2017年2月13日 (月)

河津桜咲く@鶴見川

C0173899

C0173916

 鶴見川の第三京浜橋脚付近にある河津桜がだいぶ咲いた(この河津桜の由来についてはこちら)。2月12日時点ではもう6分咲きぐらいだろうか。最近は日も長くなってきたし春を意識するようになってきた。ただ、寒い。鴨居のシドモア桜並木の中に一本だけ小さな河津桜があり、こちらも咲いている。
写真の背景は横浜北線の第三京浜港北インター。なんだかすごく近未来的なぐるぐるの高速道路が出来ていて、来月通行開始とか。調べてみたらオープン前に歩行者開放とマラソンもするそうなのでさっそく申し込んでおいた。
 写真下は新港北インターを逆方向から。これが出来たおかげで自分にとっては大変不便になった。新横浜公園からIKEA方面に自転車で行くときにここを通るのだが、以前は横断歩道一つを通るだけだったのが自転車は歩道橋のようなものを通ることになり、それがジグザグx7ぐらいの超複雑、狭くて折り返しばかりのとてつもなく通りにくい場所を通ることになったのだ。九十九折という感じがぴったり。対向の自転車があればすれ違いも困難なほど狭いし。これを設計した人間は自転車で一度ここを通ってみるべきだ。どんなに不便であるか実感してみるがいい。車の通行をスムーズにするために歩行者や自転車を二の次にし、犠牲にする神経がまったく理解できない。ここは二度と通りたくないと腹の底から思ったのでIKEA方面は道路右側(以前は港北インターの出入り口だったので通れなかったが)を通ることにしている。
2月12日、鶴見川にて

M0013035

2016年8月 3日 (水)

ゴールデン・プリンセス@博多港

R0121838

 ゴールデンプリンセス、2016年6月17日、博多港にて撮影。本年6月7日に博多港に初入港したばかりの船で、この日は来日2回目のはず。この船はTianjinから来て、博多を出ると長崎に寄るという。Tianjinとは天津のことらしい。天津は北京の近くだからこの船には北京周辺に住む金持ち中国人がわんさか乗ってきたと思われる。ここ半年ほどで5回ほど福岡を訪れているが毎回、中国人の群れに出くわすことが多い。3月に非常に不愉快な経験をしたので記録として書いておきたい。
 博多ポートタワーという東京タワーを小さくしたようなタワーが博多港にあるのだが、そこで船を撮影していた時のこと。客も少なく静かだった地上70mの展望室が突然、わいわいがやがやと騒がしくなった。何事かと思ったらエレベータから大量の中国人が出てきたのだった。シーとかスーとかの発音があり、赤と緑のカラーコーディネートなどしていたので中国人と一瞬で判断した。一見ごく普通の大人だった。彼らは自分がへばりついてゴールデンプリンセスを撮影していた窓の付近に集まってきた。自分たちが乗ってきた船があれだというような感じで指を指してなにか大声でしゃべる。話している相手に対面しているというのに相手の耳が悪いのかと思うほどの必要以上の大声で。しかも他人(はるきょんのことだが)がすぐ近くにいるにもかかわらず、それに気づかないような感じの傍若無人な態度で集まり騒ぐのだ。これは普通の日本人にとっては「居たたまれない」としか言いようのない不愉快な経験だ。幸い撮影は終わったのでその場を逃げるようにして展望室を後にし、エレベータに乗り込んだ。エレベータ内はひとりきりだったので静かだった。はーせいせいした。やれやれだな。エレベータが一階に止まりドアが開いた瞬間、目の前に中国人の群れが待っていたのだ。そして、ドアが開いたので口々になにやら大声でしゃべりだし、その中国人たちは全員が一斉に乗り込み始めたのだ。ひとり乗っていたはるきょんが降りる前に。おいおいおいおい!待たんか!日本人なら普通は降りる人がいれば通れるように道をあけて通し、それから順に乗り込むはず。小学生だってそうするはずだ。それがこの中国人たちは降りる人がいることを一切無視して自分たちがわれ先に乗り込み始めたのだ。こいつら馬鹿か?気違いか。自分は押し寄せる中国人をかき分けて何とか脱出することができたが、あぶないところで再び展望室に逆戻りするところだった。もし自分がこのとき日本刀を持っていたら、五六人ほどは切り殺していたに違いない。あるいは手榴弾を持っていたら、閉じる直前のエレベーターにピンを抜いた手榴弾を放り込んでいたに違いない。それくらいびっくりし、怒りで髪が天を突きそうだった。中国人の海外での愚かな振る舞いはあちこちで目や耳にしていたが、自分がこのような経験をするなんて思わなかった。そして中国人が日本人から見ていかに酷い非文明人であるかを初めて体験することとなったのだ。この体験は中国人を侮辱するものととらえられかねないので今まで公にしてこなかったが、どうしても黙っておけなくなりここに事実として記事にした。ふ~~。博多港にはこうした中国人が毎日毎日2,000とか3,000人とかやってきているのだ。一人や二人ぐらいならなんとかなるが、中国人が群れを成すと本性丸出しとなるので皆様もお気を付けあれ。立派な船で海外に旅行するには百万年早いと思う。

船名       :Golden Princess  ゴールデンプリンセス
IMO        :9192351
船籍       :バミューダ
運航会社:プリンセス・クルーズ
総トン数 :108,865トン
全長       :289.51m
全幅       :36m
喫水       :8.45m
巡航速度:24.0ノット
乗客定員:2636人
乗組員数:1100人
就航       :2001年
改装       :2009年
造船       :イタリア

R0121834

無料ブログはココログ