ける動作を命令し続けていると一定のスピードで一定の方向に運動し続けている物体としての慣性の法則が許さないので、非常に残念ながらそのまま走り去ることになった。マルタン♂かヤブ♂かどちらだろうかとわくわくしながら、次の周で絶対に拾得しよう。あと5分半の間に誰かに拾われないように祈る。いやいや、ここで時々みかけるスズメやドバトなどが食べてしまうかもしれない。回廊一周を心配しながら走ること5分半。果たして無事にそのヤンマは落ちていたので、さっととまってしゃがんでそっと拾いあげ、即座に走り出す。揃えた翅を右手人差し指と中指第二関節で挟んで壊さないように大事に持って走った。スタート地点まで走ったところで、そこで待ってくれている黒王号の足元にそっと置いて、あと11周の間誰にも、スズメにもドバトにも散歩中の犬にも気づかれず、アリにも見つけられないことを祈りながら走った。約1時間後ゴールして、ヤンマが無事であることを確認してほっとした。
複眼が青く、胸に黄色の二本線、腹部第2節にも青がある。翅は全体に褐色に煙る。
 ヤブヤンマ♂
翅の色だけがちょっとメスっぽいが、どうみてもヤブヤンマ♂である。これは自分がトンボにはまるきっかけとなったヤンマで、しばらくぶりの目撃なので懐かしい。こちらを参照のことこちらも
日産スタジアムの1階は暗いのでいわゆる裏ヤンマの生息には適していると思われる。先日見つけたアブラコウモリも同様の環境を好むし。もう少し遅い夕方あたりに行ってみればコウモリや裏ヤンマが飛んでいるのを見つけられるかもしれない。
なお、ランシャツのポケットに慎重に収納して黒王号で持ち帰ったヤブヤンマであるが、帰宅後ポケットから取り出すときにやたらとあちこちに引っかかり、大変苦労した。トンボの(いや昆虫全般に言えるが)脚先は小さな鋭い引っ掛かり(爪)があって衣服に引っかかりまくるのだ。なんとか、無事に取り外せたが、その時気づいた。このヤブヤンマまだ生きている!脚を弱弱しくだが動かしていたのだ。え~~!!思案して自宅に持ち帰り、家族に悟られぬようベランダに持ち出し、園芸用ジョウロの水を何滴か飲ませると口を動かして飲んだ。それからデジカメで何枚か撮影し、物影にそっと放置した。数時間後、再度確認したときには残念ながら今度こそ本当に死んでいた。
8月3日、日産スタジアム一階回廊にて

2017年8月13日 (日)

Angels Flight by Michael Connelly

Angelsflight前作の記事 でハリーボッシュシリーズについて
自分でもこれのどこが楽しくて読んでいるのか分からなくなってきたりもする。この先いったいどうなるのか知りたくてやめられない・ボッシュの生き様の各所に魅力的な部分がある・脳内の仮想世界の中でボッシュの人生を追体験していくのが楽しい(?)などいろいろ自分を分析中である。

と書いた。で、本作を読みながらまたもや同じような印象「何が面白いのやら?」を感じたのでやや自己分析的に読み進めた。やはり読んでいくうちにボッシュに自己同化してしまい、1.事件を解決したい。2.捜査には自分なりの経験があり自信がある。俺は優秀だ。3.邪魔するやつは敵である。IAD,FBI,マスコミ、時に上司であっても。4.ルールを厳格に守っていたら事件の解決などできない。そういう場合には多少ルールを逸脱しても解決するぞ。というようなボッシュ4ルールと強烈な使命感を持って仕事に励む孤独な男の生き様に魅せられ、次にどういうシチュエーションに直面するのか?それにどう対処していくのか?というゲーム的面白さを追体験することが楽しいようだ。

Angels Flight ボッシュシリーズ第6作

この作品ではロスのケーブルカー(これがAngels Flight)内で発見されたふたりの死体が発端となるが、被害者がそれまでLAPDを目の敵として、多くの訴訟を起してLAPDを痛めつけてきた黒人弁護士だったことから、彼に訴訟を起された経験のないボッシュに急遽担当が回ってきたという無茶振りで話が始まる。どうせLAPDの警官が犯人だろうという空気の中、珍しくチームを組んで捜査が進む。ボッシュがチーフだ。ただ政治的事情からFBIといういつもの敵がメンバーに加わるなどして徐々に捜査が重くなってくる。また、LAは警察への抗議活動が熱くなり暴動が起きかねない危険な状況になってくる。そういう(いつもの)困難な状況の中でボッシュチームは徐々に真実に近づいてゆく。最後は大きなtwistがあって...というところ。

いつも通勤の行き帰りの電車の中でkindle paperwhiteで読んでいるのだが、最近スマホの無料オセロゲームにはまってしまい、読書の時間の多くをオセロに費やしてしまい異様に長い時間がかかってしまった(笑)。

Angels Flight
by Michael Connelly
2017-#10
7/7-8/8
Rating 20 stars (5,5,5,5)
Format: kindle
File size: 3051 KB
Print length: 474 pages
Publisher:  Little, Brown and Company (Jan 1,2001)
Sold by: Amazon Services International, Inc.
Language: English
ASIN: B00FORA838
Text-to-Speech: Enabled
X-Ray: Not Enabled
Word Wise: Enabled
Lending: Not Enabled
Enhanced Typesetting: Enabled
USD 4.16 (Paperback amazon.com)
USD 5.90 (Kindle edition amazon.com)

JPY 657 (kindle edition amazon.co.jp)

2017年8月12日 (土)

アオモンイトトンボ@新横浜公園

C0205280

C0205290

R0128021

新横浜公園のトンボはシオカラトンボ、オオシオカラトンボ。チョウトンボ、コフキトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、ギンヤンマ、ウスバキトンボなどが見られた。そして、大池脇の花壇でアオモンイトトンボが少数見られた。比較的大きな(というか、長い)体はふわふわと浮き、草花の間をゆっくりと浮遊するように泳ぐように移動していた。水槽の中の小魚のようだった。アオモンイトトンボ♂
8月3日、新横浜公園にて

2017年8月11日 (金)

スカイダック@横浜港

C0205311

C0205315

先日、横浜港にスーパースターヴァーゴを見に行ったおり、例の水陸両用バススカイダックを再度目撃出来たので、喜んで撮影した。今回は近かった。ものすごく違和感のある、景色。だいたい色がマリノスというよりはFC東京だし(は措いておいても)海面にこういう直方体で船の形でないものが浮いていてしかも、ゆっくりだが進んでくるというのは、見ていて危なっかしくてどうにもひやひやする。大波が来たら一瞬で転覆してしまいそうで自分は乗る勇気が出ない。だが、観光地横浜ならではの光景ではある。今度は陸に上がる瞬間や水面に入る瞬間を見てみたい。
7月16日、横浜港にて

«オオタカの羽@新横浜公園

無料ブログはココログ