2017年4月11日 (火)

成子天神七福神@北新宿

M0014025

これまでいろんな七福神を参拝てきたが、七か所が適当な距離に離れていて、しかもあまり遠すぎないのがごく普通の七福神。こういう七福神とは別に一箇所七福神というのがある。先日新宿の成子天神に行ってみたときに境内に一箇所七福神があったので、これ幸いと撮影してきた。一箇所づつ地図を調べながら歩いて探すというありがた味は得られなかったが、一箇所で全部済んでしまうという意味でありがたい気がした。
成子天神の七福神は社も含めてまだ新しく、歴史を感じさせる味はなかった。また境内に鎮守の森がなく真後ろにはマンションらしき建物があるため雰囲気は、自分が思う神社のあるべき姿から程遠い。が、新宿副都心そばなので背に腹は代えられない事情があるのかもしれない。
3月末、新宿にて

※字を間違えていましたので訂正します。鳴子→成子 4/13追記

毘沙門天
M0014014

福禄寿
M0014017

寿老人
M0014019

布袋和尚
M0014023

弁財天
M0014024

大黒天
M0014028

恵比寿

M0014029

2017年1月23日 (月)

原町田七福神

 今年の七福神は多摩川七福神で終わりと思っていたが、近場に未踏の七福神があるのに気づいてしまった。なんと町田の原町田七福神だ。町田駅の周囲に固まっているのでせいぜい多摩川程度の短時間で回れそうだ。いろいろとルートを考えていたのだが、ふと先日のランで長津田まで走った時に新マンホールを見つけたのにデジカメ不所持のため撮影できなかったことを思い出した。ぜひ再度撮影に行きたいと思っていたのだ。であれば....長津田と~町田~うん!電車で行くのではなく黒王号で行くことにし、町田まで行く途中にちょいと寄ることとしよう。
 というわけで朝から恩田川経由で長津田にちょいと寄ってから町田まで行った。北西の風が強くて向かい風のため大変難儀した。最後、激坂をへいこら登って町田の街なかに着いた。この原町田七福神のベースは「ぽっぽ町田」という建物にあるという。朝早く着き過ぎてしまいまだ空いてないようだ。取りあえず、回れる所から回ることにして、スマホに保存してきたマップによると商工会議所の福禄寿を発見。スタンプらしきは発見出来ず。見つからなくても最悪ぽっぽで押せるようなので撮影だけして次に回る。
福禄寿@町田商工会議所
M0012618


勝楽寺を横目に一番遠い母智丘神社(もちおじんじゃと読むようだ)に寄る。家族と親族の健康と幸せ、および川崎の初冠を祈願していると神主らしき男が社の横から中に入って行った。出てきたところで声をかけて色紙を請うたところ、快く対応してくれた。社務所を開けて色紙(300円也)を出してくれた。スタンプセットは社務所前に置いてあったので無事に第一押印。フルサイズの色紙なので大きめのリュックに入れて曲がらないように型として折りたたみ式の携帯用座席シートを拡げて背に背負う。この色紙、ビニール袋に入っているのは良いのだが、色紙のサイズに近く、つまり余裕がなさ過ぎて色紙を入れにくくて難儀した。本日の難儀二件目。あと5mm幅があればすばらしいのに。
弁財天@母智丘神社
M0012621

お次は小田急町田駅近くのカリヨン公園。となりに交番があり警官が複数出ていたのでなんとなく緊張感が漂っている。大黒天が見つからず焦る。けっきょく狭い公園を一周して見つけた。バックがちょっと悲惨だがしかたない。ここもスタンプセットなし。
大黒天@カリヨン広場
M0012634

次は先ほど通りすぎた勝楽寺。財政的に豊かそうな立派なお寺だ。本殿右手前に福禄寿を発見。強い風に幟がはためく。
福禄寿@勝楽院
M0012641

お次は町田の横浜線の西側に向かう。猥雑な東側に比べて西側はなんだか別世界。坂を下ると町田天満宮が見えた。ここは恵比寿さまを発見。スタンプセットも発見。
恵比寿@町田天満宮
M0012656

歩行者に凄く意地悪な信号に相当待たされてお次の宗保院に向かう。本日の難儀三件目。こちらは山門が立派な仁王門になっている。その手前に布袋尊を発見。スタンプセットは門の中にあった。4押印め。
布袋尊@宗保院
M0012662

横浜線を通りこして町田中央通りに戻る。見逃していた浄運寺を探す。歩行者天国状態の狭い中を黒王号でゆるゆる行ったり来たりして探し、ローソンの前にやっと発見。分かりにく過ぎ。中に入ると結構広いのに門は狭くて目立たないのだ。本日の難儀四件め。入口右側に毘沙門天を発見。スタンプは本殿右側。これで5押印め。
毘沙門天@淨運寺
M0012687

さあ、最後にぽっぽ町田に向かう。建物1階には沖縄物産店などもあり、なかなかおもしろそう。町田ツーリストギャラリーの事務所にスタンプを発見し、のこりの福禄寿、大黒天を押して無事にコンプリート。
完成した色紙
M0012692

以上0937時から1100時までかかったので1時間半ほどで終了した。徒歩だともう少しかかるかもしれない。風が強くとても寒かったが、天気が良くて気持ち良かった。帰路は追い風のため楽に走れた。最後になって何だが、そもそも「町田」と「原町田」の違いっていったい何なのかとても知りたくなっている(笑)。
1月21日、町田市にて

2017年1月 5日 (木)

多摩川七福神

M0012107

 毎年正月に巡っている七福神。今年はどこにするか、いろいろと調べていたところ、近場に新しい七福神が出来ているのを発見したので迷わず多摩川七福神にした。決行日は正月二日。東急多摩川線の武蔵新田駅周辺にあり、7箇所巡ってせいぜい1時間半程度とお手頃なコースだ。多摩川線は蒲田駅と多摩川駅を結ぶ電車だが普段乗らないので、駅間の短いことに驚いたりしながら、スマホでコースの確認などしているうちにふと気付いたら降りるべき駅を乗り過ごしてしまっていて、ドアが閉まってしまい一瞬目の前が暗く。あ~。正月早々いきなり痛恨のミス。
 矢口渡駅で電車を降り、逆方向の電車に乗り換えようとしたら、逆方向のホームへは行けないことが分かり再び茫然自失。仕方なく改札を出て歩くことに。駅間短いし1kmぐらいだろう。スマホで地図を見ると七福神は矢口渡駅からでも結構近いことが分かりほっとする。しばしルートをチェックして延命寺の寿老人にまず参ろうと思い、10分ほど歩いて無事到着。したと思ったが、幟は出ているものの御開帳もされておらずスタンプ台も何もない。そうか、午前10時からだからか。あと10分ほど時間がある。ちょっと早すぎた。痛恨のミス二件め。
 そういうわけで本七福神のベースである新田神社に向かうことに。高い建物の無い閑静な住宅地をぶらぶら歩き、武蔵新田商店街通りを通って新田神社へ。10分ほどで着いた。まずは普通に参拝。10円玉で膨らんだガマ口を持参しており賽銭には困らない。用意周到。家族の健康と幸せ、親族の健康と幸せ、そして川崎フロンターレの今シーズンの初冠を(もっともっと他にも祈りたいことはあったがこれぐらいが限度かと思ったので)を祈願した。
M00102035

向かって左脇のテントが七福神事務所になっていたので説明を聞き、色紙1000円とCDケースの漫画風七福神カード100円を購入。色紙には絵柄のスタンプを、漫画風色紙カードには文字のハンコを押すという。ここに全部そろっているが各寺社にももうワンセット置いてあるので回って押してくださいとのこと。

ネットで事前に調べた限りでは色紙のみで1000円、セット(内容不詳)で2000円とあったが、今年は上記の通りのようだ。本殿左側に巨大な恵比寿様の社があった。恵比寿様のスタンプと文字ハンコのみ押していざ出発。
M00102033

ルートはしばし検討した結果、最後に再度新田神社に戻ることを考慮して駅側から攻めることに。武蔵新田駅に戻って矢口中稲荷神社の福禄寿。人はおらず、スタンプのみあり、ただ非常に押印しにくかった(姿勢的に)。福禄寿撮影出来ず。
M00102040

M00102043

線路沿いに5分ほど歩いて頓兵衛地蔵の布袋尊。ここにはスタンプもない。人もいない。
M00102045

M00102049

線路を渡って南下する。途中で見たことのないマンホールなど撮影する。氷川神社の大黒天に到着。しかしここも人はおらず、スタンプもない。これで4箇所め。
M00102063

M00102061

マップを慎重にチェックしつつ朝一番で訪れた延命寺まで5分ほど。本堂右側に寿老人様を発見。しかし人もスタンプなし。5箇所め。
M00102071

M00102074

さらに南下して多摩川土手にぶち当たるまで歩いて東八幡神社の弁財天。ここも人もスタンプもなし。扉のスリットから賽銭を入れたが、賽銭箱の手前にじゃらっと落としてしまった。これで6箇所め。
M00102086

M00102085

ここから北上して数分で十寄神社の毘沙門天。ここも人もスタンプもなし。これで一応七福神制覇。しかしスタンプはぜんぜん押せてないので新田神社に戻る。
M00102088

M00102091

5分で新田神社に到着すると、参拝客が列をなしており境内からはみ出していてびっくり。先ほどはがらんとしていたのに。参拝は済んでいたので、列の横をすり抜けて七福神事務所へ。色紙とカードに残りすべてのスタンプを押して完全制覇。事務所テントでコンプリートの報告をしたところお御酒とぜんざいどちらがいいか聞かれたのでぜんざいを選んでもてなしを受けた。すっごく甘くて疲れが(大した疲れでもなかったが)とれた。この日のコンプ一番乗りだったようだ。
M00102099

多摩川七福神について詳しくはこちら。これには御朱印色紙セット2000円とあるが、今年は無いようだ。なにはなくともとにかく新田神社に行くのが一番。あとは時計回りだろうが版時計回りだろうがどちらでもいいが1時間半程度で巡ることができとてもお手頃な七福神である。御開帳されていた七福神様はみな同様のデザインで統一されていた。天気も良かったので気持ち良いウォーキングが出来て満足だった。

多摩川七福神
最寄駅    東急多摩川線武蔵新田駅
色紙販売  午前10時~午後2時
想定時間  1時間20分
距離      3.5km程度か
恵比寿     新田神社★色紙販売所
布袋尊     頓兵衛地蔵
福禄寿     矢口中稲荷神社
大黒天     氷川神社
毘沙門天  十寄神社(じゅっき または とよせ)
弁財天     東八幡神社
寿老人     延命寺

1月2日、東京都大田区矢口にて

無料ブログはココログ