« 釣魚1400種図鑑 小西英人著 | トップページ | 10月度ランまとめ »

2017年10月31日 (火)

山下公園の魚類の再検討

昨日紹介した釣魚1400種図鑑。1400種という数字は大変多い。ちなみに日本産トンボは203種、野鳥は約700種だ。それが文庫本1冊にぎっしり詰まっているからこの「釣魚1400種図鑑」はすごい情報量である。さて、1400種というのはもちろん日本で釣れる魚類のすべてではない。日本産魚類は約4000種だそうである。世界でも三万種を超えるぐらいである。この魚類の種数は思ったほど多くない。日本産昆虫は十万種を超える。
多くの種を掲載するため、写真は基本的に一種一枚である。よってその一枚は立派な成魚が掲載されている。つまり、幼魚などはまったく載っていないのだ。先日山下公園で見た魚をこの図鑑で調べていて分かった。魚によっては成長に従って姿を変え名前まで変わるものがあるため、幼魚まで掲載するならば倍以上の写真が必要となる。
で、この図鑑を使って山下公園の魚の再検討をしてみよう。

M0016723
まず、このヒトデ。ヒトデで済ましてもなんの問題もないが、この図鑑にも驚いたことに掲載されていた。魚類図鑑なのに。釣り人の眼に触れる機会が多いためとのこと。

イトマキヒトデ
(アカヒトデ目イトマキヒトデ科イトマキヒトデ属)
ちなみに食味は不(食用には不適)

ついでにNHKの番組で骨を紹介されたヒトデ
R0041363

R0041362

マヒトデ
(マヒトデ科マヒトデ属)
食味は同じく不

M0016729
そしてカワハギ?と紹介したこの魚は、茶色っぽい体色・白い網目模様・扇形の尾びれに暗色の帯が数本あること・腹部膜状部が目立つことなどから

アミメハギ(カワハギ科アミメハギ属)
と思われる。全長8cmと小さいこともあり食味は「?」。分からないものは?と表記するのも信用のおける編集方針である。

M0016733

M0016736
これはアイナメ?と紹介したもののとその隣にいた同種と思われる2個体
こげ茶色に淡色の小さな斑がまだら模様をつくる・尾びれは四角っぽい形で、透けて見える骨?が先端で分岐する・背びれが2段ある・胸びれが大きいということからやはり

アイナメ(アイナメ科アイナメ属)

と思われる。食味は極。極上ということだろう。

M0016742
これはマダイ?と紹介したものの隣にいた同種と思われる個体。
全体に桜色で縦筋がある・側線がぐっと盛り上がってからなだらかに下がる独特のラインを描く・尾びれが野鳥の尾羽でいえば凹尾あるいは燕尾に該当する形状であることから

マダイ(タイ科マダイ属)
食味は極。

この魚は小さく幼魚と思われるがマダイ成魚とまったく同じ特徴をもっている。

これは追加
M0016741
写りが悪かったので前回掲載していなかった個体。銀色っぽい体色・横帯が数本ある・鰓蓋(えらぶた)後縁が黒いという特徴からクロメジナではないかと思う。尾びれが写っていればもっと確信を持てるのだが。

クロメジナ(メジナ科メジナ属)
食味は極。
10月15日横浜港にて

« 釣魚1400種図鑑 小西英人著 | トップページ | 10月度ランまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釣魚1400種図鑑 小西英人著 | トップページ | 10月度ランまとめ »

無料ブログはココログ