« 王禅寺ふるさと公園のデザインマンホール | トップページ | カモ初認@新横浜公園 »

2016年10月 1日 (土)

眉斑つきアキアカネ♀@北八朔公園

C0162821

北八朔公園で見たこのトンボ。横から見れば普通にアキアカネ♀だが、正面から見るとなんと眉斑あり!マユタテアカネのような立派な眉斑だ(写真下)。ちなみに翅に黒斑はなし。胸の黒筋はアキアカネそのもの。顔面の黒条は凸凹が目立つ点はややタイリクアキアカネっぽくもあるが他には似たところは無い。こういう個体は初めてみた。というわけでこれはアキアカネ♀の変異体と思われる。こういう事例があるのかどうかも分からない。
9月25日、北八朔公園にて
※追記。文一総合出版のネイチャーガイド「日本のトンボ」p497にアキアカネ、タイリクアキアカネ、オナガアカネに薄い眉斑が現れる個体がいるという記述を見つけた。この個体の眉斑は薄いものではなく濃い眉斑ではあるが、まぁ、なんだか少しほっとした。10/1

おまけ
アキアカネやナツアカネなどのいわゆる赤とんぼが成熟するとなぜ赤くなるのかを真面目に研究した報告を見つけた。それによると縄張り争いのために太陽に長時間さらされる時の紫外線によるダメージを防ぐために黄色い色素を還元して赤い色素に変化させ、その赤い色素が抗酸化作用をもつという。アキアカネに限らずトンボのオスとメスでは日にさらされる時間が大きく違い、このためオスだけが赤くなる。ただ、メスにも同じ色素があるのでメスも強制的に日に長時間さらせば赤くなるものと思われる。

C0162831

« 王禅寺ふるさと公園のデザインマンホール | トップページ | カモ初認@新横浜公園 »

コメント

はるきょんさん、こんばんは。 すごいです。ちゃんと眉ありですね。

てまりさんこんばんは。何度も間違えじゃないかと思って確かめましたが間違えではありませんでしたので公表しました。そして今日になってやっとそういう事例があるという記述を見つけました。ふー。

すごい個体に廻り会いましたね!
トンボにも変異体があるとは知りませんでした(゚o゚)/
冴えないお天気が続いているので、そろそろスカッと晴れて欲しいです(ノ‥)ノ

今日やっと晴れましたね。あちらこちらでトンボの産卵を観察することができました。トンボたちも待ちかねていたことでしょう。でもまた台風がこちらをうかがっているので心配ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 王禅寺ふるさと公園のデザインマンホール | トップページ | カモ初認@新横浜公園 »

無料ブログはココログ