2017年10月19日 (木)

ウラナミシジミ@新横浜公園

C0217192

新横浜公園では8月ぐらいに見たと思うのだが、その後はとんと御無沙汰だったウラナミシジミに再会。地味めながら美しい模様である。小さいので目立たない。
下はおまけで他の蝶たち。ベニシジミ、モンキチョウ、イチモンジセセリ。他にもツマグロヒョウモンキタテハなど目撃した。
10月9日、新横浜公園にて

C0217187

C0217268

C0217391

2017年10月17日 (火)

ナミアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128818

新横浜公園の花畑には柑橘系の樹があった。葉の緑色が濃く、枝までも緑色をしている。そして、枝にこれまた緑色の幼虫を発見。ナミアゲハ幼虫だ。
下はおまけでフタトガリアオイガ幼虫。毎年秋の定番。今度は成虫を見たい。
10月9日、新横浜公園にて

R0128764

2017年10月 2日 (月)

ナガサキアゲハ♂@里山ガーデン

C0216883

里山ガーデンの湿地で大きくて黒いアゲハが飛んできたのでめくら戦法で撮影してみたところ一枚だけなんとか撮れていた。ばっちりと分かるナガサキアゲハ♂である。たぶんこれまで一度も紹介してなかったと思うので祝!初登場。くるくるに巻いた口が写っている。翅はお疲れ気味。
下はおまけのヤマトシジミアカボシゴマダラ。他にはカラスアゲハなども見られた。
9月24日、里山ガーデンにて

C0216843

C0216851

2017年9月25日 (月)

キアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128565

R0128556

新横浜公園メドウガーデンにあるブロンズフェンネルはアカスジカメムシ以外にもナナホシテントウも見られた。そして一番大きかったのがこれ。キアゲハ幼虫。サイズは40mmぐらいに見えたので終齢ではなく4齢かもしれない。たくさん居たので次回は蛹を探してみたい。ちなみにこの昆虫に大人気のブロンズフェンネルって一体なにものか調べてみた。すると

フェンネル
学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科
原産地:地中海沿岸地方
葉や種はウイキョウとしてハーブやスパイスなどの食用として利用される。これのいち品種(あるいは亜種?)Foeniculum vulgare 'Purpurascens' がブロンズフェンネルでこちらは主に観賞用。葉がブロンズ色になる

ということ。したがって観賞に興味のない昆虫にとっては食用として大人気なのだと思う。小さくて可愛い黄色の花が傘のようにまとまって咲くので大変に見栄えがよろしい。
9月16日、新横浜公園にて

R0128544

2017年9月16日 (土)

アカボシゴマダラ産卵@北八朔公園

R0128469

C0216484

北八朔公園オニヤンマの産卵を待っている時、足元のエノキ幼木アカボシゴマダラがまとわりついてきた。自分が居るのに見えてない様子。というか、人間の脚などには興味なくエノキしか見てない感じだったので、ピンと来て、これは産卵だなと思った。じっとしていると思った通り産卵をし始めた。産卵されたばかりのほやほやの卵をマクロ撮影してみた。いまひとつクリアに写せなかったが。球形でちょっとスイカに似ている。たて筋は19本ある。サイズは1mm程度。
9月10日、北八朔公園にて

R0128466

R0128471

2017年9月12日 (火)

キボシカミキリ@北八朔公園

R0128448

R0128449

北八朔公園で見た甲虫はこのキボシカミキリのみ。触角の長さが凄い。同じ場所で1時間後に同じ姿勢で見られたので寝ていたものと思われる。到着時刻が遅かったので2時間弱で引き揚げた。
下はおまけのウラギンシジミ。裏銀が純白で鮮やかだった。
9月10日、北八朔公園にて

C0216401

C0216412

2017年9月 7日 (木)

キアゲハ@新横浜公園

C0206338

C0206357

新横浜公園ではコスモスが咲き誇っていた。そして、その花にまとわりついていたのはキアゲハ。非常に綺麗な個体でいわゆる完品である。
9月2日、新横浜公園にて

2017年9月 2日 (土)

サトキマダラヒカゲ@新治市民の森

C0206064

R0128334

新治の林の中の涼しい場所で大きめの蝶が飛んだ。2頭いて、しばし激しく戦ってから一頭がもといた場所に降りた。それが上。翅頂の尖り具合からサトキマダラヒカゲ♀
おまけはクロアゲハ、他にモンキアゲハも見られたが撮れず。
8月26日、新治市民の森にて
C0206031

C0206046

2017年8月26日 (土)

ミンミンゼミ@北八朔公園

C0205760

北八朔公園の池脇のイロハモミジらしき樹の幹でミンミンゼミが鳴いていたのでそっと近寄ってみたところ逃げずに鳴き続けてくれていたので撮影することが出来た。
下はおまけのカラスアゲハ♂。翅表が青く見えた。
8月20日、北八朔公園にて

C0205743

2017年8月22日 (火)

アカボシゴマダラ@四季の森公園

R0128115

R0128117

R0128224

四季の森公園では数頭のアカボシゴマダラを見つけた。産卵はしていなかった。林道わきのエノキ幼木で幼虫も見つけた。中国産アカボシゴマダラは完全に定着している。
8月13日、四季の森公園にて

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ