2016年6月 4日 (土)

アオオビハエトリ@四季の森公園

R0120916

R0120918

四季の森公園
で見たアオオビハエトリ8年前に新治で見ているので久しぶりの再会だ。腹部に帯があるがそちらは青ではなく、頭胸部の水平ラインが和名由来の青帯なのだろう。非常に目立たないが。この日はクモでは他にはササグモがやたらと目についた。
5月29日、四季の森公園にて

2016年5月28日 (土)

ヤサアリグモ@新治市民の森

R0119684

最初アリグモと思って一応撮影したのだが、異様に細いので調べたところ、アリグモではなくヤサアリグモ♂と判明した。クモは昆虫と違って、体は頭胸部と腹部の2節にわかれる。昆虫は頭部・胸部・腹部の3節だ。このヤサアリグモも2節だが頭胸部の前に変なものがあるがこれは大顎だがそもそも頭胸部が頭部(四角)と胸部(丸い)に分かれたように見えるので4節ぐらいの異様な体形に見える。大顎はあごとは思えず、どうしても双眼鏡をつけているように見える。こんな巨大な顎をどのように使うのかさっぱり見当もつかない。もしかして祝!初見。ちなみにこちらがアリグモ幼体
5月21日、新治市民の森にて

2016年5月14日 (土)

ネコハエトリ@新横浜公園

R0118947

R0118948

新横浜公園の大池の手摺でハエトリグモを見つけた。餌(なんであるかは不明)を捕獲した直後だった。コンデジを近づけるとくりくりした目をレンズに向けるのでご覧のような写真が撮れる。クモには複眼が8つあるが、ハエトリグモでは前面のふたつの複眼が大きく発達しており、主眼として機能しているように思う。他の6眼は補助的なのだろう。さて、図鑑で調べたがこれが何ハエトリであるかがいまだ不明。腹部は明るい赤をしている。頭部に目立った模様はない。脚の毛にはいくつかの節輪が見られる。ネコハエトリ♀かもしれないが、確信無し。
下は別個体のネコハエトリ♀。大きな獲物を抱えてご満悦の様子。こちらの腹部の模様は典型的。眼がクリクリして可愛い。
5月1日、新横浜公園にて

R0118939

無料ブログはココログ