2018年5月10日 (木)

ルリカミキリ@鶴見川

E0020686

E0020684

E0020691

前日は川崎フロンターレvs浦和レッズを見に行き、0-2で完敗したのと帰りが遅かった(23時)ため、朝から気持ち的にも体調的にもぐったりのため、家から一歩も出ず。15時を過ぎて走ろうかどうしようか迷ったのだが結局はなし。埋め合わせに近所の散歩でもしようと思いつき、コンデジだけもってぶらぶらしてみた。
シドモア桜付近の農専をうろうろしていて見つけたのが上。ルリカミキリ。たぶん祝!初見
こんな近場でカミキリの初見がでるなんて驚き。ただ、このカミキリは害虫として有名のようであるが。そして、もうひとつ。ベニカミキリがいたのには驚いた。下はおまけでセボシジョウカイ。一時間ほどのお散歩で収穫もあったし気候的にも気持ち良かったので、すっかり気分転換出来た。
5月3日、鶴見川にて

E0020699

2018年5月 5日 (土)

ベニカミキリ@新治市民の森

E0020592

E0020595

新治市民の森には何箇所か竹林がある。そういう場所を通るたびにベニカミキリはいないかとチェックするのだが、この日は何も考えず(実はカラムシラミーカミキリが出てないか探すのに気をとられていたのだ)に歩いていて見つけた。だらしなくべた~と腹をつけて休んでいるように見えるので絵にならない。が、しかたない。胸部の五つ星と棘が分かるだろうか。デザイン的にはなかなか素敵ではある。
4月30日、新治市民の森にて

2018年3月25日 (日)

越冬昆虫@実家

法事のため福岡の実家に行ってきたのだが、ベランダの整理をしていて越冬昆虫をいろいろ見つけたので紹介したい。まずは植木鉢を重ねて置きっぱなしにしていたあたり。植木鉢をそっとどけてみると....

Cimg8369

サトクダマキモドキ
は越冬失敗
この個体は越冬するつもりでここにもぐりこんだものと思う。が場所で気温その他の環境が許せば越冬は成功するものと思う。ただ、気温や湿度などの状況のためここではサトクダメキモドキは越冬出来なかったということだろうか。それともそもそも無理なのか。
Cimg8368

ナカジロサビカミキリと思われる個体も同様だ。
Cimg8374

そしてこちらは越冬に成功したキマダラカメムシ。この個体はその後元気に動き出して見失ってしまった。いた場所はエアコン室外機の上に敷いた断熱材の下。
Cimg8377

Cimg8382

越冬可能と越冬失敗は何が分けたのか?樹木で言えば、落葉樹と常緑樹の違いに匹敵するかもしれない。冬を越すことが出来る常緑樹の葉にはクチクラ層というものがあり、肉厚の葉は乾燥にも強く冬を乗りきることが出来る。昆虫でもクチクラ層に該当するような皮膚(外殻)の構造をもつものが越冬可能なのだろうか。
3月20日、福岡県にて

2017年9月12日 (火)

キボシカミキリ@北八朔公園

R0128448

R0128449

北八朔公園で見た甲虫はこのキボシカミキリのみ。触角の長さが凄い。同じ場所で1時間後に同じ姿勢で見られたので寝ていたものと思われる。到着時刻が遅かったので2時間弱で引き揚げた。
下はおまけのウラギンシジミ。裏銀が純白で鮮やかだった。
9月10日、北八朔公園にて

C0216401

C0216412

2017年8月27日 (日)

ナガゴマフカミキリ@北八朔公園

R0128281

R0128282

大した収穫もないので諦めて北八朔公園を後にしようとして黒王号に戻ったところ、看板の裏側にムシを発見。カミキリだ。近寄ってみるとたぶんナガゴマフカミキリと分かった。ただ残念なことに左触角が欠落している。なにが起こったのだろうか。細かい毛が生えている。寝ているのかまったく動かなかった。最近あまりカミキリを見てないのでこれでも嬉しかった。
8月20日、北八朔公園にて

2017年8月 8日 (火)

ヒメコガネ@新横浜公園

R0128011

R0128012

R0128013

新横浜公園ではこの時期シロテンハナムグリなど見られるはずなのだが、どういうわけか見つからない。全体的に甲虫自体が少ないように思う。そんな中やっと見つけたコガネムシがこれ。草の葉の折り目に隠れていた。濃い緑色をしている。頭部と胸部は鈍いけれど艶のある金属光沢緑。翅鞘(甲)も同様の色だが微妙な縦筋が何本かある。顔はアオドウガネに似ている。触角はオレンジあるいは赤っぽい。脚までも濃い緑色。ヒメコガネと思われる。
下はおまけのラミーカミキリ。新横浜公園で見たのは初めてだった。骸骨っぽいし、顔つきも悪者顔に見える。
8月3日、新横浜公園にて

R0127914

2017年8月 4日 (金)

ヨツスジトラカミキリ@北八朔公園

R0127854

R0127865

R0127885

北八朔公園カラスザンショウをチェックしていて黄色いカミキリを発見した。ヨツスジトラカミキリ。何頭か居た。開花が待ちきれないという体のようだった。カラスザンショウ独特の香りはまだしていなかった。2枚目で飛び立つ瞬間をねらってみたが、後翅がピンと張ったところを撮ってみたいのだが、なかなか難しい。カミキリの脚にはあちこちに細かい爪のようなものがあり、引っ掛かるようになっているのが分かる。
7月29日、北八朔公園にて

2017年6月10日 (土)

ラミーカミキリ@新治市民の森

R0126782

R0126788

この日、新治市民の森でベニカミキリに次いで二番目に見つけた収穫がこれラミーカミキリだった。思わぬ場所で出会えたのでとても嬉しかった。以前からよく言われてはいるが、骸骨っぽいデザインである。あまり動きまわらず、撮影し放題だった。最後には手のりになってくれた。このラミーカミキリも動きが鈍く、朝方のカミキリはこういうものなのだろうか。
6月4日、新治市民の森にて

2017年6月 9日 (金)

ベニカミキリ@新治市民の森

R0126800

R0126773

新治市民の森。この日は最近よく自然観察しているちょっとした木陰で20分だけ時間を使うことにした。すると、なんといきなりこれが現れてくれた。脚・触覚、頭部が黒く滑に5個の黒斑があり、しまってかっこよいデザイン。このベニカミキリどうも寝ていたようで、至近距離1cmから撮影して、うっかり触れてしまったのになにも反応せず。最後まで動き鈍く、これでちゃんと生き延びることが出来るのか心配になるほどだった。翅を広げて飛ぶ姿を見せてくれないかと少し期待したのだが、まったくそんなそぶり見せず、ある意味ちょっとがっかりだった。
6月4日、新治市民の森にて

2017年6月 3日 (土)

ヤハズカミキリ@新治市民の森

R0126653

R0126659

新治市民の森の林道をゆっくり歩いていて見上げた木の葉にあやしい影を発見。これカミキリだよね。まずはこれを撮影しておいてから、該当の枝の離れた場所をそっと掴んで引き寄せて葉の表面が見えるようにしたところ、これがいた。淡褐色の体には甲に暗色斑。甲の先端は尖る。触覚はやや茶色気味で太くて長い。ヤハズカミキリだ。
5月27日、新治市民の森にて

無料ブログはココログ