« 道志水源林ボランティア報告#69 | トップページ | 福岡ソフトバンクホークスのデザインマンホール(1/3) »

2016年7月12日 (火)

トンボエダシャク@道志村

R0122485

 道志水源林ボランティアの昼休みのちょい自然観察は貧果ではあったが、ヒゲナガオトシブミだけではなかった。写真上。蛾だ。エダシャクと思われたが、ほぼ初見なので取りあえずはなんとか撮影して後は家で調査と。五稜郭のような白黒模様が特徴だ。ヒロオビトンボエダシャクとトンボエダシャクが該当しそうだが、腹部の黒と黄色の様子からトンボエダシャクと思われる。もう少し鮮明な写真が欲しかったが、暗くて叶わず、ちょっと残念だった。
 下はおまけのムーアシロホシテントウ。と思っていたのだが、念のために図鑑で調べたところ、胸部の白斑が4個ではなく2個なのでムーア(4個)ではない。さらに甲の白斑が1-3-2-1。ムーアは2-2-2-1、シロホシテントウは1-2-2-1だ。でこれに該当するのはシロジュウシホシテントウということになる。
 ちなみにムーアシロホシテントウは甲の白斑は(2+2+2+1)*2=14個。シロジュウシホシテントウももちろん14個で同じではないか。そしてシロホシテントウは(1+2+2+1)*2=12個である。
7月6日、山梨県道志村にて

R0122495

« 道志水源林ボランティア報告#69 | トップページ | 福岡ソフトバンクホークスのデザインマンホール(1/3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道志水源林ボランティア報告#69 | トップページ | 福岡ソフトバンクホークスのデザインマンホール(1/3) »

無料ブログはココログ