« オオアオイトトンボ@北八朔公園 | トップページ | 9月度ランまとめ »

2016年10月 7日 (金)

横浜F・マリノスマンホール

自分が自然観察やランニングで毎週訪れている新横浜公園は横浜F・マリノスの本拠地である。そのため新横浜の街にはマリノス君のマンホールが設置されており、8月の暑い日(桃色クローバzのコンサートの日だった)マンホールハンティングに行ってみた。小机駅側には全くなく、新横浜駅側にたくさん見つかった。歩道を下を向いてマンホールを探しながら歩き、撮影しまくった。同じ通りを2度通らないように気をつけながらあちらこちら縦に横にと歩きまわり小一時間ほどでなんと102個も撮影出来た。帰宅後に写真を整理した後、だぶりがないかチェックしたところ、同じものがひと組見つかった。他にもだぶっているかもしれない。しかし、102個の中から同じものを見つけ出すのは不可能に近い。この中にマリノス君がウィンクしているのが一つだけあるらしいのだが見つからず、非常に残念。ただ、別の特別なものをひとつ見つけた。良く見ると

20th ANNIVERSARY
1992-2012


の記述があった。
S001000029

クローズアップがこちら
S00100002b

もしかするとこれがウィンクだったのかもしれない。しかし、なんてひどいことをするのだろうか。
S001000041

他はみな同じデザイン。全部紹介するのは無駄なので4個ほど。
OUR HOME STADIUM GO!GO!
YOKOHAMA サイズ600mm

S001000023

S001000031

S001000049

S001000058

« オオアオイトトンボ@北八朔公園 | トップページ | 9月度ランまとめ »

コメント

小1時間で102個の撮影は凄いですね(゚o゚)/
マンホールのような真ん丸のものを中心から水平に撮るのは難しいと思うのですが、
日頃から鍛えられている強靭な体と、高度な撮影技術を有する、
はるきょんさんだからこそ出来る芸当ですね!
しかも真夏に(笑

ひろたんさん、あの場所に行ってみれば分かりますが、10mおきにマンホールがあるんです。それをスマホでちょいちょいと撮るだけでした。なるべく新円に撮るためにマンホールの中心から垂直下方向にレンズを向ける必要がありますが、足の位置を決めて胸の位置で構えてピントを合わせ固定してから腕をいっぱいに伸ばして真下に向けるだけです。強靭な体も高度な撮影技術も不要でした。一番困難だったのはぞくぞくと押し寄せてくる桃クロのサポが通りすぎるのを待つことでした。ウィンクマリノス君を探しにもう一度行ってみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオアオイトトンボ@北八朔公園 | トップページ | 9月度ランまとめ »

無料ブログはココログ