2017年10月12日 (木)

ナツアカネ@北八朔公園

C0217005

C0217123

C0217141

北八朔公園ではナツアカネがよく見られた。昼ごろにかけて連結産卵が見られるという予想に反して、結局は産卵は見られず。♀が多かった。2枚目は胸の模様が見えないが、ナツアカネと思われる。3枚目はトンボのなる木にとまっていた個体。♀ながら各所に赤がある。
10月1日、北八朔公園にて

2017年10月10日 (火)

シバスズ@北八朔公園

R0128714

最初これはコオロギの類と思っていたのだが、帰宅後の調査でシバスズと判明。広瀬すずじゃなくて芝すず(笑)。地味なコオロギという風体。後脚脛節の棘がすごい。3対のようだ。これが4対ならばヤチスズということになる。サイズは10mmないぐらいだったと思う。翅は短く腹部は半分ほど露出する。腹部先端から長い産卵管が一本突出するので♀。
下はおまけで、(たぶん)オオゲジの羽化殻。あまりに脚の数が多くぎょっとした。この羽化はとても大変だろうと思う。脚が3対ではないのでこれは昆虫ではない。付近をだいぶ探してみたが御本体は見つからなかった。
10月1日、北八朔公園にて

R0128689

2017年10月 9日 (月)

マユタテアカネ@北八朔公園

C0216912

C0216919

C0216923

北八朔公園マユタテアカネ♀。腹部を曲げて交尾や産卵の練習だろうか。伸びだろうか。豊かな腹部だけでなくこういう技も見せてくれて満足。
10月1日、北八朔公園にて

2017年10月 8日 (日)

ホタルガ@北八朔公園

R0128683

R0128686

北八朔公園のややうす暗い林内で何かいないかゆっくり歩いていると突然蛾が飛び出して目の前の葉にとまった。ホタルガだ。おやおや、2頭いる。赤が鮮やかな頭部。黒くて艶のある触角。黒いマントに純白のラインがよく目立つ。なかなか洒落たデザインである。
10月1日、北八朔公園にて

※10/12追記。ひろたんさんに上が♂下が♀と教えていただきました。触角の形状で識別できるようですので、拡大してみました。多謝>ひろたんさん
これが上の♂の触角で櫛のように広がって幅広い
R0128682

こちらが下の♀の触角
R0128687

2017年10月 7日 (土)

クビキリギス成虫と幼虫@北八朔公園

R0128701

R0128704

北八朔公園で思いがけずクビキリギスを見つけた。春先から大きな声だけはよく聞くのだがなかなか姿は見せてくれない。トンボを探して小枝の先やススキ(?)などの先を目で追っていて違和感に気付いたもの。これでは目立つよね。保護色にもなってないし。この後手捕りしてみたのだが、赤い大きな口で噛みつかれそうになって恐怖を感じ慌てて手を離したらポトリと落ちて一瞬で見失ってしまった。残念。
下はものすごく見つけにくいところで見つけたクビキリギス幼虫。手前の茎が邪魔だが。ご勘弁。赤い口が少しだけ見えている。
10月1日、北八朔公園にて

R0128717

2017年10月 5日 (木)

リスアカネ@北八朔公園

C0217061

C0217077

C0217089

北八朔公園
の水辺ではリスアカネが見られた。やっと会えた。今シーズン初観察。これも羽先端に黒帯がある。この個体は♂。これに会えただけでもう今日はいいっかとなりそうになった。ちなみに和名リスアカネのリスは哺乳類のリスではなくトンボ学者Risさんに由来する。
10月1日、北八朔公園にて

2017年10月 3日 (火)

コノシメトンボ@北八朔公園

C0216948

C0217037

リスを求めて北八朔公園へ行ってきた。トンボのなる木にはいきなりこれが。ノシメ斑のあるコノシメトンボ。羽先端に黒帯があるだけで一段高い地位に置くという自分の意識。おかしいだろうか。胸の黒斑が閉じているのがコノシメトンボの印。腹部の形状から♀。
トンボのなる木の一本は葉がすべて落ちているのでもうしばらくしたら花が咲く(狂い咲き)ものと思う。
10月1日、北八朔公園にて

2017年9月16日 (土)

アカボシゴマダラ産卵@北八朔公園

R0128469

C0216484

北八朔公園オニヤンマの産卵を待っている時、足元のエノキ幼木アカボシゴマダラがまとわりついてきた。自分が居るのに見えてない様子。というか、人間の脚などには興味なくエノキしか見てない感じだったので、ピンと来て、これは産卵だなと思った。じっとしていると思った通り産卵をし始めた。産卵されたばかりのほやほやの卵をマクロ撮影してみた。いまひとつクリアに写せなかったが。球形でちょっとスイカに似ている。たて筋は19本ある。サイズは1mm程度。
9月10日、北八朔公園にて

R0128466

R0128471

2017年9月14日 (木)

キマダラカメムシ5齢幼虫@北八朔公園

R0128416

R0128424

北八朔公園コナラクヌギの樹皮で見つけたこの幼虫。カメムシ顔。頭胸部の周囲が淡色に色どり。胸部には10の赤い点がある。そして、胸部の下部中央に艶のある黒い部分が目立つ。これは記憶にある。キマダラカメムシ幼虫だ。そして、最近、長年の念願かなってやっと入手したカメムシ図鑑をめくってこれがキマダラカメムシの5齢幼虫であることが判明した。3本の木をチェックして10個体ほど見られた。
下は成虫。同じ樹で見られた。5齢幼虫とはまだサイズの差が大きく、いったい何齢で成虫になるのだろうか。この成虫が5齢幼虫の早熟個体なのか、親世代なのかは不明。
9月10日、北八朔公園にて

R0128435

R0128440

2017年9月12日 (火)

キボシカミキリ@北八朔公園

R0128448

R0128449

北八朔公園で見た甲虫はこのキボシカミキリのみ。触角の長さが凄い。同じ場所で1時間後に同じ姿勢で見られたので寝ていたものと思われる。到着時刻が遅かったので2時間弱で引き揚げた。
下はおまけのウラギンシジミ。裏銀が純白で鮮やかだった。
9月10日、北八朔公園にて

C0216401

C0216412

無料ブログはココログ