« 足環つきオナガガモの標識鳥回収記録 | トップページ | ナツアカネ産卵@寺家ふるさと村 »

2016年10月16日 (日)

道志水源林ボランティア報告#72

R0125187

R0125189

このボランティア活動に参加し始めてから12年目のシーズンは10月12日の参加で通算72回めとなり、来年4月まではシーズンオフとなった。今年も6回。12年で72回と分かりやすい。
この日は絶好の天気で、雨降らず、晴れすぎず、涼しくて気持ち良かった。肉体労働には最高のコンディションだった。今回の林分は初めての場所で、日当たりのよい斜面に太い樹が多かった。スギが主でヒノキがなぜか少し混じる。他に赤松やクヌギ、クリ、モミなども少しあった。作業はいつものように安全第一でしかも手際よく、適当に分担しながら伐倒することができた。伐倒方向は、近くをケーブルが通ることなどから上方向とせざるを得ないことが多かった。上下で同時に玉切作業になるのは危険なため上や下方向への伐倒は避けるべきだが、仕方がないこともある。玉はしっかりロープで固定してすべり落ちないように気を付けながら玉切った。今回珍しかったのは林道のすぐわきにあったヒノキ。電柱がすぐ脇にあり電柱を支えるための斜めワイヤにこのヒノキの枝に絡んでいたことだ。ただ、2本あるワイヤはいずれも伐倒方向に直交せず、ちょうど干渉しない位置関係だった。慎重に方向を狙い定めて受け口追い口を切ることが出来て問題なく処理することが出来たのだった。山の中ではあってもテレビの信号ケーブルや、水を通すパイプなどが林の中を通っていることもあるので、それらに被害を与えないようにすることが絶対条件である。
この日は会から宿題が出ていて、卓上の置物の材料として直径6~10cm厚さ1cmの小円版を一人2個づつ切って帰らねばならなかったので、昼休みに伐倒されて寝かされている細い樹の端から数枚切りとってなんとか作った。

R0125198
気温が低かったので昆虫はほとんど見つからず、残念だった。見れたのはオオセンチコガネ(写真上)だけだった。代わりに花がきれいだった。リンドウ、ジシバリに似たキク科の花はヤクシソウかもしれない。白いキクの仲間(一番下)は調べているがなかなかぴったりと来るものがない。ヤマシロギク、ヨメナ、イナカギク、リュウノウギク、ノコンギクあたりに似ているが葉の形が独特で葉先が丸くて尖らないところがいずれも異なる。引き続き要調査と。下の紫の花も調査中。
自分は今回で今年の活動を終えるが、来年4月にはまた仲間たちの元気な姿を見たいものである。
10月12日、山梨県道志村にて

R0125206

R0125222

« 足環つきオナガガモの標識鳥回収記録 | トップページ | ナツアカネ産卵@寺家ふるさと村 »

コメント

こんにちは。ボランティア活動お疲れ様です。
キク科は難しくて分かりませんが、紫の花はコシオガマだと思います。
ナンバンギセルのような寄生植物(半寄生かも)で、触るとネバネバします。
去年は四季の森公園と三保市民の森でも見かけましたよ

小鉄さんこんばんは。コシオガマありがとうございます。「横浜新治花と実の写真集」、「四季の森公園花の図鑑」のどちらにも掲載されていました。珍しいものなんですね。

Komiです。アドバイスいただきました作業用足袋購入出来ました。それにしてもこんなに花が咲いていたとは。。記憶をたどっても全然思い出せず、さすがベテランの懐深さと感じ入りました!またご指導よろしくお願いします!

Komiさんこんばんは。前回はお疲れさまでした。初めての参加で緊張もされたんではないかと思います。自分も最初の時はどっきどきだったのを思い出しました。「はるきょん」の方に過去の報告がたくさんあるのでご参考ください。地下足袋入手おめでとうございます。次回29日の参加が楽しみですね。自分は参加できませんが来シーズンまたお会いできたら嬉しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足環つきオナガガモの標識鳥回収記録 | トップページ | ナツアカネ産卵@寺家ふるさと村 »

無料ブログはココログ