2016年6月21日 (火)

ツチガエル

R0121753

福岡の実家では庭仕事を少しした。草刈りや枝の選定、落葉の掃除などだ。蒸し暑い中、脚に合わない長靴や合わないズボンに苦労しながら作業をした。そんな中、昆虫やカエルなどが出てくると当然、作業の手を止めて、デジカメで撮影する。庭でゲコゲコ鳴いていたのはこれだったようだ。ツチガエル。体の中央に縦線がある。
6月11日、福岡県にて

2016年5月27日 (金)

ミシシッピアカミミガメ幼体@新横浜公園

R0120144

R0120147

新横浜公園で黒や黄色のイトトンボを探してクリークを散策したが、どういうわけか収穫ゼロに終わる。代わりに見つけたのが上。ミシシッピアカミミガメの幼体。この時期にこれが見つかるということは、ここでミシシッピアカミミガメが繁殖し、卵をたくさん産んでそれがたくさん孵化しているということだ。これぐらいの幼い亀がいわゆるミドリガメで、可愛らしく人気があり一番売れる時期だろう。それが野に放たれた結果、日本のありとあらゆる池や川はこれに占領され日本固有の在来種のイシガメやクサガメが大打撃を受けているのだ。この個体に罪は無く、ミドリガメを輸入販売をすることを許した政府と商売のネタにしたペットショップなどの業者、そして飼い切れなくなって野に放った旧飼い主たちの責任だ。みんな無責任。これこそ身近で起こっている大きな自然破壊である。トンボが見つからず、代わりにアカミミガメ幼体が見つかったことでさらにがっくりであった。ちょうど昨年の今頃卵も見つけている
5月22日、新横浜公園にて

無料ブログはココログ