2018年4月 6日 (金)

松山市マンホールその5

松山市マンホール第五弾はノーマルサイズ(600mm)のものの残りを7種紹介する。全5回で32種のマンホールを紹介した。
空気弁 松山市マーク
M0021187

松山市マーク
M0021173

通信 不明マーク 六角形模様
M0021191

ガス 不明マーク ガス 六角形模様
M0021215

PATENT FUKUNISHI CAST FOUNDRY CO.LTD D750 FCD クリップ型模様
M0021233

伊予鉄 FUKUNISHI SF-60BK 2 L型模様
M0021236

電気 FUKUNISHI SF-60BK L型模様

M0021239

2018年3月30日 (金)

松山市マンホールその4

松山市マンホール第四弾はノーマルサイズ(600mm)のものを7種紹介する。

松山市 C.C.B シロチカニシ12M
M0021132

おすい 松山市マーク
M0021136

KANESO MKH(V)-2-300 煉瓦模様
M0021148

DAIDORE CO.LTD OMH-600-1(1500K) 緑色
M0021151

電気 不明マーク FUKUNISHI SF-60BK
M0021154

電話 KANESO MKHY-S-600
M0021155

雨水 KANESO MKH-T?-600
M0021157

2018年3月27日 (火)

新幹線からの景色

自宅が新横浜駅に近いことから福岡への帰省では新幹線を使うことが多い。乗り物好きの自分としては車窓からの景色を目いっぱい楽しみたく、座席はいつもE席を確保する。富士山側窓際席。いつか、名古屋城を確認したいと思っているのだが距離があり、いまだに成功していない。今回撮影してきたものをいくつか紹介したい。

ギラバンツ北九州のミクニワールドスタジアム北九州
海に接しているというあり得ないロケーションにある。野球場だったらホームランボールが海に飛び込むというになる。小倉付近から望む。
E0018367

転車台 新山口駅
新幹線の車窓からはほんの一瞬しかシャッターチャンスはない。新山口駅のすぐ東京側にある。転車台は子供のころから興味津津だった。一枚目は下りで、二枚目は上りで撮影。

E0018360

E0018530

福山城。福山駅のすぐ裏だが、駅のホームのガラス越しとなるため、駅の西側から撮るのが良いと思われる。角度が深くなかなか撮りにくいが。この写真を見ていて気付いたが、手前に広島県立歴史博物館があるのね。
E0018534

新幹線車輌の並び。新大阪~京都間に見られる。これもシャッターチャンスはなかなか難しい。これだけそろっていると壮観である。
E0018539

E0018540

2018年3月24日 (土)

松山市の市電いろいろ

先月出張で訪れた松山市はオレンジ色の街だった。道行くバスも電車もオレンジ色。愛媛FCもオレンジ。お土産もオレンジ色。伊予柑か何かの柑橘系のオレンジ色だと思う。その松山市の伊予鉄の市内電車をいくつか撮影してきたので紹介したい。
車両番号(?)順に。こう見てみると坊っちゃん列車は除いて四世代があるようだ。

#14 坊っちゃん列車
M0021250_2

M0021276

M0021277

M0021284

#61 ノーマル旧型
M0021140

M0021142

#64 ノーマル旧型
M0021085

#71 ノーマルオレンジ型
M0021228

#75 ノーマルオレンジ型
M0021282

#2101 スタバ型新型車両
M0021084

M0021241

M0021243

#2103 御栗タルト新型車両
M0021099

#2105 DyDo俳句 新型車両
M0021101

#5002 最新型車両

M0021242

M0021244_2

おまけのバス。これもオレンジ押し
M0021097

2018年3月23日 (金)

松山市マンホールその3

マンホールのノーマルサイズは直径600mmだが、今回はそれ以下のサイズと長方形のものを紹介する。

松山市 仕切弁 青 小型
M0021139

ガス 不明マーク 緑 小型
M0021147

汚水 管 450.FC.T-4 緑色 中型
M0021152

松山市 空気弁 松山市マーク
青 中型
M0021231

バタフライ弁 松山市マーク 中型
M0021153

量水器 長方形
M0021150

松山市 C.C.B 電気 シロチカニシ15L 長方形
M0021133

松山から帰ってからいろいろ調べるうち、松山市のマンホールカードが坂の上の雲ミュージアムに置いてあるということを知った。これ。そのミュージアムには行ったのにそれを知らなかった!ああ~!先に調べておけばよかった~。ちょっと残念。

2018年3月16日 (金)

松山市マンホールその2

松山市マンホール第二回は消火栓類。
黄色 消火栓 松山市マーク 中型
M0021100

松山市 消火栓 松山市マーク 黄色 中型
M0021106

水 防火用水
M0021355

松山市上水道 双口消火栓

M0021158

2018年3月 9日 (金)

松山市マンホールその1

出張で松山市を訪れたのだが、マンホールが結構たくさん見つかって嬉しかったので何回かに分けて紹介したい。第一回はノーマルデザインから。後半のカラー版はそれぞれカラーリングが微妙に異なる。

まつやま おすい ノーマル
M0021232

まつやま うすい ノーマル
M0021159

まつやま おすい カラー版
M0021105

M0021162

M0021229

まつやま おすい カラー版 色違い 緑地 赤外側地

M0021186

M0021254

2018年3月 7日 (水)

ラン週報20180307

M0021256

M0021193

3月1日2日は珍しく出張先松山市で朝ラン。せっかくランウェア一式とランシューズを持ってきたので走らないわけにはいかず、朝5時半起き。ところが外を見てびっくり。まだまだ真っ暗。横浜とは時差が30分はあるようだ。で1時間ほどゆっくりして明るくなってからランに出た。1日は松山城に駆け上り、しかしあまりの急坂に3分で歩きに切り替え。スマホを片手に観光ラン。なかなかの景色で写真をバシバシ撮る。朝早くから散歩で登ってくる人が多くいちいち挨拶。気持ちよし。下りは下りで足元が危なっかしくあまり走れず。なんとか東雲神社に駆け下りる。ここから道後温泉街一回り、いさにわ神社道後公園一周などして宿に戻った。結構寒く、手がかじかんだ。

2日は朝は6時起きとして石手川をさかのぼって石手寺へ。石手川は左岸を走ったが、川の土手で走れるところがぶつ切りのため、凄く走り辛かった。石手寺をさっと参拝して裏山を無駄に登ってすぐに降りると道後温泉街、かじかんだ手を足湯の手湯で温めて超気持ちよかった。出張の朝ランは結構気持ちよし。
2日ともランナーには一人も出会わず。代わりに登校中の小学生や中学生がたくさんいた。いったい松山市の学校は朝何時から始まるのか?早すぎるのではないか?朝連?

3月1日(木)朝、寒い、くもり
コース:松山市松山城道後温泉道後公園往復
距離:約10km、観光ジョグ
タイム:1:22'19"
平均心拍数:-、最高心拍数:-、初期値:-
体重:未計測

3月2日(金)朝、寒い、晴
コース:松山市石手寺往復
距離:約10km、観光ジョグ
タイム:1:00'08"
平均心拍数:-、最高心拍数:-、初期値:-
体重:未計測

3月3日は出張明けの土曜日。何も考えていなかったので何をしていいかわけわからず、結局いつもの土曜日と同じパターンに。というわけで午後3からジョグ。疲れていたのでゆるジョグ。

556+536+547+540+542=2841
538+542+531+537+537=2805+=5646
532+545+542+538+527=2804++=8450

3月3日(土)午後、晴>くもり、そう寒くない
コース:新横浜公園2.5kx2周回+往復
距離:15km、ジョグ
タイム:1:24'50"(28'41",28'05",28'04")
平均心拍数:143、最高心拍数:153、初期値:69
体重:○4.4kg⇒○3.4kg、減少量:1.0kg

3月4日はなんと月初から連続4日めのラン。さすがに疲れていてゆるジョグ。風がやたらと強くてとても走り辛い。たまにはコースを変えてみる。南風のため、行きはよいよい、帰りは怖い。ゆるゆるジョグだが結構疲れた。

609+610+602+554+609=3024
608+606+614+610+609=3047+=6111
604+601+558+605+541=2949++=9100

3月4日(日)午後、晴、南風が強い
コース:新羽橋往復
距離:15km、ゆるジョグ
タイム:1:31'00"(30'34",30'47",29'49")
平均心拍数:134、最高心拍数:149、初期値:65
体重:○4.2kg⇒○3.3kg、減少量:0.9kg

2017年2月12日 (日)

皇居一般参観

皇居一般参観に行ってきた。事前予約なしでも可能とは知らなかった。ただ、身分証明(免許証やパスポート、マイナンバーカード等)が必要。皇居内にはいつか入ってみたいと思っていたのでようやく夢が叶い嬉しかった。時間がある方は一度行ってみてはいかがだろうか。無料だしおすすめである。

当日受付整理券 
M0012876

桔梗門より入場 1315時ごろ
M0012878

窓明館でお土産屋とトイレ 1345出発 6割ほどは外国人観光客
M0012881

石垣に○に十のマーク
M0012887

富士見櫓(ふじみやぐら)
M0012895

宮内庁庁舎  説明員による説明は日本語のみ
M0012902

坂下門を内側から見る
M0012905

宮殿東庭(きゅーでんとーてー)には2万人入るとか
M0012921

正門鉄橋(二重橋)の上から丸の内方面
M0012939

伏見櫓(ふしみやぐら)
M0012942

宮殿長和殿 幅100m 元日に天皇陛下が並ぶところ
M0012966_2

豊明殿
M0012981_2

乾門方面を望む
M0012986_2

蓮池濠 石垣の向こうは東御苑
M0012993_2

桔梗門は内桜田門とも呼ばれているらしい 1500時前に解散
M0013003_2

皇居参観記念スタンプ 窓明館にて
M0013033_2

2017年1月23日 (月)

原町田七福神

 今年の七福神は多摩川七福神で終わりと思っていたが、近場に未踏の七福神があるのに気づいてしまった。なんと町田の原町田七福神だ。町田駅の周囲に固まっているのでせいぜい多摩川程度の短時間で回れそうだ。いろいろとルートを考えていたのだが、ふと先日のランで長津田まで走った時に新マンホールを見つけたのにデジカメ不所持のため撮影できなかったことを思い出した。ぜひ再度撮影に行きたいと思っていたのだ。であれば....長津田と~町田~うん!電車で行くのではなく黒王号で行くことにし、町田まで行く途中にちょいと寄ることとしよう。
 というわけで朝から恩田川経由で長津田にちょいと寄ってから町田まで行った。北西の風が強くて向かい風のため大変難儀した。最後、激坂をへいこら登って町田の街なかに着いた。この原町田七福神のベースは「ぽっぽ町田」という建物にあるという。朝早く着き過ぎてしまいまだ空いてないようだ。取りあえず、回れる所から回ることにして、スマホに保存してきたマップによると商工会議所の福禄寿を発見。スタンプらしきは発見出来ず。見つからなくても最悪ぽっぽで押せるようなので撮影だけして次に回る。
福禄寿@町田商工会議所
M0012618


勝楽寺を横目に一番遠い母智丘神社(もちおじんじゃと読むようだ)に寄る。家族と親族の健康と幸せ、および川崎の初冠を祈願していると神主らしき男が社の横から中に入って行った。出てきたところで声をかけて色紙を請うたところ、快く対応してくれた。社務所を開けて色紙(300円也)を出してくれた。スタンプセットは社務所前に置いてあったので無事に第一押印。フルサイズの色紙なので大きめのリュックに入れて曲がらないように型として折りたたみ式の携帯用座席シートを拡げて背に背負う。この色紙、ビニール袋に入っているのは良いのだが、色紙のサイズに近く、つまり余裕がなさ過ぎて色紙を入れにくくて難儀した。本日の難儀二件目。あと5mm幅があればすばらしいのに。
弁財天@母智丘神社
M0012621

お次は小田急町田駅近くのカリヨン公園。となりに交番があり警官が複数出ていたのでなんとなく緊張感が漂っている。大黒天が見つからず焦る。けっきょく狭い公園を一周して見つけた。バックがちょっと悲惨だがしかたない。ここもスタンプセットなし。
大黒天@カリヨン広場
M0012634

次は先ほど通りすぎた勝楽寺。財政的に豊かそうな立派なお寺だ。本殿右手前に福禄寿を発見。強い風に幟がはためく。
福禄寿@勝楽院
M0012641

お次は町田の横浜線の西側に向かう。猥雑な東側に比べて西側はなんだか別世界。坂を下ると町田天満宮が見えた。ここは恵比寿さまを発見。スタンプセットも発見。
恵比寿@町田天満宮
M0012656

歩行者に凄く意地悪な信号に相当待たされてお次の宗保院に向かう。本日の難儀三件目。こちらは山門が立派な仁王門になっている。その手前に布袋尊を発見。スタンプセットは門の中にあった。4押印め。
布袋尊@宗保院
M0012662

横浜線を通りこして町田中央通りに戻る。見逃していた浄運寺を探す。歩行者天国状態の狭い中を黒王号でゆるゆる行ったり来たりして探し、ローソンの前にやっと発見。分かりにく過ぎ。中に入ると結構広いのに門は狭くて目立たないのだ。本日の難儀四件め。入口右側に毘沙門天を発見。スタンプは本殿右側。これで5押印め。
毘沙門天@淨運寺
M0012687

さあ、最後にぽっぽ町田に向かう。建物1階には沖縄物産店などもあり、なかなかおもしろそう。町田ツーリストギャラリーの事務所にスタンプを発見し、のこりの福禄寿、大黒天を押して無事にコンプリート。
完成した色紙
M0012692

以上0937時から1100時までかかったので1時間半ほどで終了した。徒歩だともう少しかかるかもしれない。風が強くとても寒かったが、天気が良くて気持ち良かった。帰路は追い風のため楽に走れた。最後になって何だが、そもそも「町田」と「原町田」の違いっていったい何なのかとても知りたくなっている(笑)。
1月21日、町田市にて

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ