2017年9月22日 (金)

道志水源林ボランティア報告#77

今年5回目の道志水源林ボランティア活動に参加してきた。13年目で通算77回目だった。朝からくもりで涼しくて活動には絶好の日和。林内には弱い風が吹いていて気持ちよかった。スギ林の斜面はきつく、林床には長く曲がったスギ枝や先日の台風で落ちた枝先が散乱していて作業はし辛かったが、ベテラン(自分も含む)勢が協力し合って実に美しく作業は捗った。係り木はなく、抜倒木は正確な方向に倒すことができた。約3時間にわたる前腕と上腕と背筋と下半身の筋トレの成果は以下の通りで、8本のスギを間伐することできた。

樹種,根元直径,高さ
1.スギ,22cm,23m
2.スギ,22cm,22m
3.スギ,25cm,22m
4.スギ,26cm,24m
5.スギ,20cm,23m
6.スギ,18cm,22m
7.スギ,25cm,22m
8.スギ,30cm,17m,先折れ

で、自然観察のほうは天気が優れず収穫はプア。まずはナツアカネ♀。2枚目は草地の枯れ草にべったり座って(?)いたミヤマアカネ。ほかにコノシメトンボを目撃したが撮影で傷。そして3枚目はよくわからないがたぶんハチの類。手持ちの図鑑ではハラクキバチ、タマヌキケンヒメバチあたりに似ている。体は黒く細長く腹部先端から長く伸びたたぶん産卵管は針のよう。黒い腹部には黄色の横筋が数本あるのが特徴。触角も長く半ばより先端よりに黄色い部分がある。調査中。そして最後は甲虫の幼虫と思われる。間伐木の残された枯れ木の皮をはがして見つけた。場所柄カブトムシとは思えないのでハナムグリとかコガネムシとかそんなところではないかと思う。撮影後、樹皮の隙間の黒土状の場所に戻してはみたが大丈夫だっただろうか。
9月20日、山梨県道志村にて

R0128617

R0128622

R0128611

R0128597

R0128599

2017年8月24日 (木)

ナミルリモンハナバチ@北八朔公園

C0205692

C0205694

C0205704

C0205725

北八朔公園は曇っていたせいか昆虫の出が悪く収穫が少なかった。そんな中での一番嬉しかったのがこれ。ナミルリモンハナバチ。採餌に夢中だったので思う存分撮影することが出来た。動きもそう速くなく追随することが出来た。美しいハチである。吸っていたのはイヌゴマ(?)の蜜と思われる。
8月20日、北八朔公園にて

※イヌゴマではなくてキツネノマゴでした。訂正いたします。多謝>てまりさん。8/25追記

2017年7月23日 (日)

ムモンホソアシナガバチの巣@四季の森公園

R0127611

R0127613

四季の森公園の雑木林の人工物でハチの巣を見つけた。淡い色合いのハチがたくさんとりついていたが、驚くほどじっと動かず、休眠でもしているような状況でちょっとびっくりした。弱弱しささえ感じるハチ。ムモンアシナガバチと思われる。巣のサイズは直径8cm程度の円盤型。日陰ではあったがやはり暑いのだろうか。
7月15日、四季の森公園にて

2017年7月 6日 (木)

セグロアシナガバチの肉団子づくり@新横浜公園

C0203894

C0203899

C0203909

新横浜公園大池脇でセグロアシナガバチを見つけた。手すりに飛んできて止まり、肉団子を作り始めた。作業に集中しており、容易に撮影できた。いったいどの昆虫の肉団子なのか。さっぱりわからないがおいしく出来ているようだ。これを巣で待っているはずの幼虫に持ち帰るのだろう。やや恐ろしげではあるがオレンジと黒の綺麗な姿をしている。
7月2日、新横浜公園にて

2016年11月23日 (水)

キンケハラナガツチバチではなくてヒメハラナガツチバチ@新横浜公園

C0168486

C0168494

C0168495

新横浜公園大池脇のコスモスは昆虫に大人気だ。この日はキンケハラナガツチバチが見られた。触角が短いのでメスと思われる。和名の「金毛」は腹節の毛のこと。4節ほどあるようだ。脚にも毛がふさふさしている。例のオオタバコガ幼虫も複数見られたが、成虫は見つからず。
11月20日、新横浜公園にて
ヒメハラナガツチバチに訂正します。ご指摘多謝>飛行機雲さん

2016年11月 7日 (月)

オオスズメバチ@新横浜公園

C0165717

C0165719

新横浜公園大池脇の花に来ていたハチ。腹部の黄色黒の模様からしてオオスズメバチと思われる。しかし胸部と腹部のつなぎ目の細いこと。こんなに細いとはびっくりした。これが♂なのか働き蜂なのか新女王なのかは不明。
10月29日、新横浜公園にて

2016年5月19日 (木)

ヒメハラナガツチバチ@新横浜公園

R0119433

新横浜公園でシオカラトンボらしきが降りた地面をチェックしていて、なにかを見つけたのが上。地面に潜ってもぞもぞしている。見えている腹部からハチ類だろうか。しばらく観察すると頭部を見せてくれた。これ、見覚えがある。キンケハラナガツチバチだ。地中のコガネムシの幼虫に産卵するという寄生ハチだ。触角が短いのでこれは♀。産卵のためのコガネムシ幼虫探しの最中だったのだと思う。
5月15日、新横浜公園にて
ヒメハラナガツチバチに訂正します。

R0119434

2016年4月10日 (日)

キアシナガバチ@新治市民の森

C0145304

新治のコナラ林で見つけたハチ。黄色と黒のいわゆる危ない配色のハチだ。先日紹介したセグロアシナガバチに似るが、ちょっと違っていて胸の背に黄色の二本の縦筋がある。腹節の第一黄色節(勝手に命名)の中央が黒線で区切られる。触角根元半分が黒い。この個体はかなり大きく、越冬明けの女王蜂と思われる。
3月31日、新治市民の森にて

無料ブログはココログ