2017年12月10日 (日)

アキアカネ@新横浜公園

C0220260

C0220263

新横浜公園のいつものポイントではアキアカネ♂がすぐに見つかった。少なくとも2個体はいた。日当たりのよい斜面と、地面に置きっぱなしの白い袋の上。いかにもいそうな場所。そして、いつの間にか12月になっていたので、もう12月トンボだ。ここで見られなくなったら最後の砦は例年通り新治かな。
12月3日、新横浜公園にて

2017年12月 9日 (土)

ユリカモメ@鶴見川

C0219871

C0219944

C0219971

C0220005

C0220011

C0220102

鶴見川カモ広場ユリカモメが占拠していた。数えてみたところ29羽はいたと思われる。いろいろな躍動的な姿を見せてくれた。上陸していたのですべての個体の脚をチェックすることが出来た。足環ユリカモメはいなかった。残念。しばらくするとギャーギャー騒ぎ始め、見た目は美しいのに愛想が尽きる感じだった。
12月3日、鶴見川にて

2017年12月 8日 (金)

ラン週報20171210

M0018147

M0018150

M0018155

写真は皇居周辺。自分が走ったわけではないが、天気も良いし走りたかった~。11月末。
12月3日は久しぶり(前回は9月24日だった)に個人利用に開放された日産フィールド小机に走りに行ってきた。12月になったので入場は15時まで、閉場16時なのでちょっと焦る。ジョグで行き、トラック12.5周をキロ5で走り、ジョグで帰る。かなりきつかったが一応成功。快晴の空のもと、気持ちよかった。

523+509+506+503+510=2551
100+157+202+156+159+159+159+158+158+157+158+159+155=2437
542+528+517+508+448=2623


日産フィールド小机では利用者アンケートをやっていた。ここは普段は横浜Fマリノスの練習場になっていて、よく見かけている。プリンスリーグ(?)やなでしこリーグの試合もたまにある。また、少年の陸上競技会もあるがそれも年に数回のこと。それ以外はほとんど利用されていないので、そういう日は月に半分ほどはあるはずで個人利用に供してもらいたい旨を回答しておいた。等々力のように200円程度なら有料でも構わないし、利用者負担は当然のこと。運営管理をしている日産にはぜひ検討してもらいたいところである。
※追記どういうわけか左のお尻、左ふともも裏側の二箇所に筋肉痛が激しい。なぜ左だけなのか?左右偏った走りをしたということか?トラックを12.5周する際は常に左回りだったのでその関係?さっぱり分からない。

12月3日(日)午後、快晴、やや寒い
①コース:新横浜公園往路
距離:5km、ジョグ
タイム:25'51"(5'23",5'09",5'06",5'03",5'10")
平均心拍数:145、最高心拍数:163、初期値:70
②コース:日産フィールド小机
距離:5km、キロ5ペース走
タイム:24'37"(4'59",4'55",4'56",4'54",4'53")
平均心拍数:162、最高心拍数:173、初期値:102
③コース:新横浜公園復路
距離:5km、ビルドアップ的ジョグ
タイム:26'23"(5'42",5'28",5'17",5'08",4'48")
平均心拍数:154、最高心拍数:169、初期値:98
体重:○5.3kg⇒○3.9kg、減少量:1.4kg


こないだまで暑くてどうやって日陰を走ろうかと苦心していたのに、最近は手袋やらネックウォーマーやら総動員だし、日の入りが早いので午後3に走り始めるのは遅くなってきた。
来年用のランナーズダイアリのためにランナース2018年1月号を購入する(年に一度しか買わないが。笑)と、続いて年賀状、福岡国際マラソンと一気に年末モードになる。一年が過ぎるのが早い。あと何回年末を過ごせるだろうか。20回?30回?いや10回かも。

2017年12月 7日 (木)

オナガガモ@鶴見川

C0219918

C0219933

鶴見川のカモ広場に降りてみたところ、つぶらな瞳をしたオナガガモ♂が寄ってきた。同時にユリカモメもやってきた。餌やり人と間違えられたのだろう。1枚目はオナガガモ成鳥繫殖羽の♂個体。頭部と肩部分。脇と肩羽の縮緬模様がよく分かる。肩章はまだ出来ていない。目が黒いとかわいい。
12月3日、鶴見川にて

2017年12月 6日 (水)

このミステリーがすごい!2017

1thedoomsdayconspiracy 2areyouafraidofhtedark 3morningnoonandnight 4roguelowyer 5theblackecho 6theblackice 7theconcreteblonde 8thelastcoyote 9truncmusic 10angelsflight 11bloodwork 12smallbusinessvalvemaker 13fermatslasttheorem 14adarknessmorethannight Sitamatirocket2 Cityofbones_2

2017年度はシドニーシェルダンが3作品、グリシャムが1作品、マイクルコナリーが9作品
他には池井戸潤が2作品、翻訳本が1作品の合計16作品を読んだ。基本的にはマイクルコナリーのハリーボッシュシリーズに浸った一年だったといえよう。年初にシドニーシェルダンを読んでいたことが遠い昔のことのように思う。マイクルコナリーは結構多作なのでまだ未読が10作品以上あるのが楽しみである。今年は順位をつけることにあまり意味はないと思うようになったのでとりあえず羅列としておく。どれも面白かった。駄作はひとつも無しだったので打率は良かった。それにしても一年が早い。このミスの季節になると、年賀状、イルミネーション、クリスマス、そして大晦日にまっしぐらだ(笑)。

2017#1,12/2-/12/19
The Doomsday Conspiracy by Sidney Sheldon

2017#2,12/19-1/6
Are You Afraid of the Dark? by Sidney Sheldon

2017#3,1/10-1/23
Morning,Noon and Night by Sidney Sheldon

2017#4,1/25-2/16
Rogue Lawyer by John Grisham

2017#5,2/17-3/21
The Black Echo by Michael Connelly

2017#6,3/22-4/19
The Black Ice by Michael Connelly

2017#7,4/20-5/18
The Concrete Blonde by Michael Connelly

2017#8,5/19-6/13
The Last Coyote by Michael Connelly

2017#9,6/14-7/6
Trunk Music by Michael Connelly

2017#10,7/7-8/8
Angels Flight by Michael Connelly

2017#11,8/14-9/12
Blood Work by Michael Connelly

2017#12,9/13-9/16
下町ロケット 池井戸潤

2017#13,9/15-9/20
フェルマーの最終定理 サイモンシン 青木薫訳

2017#14,9/22-10/19
A DARKNESS MORE THAN NIGHT by Michael Connelly

2017#15,10/23-10/25
下町ロケット2 ガウディ計画 池井戸潤

2017#16,11/6-12/1
CITY OF BONES by Michael Connelly

2017年12月 5日 (火)

ホオジロ@鶴見川

C0219802

 

C0219810_2

C0219814

鶴見川河原にいたホオジロ。のっぺりと赤褐色の腰。頭頂部にはグレーが交じる。中央尾羽T1は赤褐色で暗色の軸斑がある。T2,T3はT1より少し長く黒っぽい。ホオジロ♀成鳥冬羽
2枚目では中央尾羽あたりを上に上げたものと思う。外側尾羽T6内弁が白く外弁が白くないのが分かる。
3枚目では枝かぶりで見にくいが、翼を広げてくれた。初列風切、次列風切、三列風切、大雨覆、腰、尾羽(内弁・外弁の色)、肩羽などよく見える。
12月3日、鶴見川にて

2017年12月 4日 (月)

ミコアイサ@新横浜公園

C0219537

C0219589

C0219612

新横浜公園大池にはミコアイサが来ていた。久しぶり。よーく観察(3枚目)すると頭部にかすかに白い羽が見られるのでミコアイサ♂第一回冬羽。池の東西に1羽づついたので1羽。これは東側個体。西側も同様の羽衣だったが頭部の白い羽は確認出来なかったので♀かも。
11月24日、新横浜公園にて

2017年12月 3日 (日)

チョウゲンボウ@新横浜公園

C0219650

C0219651

C0219657

新横浜公園ではカモにばかりに目をとられていたが、ふと何かを感じて見上げた先にはノスリ!尾羽を扇のように広げていたのでそう思ったのだ。だが次の瞬間ほっそりした体に気付き、チョウゲンボウと判明。即座に撮影したが、この数枚だけ。初列に斑がなく黒いので♂かもしれない。
11月24日、新横浜公園にて

2017年12月 2日 (土)

CITY OF BONES by Michael Connelly

Cityofbonesハリーボッシュシリーズの第8作目。タイトルを見て、はて?と首をかしげた。
CITY OF BONES
これはいったい何か?街じゅう骨だらけ?コナリーはそんなホラーものは書かないはずだし。腑に落ちない「分からない感」を秘めたまま読み始めた。するといきなり出てきた。飼い犬が人骨をくわえてきたのだ。ボッシュが担当を割り当てられたこの事件の捜査で、森の中に広がる人骨を鑑識が調査するその領域全体をCITY OF BONESというのだ。鑑識がどこに何が落ちていたかを場所を特定しながら記録していくときに必要なためにこういう言葉を使うのだ。右の第三肋骨は3丁目8番地で見つかった-とか。
捜査は比較的何事も無く順調に進むのだがそれはそれで心地よい。だが、やはりどんでん返しが各所に現れ、捜査が最初からやり直しになったりする。遠い過去に起こった事件は現在生きる人々に悲しみや悲劇をもたらしながら解決へと向かう。ボッシュは悲しみに包まれてびっくり仰天の終結を迎えるのだった。

翻訳ものは「シティ・オブ・ボーンズ」でハヤカワミステリ文庫から出ている。

CITY OF BONES by Michael Connelly
2017-#16
10/6-12/1
Rating 20 stars (5,5,5,5)
Format: kindle
File size: 1232 KB
Print length: 453 pages
Publisher: Orion (December 23,2009)
Sold by: Amazon Services International, Inc.
Language: English
ISBN-13: 978-1409116820
ASIN: B0037472LQ
Text-to-Speech: Enabled
X-Ray: Enabled
Word Wise: Enabled
Lending: Not Enabled
Screen Reader: Supported
Enhanced Typesetting: Enabled
USD 1.19 (Kindle edition amazon.com)
JPY 1080 (Hayakawa mistery)
JPY 133 (Kindle edition amazon.co.jp)

2017年12月 1日 (金)

11月度ランまとめ

M0018210

M0018229

M0018266

M0018285

M0018294

M0018308

11月は10回のランで合計143kmだった。10月に比べて天気は良かった。写真は25日の銭湯ランの時に撮ったもの。武蔵小杉、二子多摩川、等々力陸上競技場のコーナーよりGコーナー側を望む、トラック、フロンターレユニで走った、元住吉の今井湯。天気がよく空がフロンターレブルーだった。
-----------------------------------------
1103 15km,1:28'37",148A,167M,80L,1.3kg
1106 10km,53'27",137A,150M,61L,0.9kg
1109 10km,61'38",123A,139M,62L,0.8kg
1111 15km,1:21'53",149A,175M,80L,1.1kg
1112 15km,1:26'05",140A,156M,73L,0.9kg
1115 15km,1:30'00",138A,169M,71L,1.7kg
1119 15km,1:23'52",148A,176M,69A,0.7kg
1123 15km,1:27'36",138A,158M,70L,1.4kg
1124 15km,1:20'38",148A,157M,76L,1.3kg
1125 12.6km,1:11'31",141A,156M,89A
         3.6km,17'52",162A,179M,96L
         2.3km,13'08",142A,152M,98,1.3kg
----------------------------------------
体重減少量
18km      1.3kg
15km      1.3kg,1.1kg,0.9kg,1.7kg,0.7kg,1.4kg,1.3kg
10km       0.9kg,0.8kg
-------------------------------------
11月23日は勤労感謝の日で休み。前から思っていたが、「勤労感謝」の意義がよくわからない。勤労者に感謝するのか?「勤労」に感謝するのか?誰が誰に感謝するのだろうか。家族が働く親に?勤労者が会社に?非勤労者が勤労者に?
ま、措いておいて、朝から冷たい雨の日だったのだが、午後からはからっと晴れ上がり、驚くほどの快晴に。さらに気温も上がる。午後3からキロ6でゆるゆるとジョグった。あまりに緩かったのでおまけでウィンドスプリントを2本ほど。なんだかこれで申し訳がたったような気になるものだから面白い。

550+550+550+555+550=2915
557+553+555+550+547=2922+=5937
555+548+545+545+546=2859++=8736

11月23日(木)、午後、晴、やや寒い
コース:新横浜公園3周+往復
距離:15km、ゆるジョグ
タイム:1:27'36"(29'15",29'22,28'59")
平均心拍数:138、最高心拍数:158、初期値:70
体重:○5.4kg⇒○4.0kg、減少量:1.4kg
おまけ:WS2本

11月24日は平日ながら休暇でお休み。つまり4連休。いつもの土日のように午後3でジョグ。前日のキロ6があまりに緩かったのでキロ530ぐらいとする。これはちょうどフルでサブ4のペースになる。公園内ではキロ520ぐらいに上がってしまった。530は微妙なスピードで鼻呼吸リミッターでも行けるがたまに苦しくなる。4時過ぎには西に見える大山のはるか左側に日が沈む。陽射しが無くなるととたんに冷えてくる。外して腕に巻いていたネックウォーマーを首に巻きなおすとちょうどいい。最後はちょっと上げ気味で終えた。おまけはなし。しかし、キロ530でフル走るのも凄くきつそうで今の自分にはとてもできそうにない。サブ4ランナー凄い!

535+527+524+515+528=2709
521+520+520+521+516=2638+=5347
529+532+522+518+510=2651++=8038

11月24日(金)、午後、晴、やや寒い
コース:新横浜公園3周+往復
距離:15km、キロ530ペース走
タイム:1:20'38"(27'09",26'38",26'51")
平均心拍数:148、最高心拍数:157、初期値:76
体重:○5.1kg⇒○3.8kg、減少量:1.3kg

11月25日(土)は朝から快晴。久しぶりに等々力に走りに出かける。調べてみたら午前中からやっている銭湯は元住吉の今井湯だけ。お洒落なブレーメン通りを通ってゆくとストリートビュー通りの場所に今井湯は見つかった(当たり前)。これからマラソンをすると言うと番台のおばちゃんはちゃんと理解してくれた。(昨シーズン溝口温泉喜楽里でこういう利用の仕方を断られた時のことを思い出した。)
綱島街道から走り始めるが、信号が多くてちっとも走れない。だがランナーは多かった。丸子橋を渡り、多摩川の土手道に出る。西に向かい広い河原の走りにくい砂利道を避け、草の上などを選んでぽくぽく走る。河原はスポーツの秋満開だ。二子多摩川ではちょっと行き過ぎてしまい二子橋を渡るつもりが新二子橋を渡ることになってしまう。橋が高くて景色が素晴らしい。と同時に風も強かった。川崎側に戻り土手の上道を通る。サイクリングが多い。先日実施された川崎国際マラソンの案内がまだあった。等々力陸上競技場ゴールでは12.6kmだった。200円也を支払って中に入る。学生が大勢いたが、昼休みで誰も走ってなかった。キロ5つまり一周2分ペースで12.5周走るつもりだった。が、とても苦しく10周に減らすことに。最後の一周を頑張ってゴールし、タイムをチェックしていて気付いた。9周しかしてないじゃん!痛恨のカウントミス。でもまあいい、こんなことだれも気にしてないから。
159+205+201+202+158+156+203+157+151=1752

ペースはかなり乱れていた。
走り終え、トラックからしばし撮影し休んでから外に出て、今井湯までゆるジョグで帰った。今井湯では客が3人しかおらず、広いお風呂をめいっぱい楽しむことが出来た。昼間の銭湯は超気持ちよかった。

11月25日(土)、昼、晴、適
①コース:今井湯~丸子橋~二子多摩川~等々力陸上競技場
距離:12.6km、ジョグ
タイム:1:11'31"
平均心拍数:141、最高心拍数:156、初期値:89
②コース:等々力陸上競技場トラック
距離:3.6km、キロ5ペース走
タイム:17'52"
平均心拍数:162、最高心拍数:179、初期値:96
③コース:等々力陸上競技場~今井湯
距離:2.3km、ジョグ
タイム:13'08"
平均心拍数:142、最高心拍数:152、初期値:98
体重:○5.35kg⇒○4.05kg、減少量:1.3kg

«ハシビロガモ@新横浜公園