« アオヒゲナガトビケラ@新治市民の森 | トップページ | 道志水源林ボランティア報告#70 »

2016年8月31日 (水)

サファイア・プリンセス@博多港

R0123611

R0123637

R0123657

 サファイア・プリンセス博多港で8月2日に撮影した。○○プリンセスというクルーズ船をこれまで3隻紹介してきたのでこれで4隻目となる。いずれもプリンセスクルーズという会社の船。サファイアプリンセスはダイヤモンドプリンセスの姉妹船でいずれも三菱重工長崎造船所で建造された。簡単に言うとこのサファイアプリンセスは本来ダイヤモンドプリンセスとして建造されていた船であるが、建造中の火災事故のため納期に間に合わなくなり、代わりに同時に建造していた姉妹船サファイアプリンセスをダイヤモンドプリンセスとして納品し、のちにこの船をサファイアプリンセスとして納品したという。ということで建造中に入れ替わってしまったというわけで、びっくりだ。
 長崎市民は三菱重工長崎造船所のことを「ながせん」という(親戚による)。三菱重工はクルーズ船ビジネスではまったくいい思いをしたことがないどころかひどい損害を被っているので、ビジネスから撤退するという話もあるが、がんばって作り続けてほしいものである。
ダイヤモンドプリンセス  日本製
ゴールデンプリンセス   イタリア製
・サンプリンセス        イタリア製
・サファイアプリンセス   
日本製

船名       :Sapphire Princess サファイア・プリンセス
IMO        :9228186
船籍       :イギリス
運航会社:プリンセスクルーズ
総トン数 :115,875トン
全長       :290m
全幅       :37.5m
喫水       :8.3m
巡航速度:22.0ノット
乗客定員:2678人
乗組員数:1100人
就航       :2004年
改装       :2012年
造船       :三菱重工長崎造船所


おまけ
下はサファイアプリンセスの後ろに停泊していたニューかめりあ(Camelia Line)で博多を釜山を結ぶ貨客船。とはるか向こう側に微かに見えているのが箱崎ふ頭に停泊しているクァンタムオブザシーズ16.8万トンだ。大型クルーズ船が同時に二隻停泊するというのは横浜港だと大事件になるが、博多港ではまったく珍しいことではなくほぼ毎日のことである。

R0123669

« アオヒゲナガトビケラ@新治市民の森 | トップページ | 道志水源林ボランティア報告#70 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アオヒゲナガトビケラ@新治市民の森 | トップページ | 道志水源林ボランティア報告#70 »

無料ブログはココログ