2017年10月23日 (月)

ウミネコ@横浜港

久しぶりに山下公園に行ったのでウミネコを観察してきた。ウミネコ成鳥冬羽。ユリカモメやオオセグロカモメ、カモなどはまったく見かけなかった。
係留索に休むウミネコの群れ
C0217414

海面に着水寸前のウミネコ
C0217441
尾羽12枚は換羽済の新羽。初列はP8が最長。P9P10は伸長中

尾羽をお手入れ中
C0217499

着地の瞬間翼を広げてバランスをとる
C0217526
頭部がかなり暗色な個体。初列先端に白があるので成鳥冬羽。

右翼の初列風切が10枚見える。最長はP8。P9P10は伸長中。
C0217545

10月15日、横浜山下公園にて

2017年10月22日 (日)

第37回山下公園海底清掃大作戦@山下公園

山下公園では寒い雨降る中ではあったが、海の清掃大作戦というのが実施されていて、海の生物が展示されていた。興味深かったので水槽の生き物たちを撮影してきた。和名はさっぱりわかりません。

ヒトデ
M0016724

カワハギ?
M0016729

イソギンチャクの類
M0016731

アイナメ?
M0016735

マダイ?
M0016743

第37回山下公園海底清掃大作戦

M0016746

水面に浮かぶゴミは専用の船で定期的に清掃されるが海底はそうもいかない。人が潜って回収するしかないのだ。寒い中、みなさま御苦労様。ありがとうございます。
10月15日、横浜山下公園にて

2017年10月21日 (土)

スズメ幼鳥@新横浜公園

C0217309

C0217315

新横浜公園、大池脇で見たスズメ。まず、一見しただけで幼さが分かるであろうか。表情や姿勢で、成鳥にはみられないぎこちなさが大である。嘴根元に黄色があり幼鳥。中雨覆に白い羽縁が目立つ。大雨覆は新鮮そうに見えるので新羽だろう。
写真2枚目で尾羽に注目してみよう。右側6枚、左側5枚が見えている。左側最外T6は隠れているだけ。ものの本によると尾羽は中央T1から最外T6までほぼ同じ長さ。換羽は中央T1から外側T6に向かって進む。ご覧のようにT5、がやや短く、T6が半分ほどしかないという状況を考えると、T1からT6まですべて新羽であり、T5T6が伸長中ということになる。見たところどれもあまり新羽という風には見えないが。
おまけはモズ。公園内では多くの♂モズがテリトリー確保のため縄張り宣言合戦をしていてうるさかった。この都会は羽を半ば開いて震わせながらギチギチキーキー鳴いていたので撮影してやった。次の瞬間飛んだ。翼の白斑がよく目立つ。これは初列風切の根元の色。
10月9日、新横浜公園にて

C0217202

C0217205

2017年10月20日 (金)

旭区マンホールその5里山ガーデン

旭区マンホールその5は里山ガーデン内の3個。ここはずいぶん前はまったく未開の地で、トンボを探しに来たりしていた場所だが、里山ガーデンということですっかり綺麗に整備されていてちょっとびっくりした。重複御免。

ガーデンベア寝転ぶ
M0016209

ズーラシア オカピ こちらは見切れておらず満足。
M0016210

ガーデンベア顔

M0016211

旭区マンホールを5回に分けて紹介したがけっこう重複もあった。で、結局何種類あったのか?数えたら以下のように22種だった。

①ガーデンベア 5

寝転ぶ
片手
万歳
歩く

②ズーラシア3
アライグマ?
シロクマ
オカピ

③あさひくんバスターミナル案内 7
バスタ座る
バスタ手揃え
バスタラッパ
バスタ両手ななめ
バスタ両手正面
バスタ叫ぶ
バスタ青空

④あさひくん 7
ハト桜
桜の下に座る
アサガオ
ひまわり
もみじ
ゆきだるま
笑顔

最後におまけで里山ガーデンで見かけた「生ガーデンベア」(笑)
C0216860

2017年10月19日 (木)

ウラナミシジミ@新横浜公園

C0217192

新横浜公園では8月ぐらいに見たと思うのだが、その後はとんと御無沙汰だったウラナミシジミに再会。地味めながら美しい模様である。小さいので目立たない。
下はおまけで他の蝶たち。ベニシジミ、モンキチョウ、イチモンジセセリ。他にもツマグロヒョウモンキタテハなど目撃した。
10月9日、新横浜公園にて

C0217187

C0217268

C0217391

2017年10月18日 (水)

トノサマバッタ褐色型オス@新横浜公園

C0217369

新横浜公園のメドウガーデン裏のガラ石のあたりでトノサマバッタを発見した。これはトノサマバッタ褐色型オス
下はおまけのコアオハナムグリ。手に持った葉を調整して光の角度を、毛が良く見えるようにしてみた。かなりの剛毛
10月9日、新横浜公園にて

R0128766

2017年10月17日 (火)

ナミアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128818

新横浜公園の花畑には柑橘系の樹があった。葉の緑色が濃く、枝までも緑色をしている。そして、枝にこれまた緑色の幼虫を発見。ナミアゲハ幼虫だ。
下はおまけでフタトガリアオイガ幼虫。毎年秋の定番。今度は成虫を見たい。
10月9日、新横浜公園にて

R0128764

2017年10月16日 (月)

アオモンイトトンボ@新横浜公園

R0128797

新横浜公園メドウガーデンフェンネルキアゲハの蛹を探しに行ったのだが、結局は見つからず。幼虫も見つからず。代わりにアオモンイトトンボ♀を発見した。この時期に見つかるとはちょっとびっくり。いつまで見られるだろうか。
フェンネルは昆虫に大人気で他に、アカスジカメムシ、ナナホシテントウ、ブチヒゲカメムシなどが群れていた。
10月9日、新横浜公園にて

R0128801

R0128792

R0128805

2017年10月15日 (日)

ホシホウジャク@新横浜公園

R0128773

R0128779

新横浜公園のハナムグリポイントホシホウジャク中に浮いているのを発見した。最初はクモの巣に捕獲されて死んだものだと思っていた。二三枚撮影するうちに突然ばたばたもがきだしてびっくり。まだピンピンしていた。手捕りしてみたが思った以上に体重があり、これまたびっくり。どういうわけでこういう状況に陥ったのかは分からないが、とにかく口がかなり強い糸に絡まっていた。とりあえず、釣り糸かと思うほどの強い糸(クモの糸か?)を切って放免してあげた。ものすごい回転数の羽ばたきで飛んで行った。その後ジョロウグモを発見。通常ならクモの糸にとらえられた昆虫はすでにクモに噛まれて毒を注入されているので、元気はないかあるいは半ば死んでいることが多い。今回はあまりの元気さからするとまだ噛まれていなかったのではないかと思う。しかし、クモにとっては如何に早く毒を注入するかが課題なので、こういうことがあるとは思えないし。あるいは絡まった直後に自分が対処したのかもしれない。
10月9日、新横浜公園にて

R0128780
1015 sun

2017年10月14日 (土)

渡来カモ@新横浜公園

C0217274
ヒドリガモ

C0217277
ハシビロガモ

C0217352
コガモ

新横浜公園の大池では冬鳥の渡来が始まっていた。バンオオバンを始めヒドリガモハシビロガモホシハジロコガモなどが見られた。他にも居たかも知れないが詳しくは見なかった。そろそろ鶴見川で先割れクン足環オナガガモなど渡来しないか、楽しみである。
10月9日、新横浜公園にて

«旭区マンホールその4西光が丘団地バス停

無料ブログはココログ