« 亀山と土山マンホール | トップページ | オオセグロカモメ1Wと2W@横浜港 »

2017年3月 4日 (土)

足環つきユリカモメ@横浜港

C0189279

C0189277

C0189278

山下公園の氷川丸を係留する鎖は毎冬、カモメの止まり場になっている。ユリカモメを撮影していると足環をつけた個体がいることに気付いた。ユリカモメは風上に向いて体の向きを変えないし、当方も位置的にユリカモメの周りを回れない。一方向からしか撮影できないので足環を読み取れるような写真を撮ることは出来なかった。ただ、右足は青のタグで縦に4とLが読め、右脚にはオナガガモについていたのと同様の環境省の足環と思われる。下はおまけのウミネコ。ユリカモメに交じって一羽だけいた。
2月25日、横浜港にて

3月9日追記
本日、山階鳥類研究所の鳥類標識センターがら連絡がありこのカラーリング青4Lのユリカモメは東京都墨田区隅田川の吾妻橋で昨年4月2日に第一回冬羽の状態で標識された個体であると判明しました。足環番号は8A-34921だそうです(どうせ見ないが)。昨年のオナガガモに続き標識回収2例目となりました。祝!回収
なお、このユリカモメは2月25日の観察ですが、2月22日にも同所で確認されたというので、氷川丸付近に居着いているのかもしれません。もし山下公園に行かれることがあればまた見つかるかもしれませんので、その際はユリカモメの脚にご注意ください。でも肉眼では見つけにくいかもしれません(2枚目の写真ぐらいにしか見えないので)。双眼鏡があればわかるはずです。

C0189284

« 亀山と土山マンホール | トップページ | オオセグロカモメ1Wと2W@横浜港 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀山と土山マンホール | トップページ | オオセグロカモメ1Wと2W@横浜港 »

無料ブログはココログ