2017年8月22日 (火)

アカボシゴマダラ@四季の森公園

R0128115

R0128117

R0128224

四季の森公園では数頭のアカボシゴマダラを見つけた。産卵はしていなかった。林道わきのエノキ幼木で幼虫も見つけた。中国産アカボシゴマダラは完全に定着している。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月21日 (月)

キバラヘリカメムシ@四季の森公園

R0128043

R0128045

R0128046

四季の森公園に行ったときに最初にチェックするニシキギの枝の裏をチェックして見つけたのが予想どうりのキバラヘリカメムシ。幼虫も成虫もいた。端正な姿で好きなカメムシ。何齢幼虫かは不明。成虫が♂か♀かも不明。不明ばかりで勉強不足。というか情報不足。いやいや調査不足だな。それにしてもしげしげと眺めているとおもちゃっぽく見える。幼虫も成虫も。フィギュアっぽい。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月20日 (日)

ウシヅラヒゲナガゾウムシ@四季の森公園

R0128153

R0128156

四季の森公園竹柵検索で久しぶりのウシヅラヒゲナガゾウムシを見つけた。動きがものすごく速くコンデジがまったく追いつかない。ましな写真を2枚貼る。複眼が横に張り出していないので♀。今度出会ったら透明ケースにご招待して綺麗に撮ってみたい。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月19日 (土)

テングスケバ@四季の森公園

R0128065

四季の森公園で見つけたテングスケバ。だいぶ前に寺家で見て以来と思う。最初これを見て、ショウリョウバッタの弱齢幼虫と思い、撮影したのだった。長さが短くて不恰好だななどと思いながら(笑)。後でテングスケバと分かって狂喜乱舞した。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月17日 (木)

アオマツムシ幼虫@四季の森公園

R0128142

四季の森公園の竹柵検索で見つけたこれはアオマツムシ幼虫。左後脚が欠損している。幼虫の状態での欠損は次回の脱皮で復活するものだろうか?普通に考えると新たに脚が生えてくるわけ無いように思うが。よく見ると小さな翅が見えているので終齢一歩手前ぐらいだろうか。触角が異様に長いので画角からは切ってしまった。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月15日 (火)

アカスジキンカメムシ@四季の森公園

R0128204

R0128073

午後からは等々力にサッカーを見に行くので午前中の短い時間で四季の森公園に行ってきた。時間が無いのでポイントだけに時間を使って効率的に回った。アカキンの幼虫が結構見られた。そしてミズキの葉をチェックしていて成虫を見つけた。久しぶりのご対面で嬉しい。この成虫はまだ色が淡く、羽化間もないのではないだろうか。付近で羽化殻を探したがなにも見つからず。
8月13日、四季の森公園にて

2017年7月23日 (日)

ムモンホソアシナガバチの巣@四季の森公園

R0127611

R0127613

四季の森公園の雑木林の人工物でハチの巣を見つけた。淡い色合いのハチがたくさんとりついていたが、驚くほどじっと動かず、休眠でもしているような状況でちょっとびっくりした。弱弱しささえ感じるハチ。ムモンアシナガバチと思われる。巣のサイズは直径8cm程度の円盤型。日陰ではあったがやはり暑いのだろうか。
7月15日、四季の森公園にて

2017年7月22日 (土)

マドガ@四季の森公園

R0127543

R0127544

四季の森公園の雑木林でナガサキアゲハが飛んできたので撮ろうとしたが、早くて飛び方が不規則なのでまったく歯が立たず。ほかにも蝶はいくつか見かけたがいずれも飛び方が速く、撮影無理。で、やっと見つけた被写体がこれ。マドガ。黒くてシックで、よく見れば結構ハデな色遣いでオシャレ。しかしよくよく見るとなんだかハエっぽくもある。
7月15日、四季の森公園にて

2017年7月21日 (金)

ショウジョウトンボ@四季の森公園

四季の森公園の池ではウチワヤンマ、オオヤマトンボ、さらには羽化殻を期待していったのだが水面にはどちらも見つからず。コシアキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボなどが飛びまわっていた。そういえばここではどういうわけかコフキトンボを見たことが無い。赤いショウジョウトンボが偵察に来た。♀探しだ。しばらくすると草にとまっているメスを発見。水面でさっと産卵をした。あまりに動きが速くて撮影出来ず。ショウジョウトンボ♀

C0204982

C0204985

そしてとまった♂も撮影。真っ赤である。水面のキラキラを入れてみた。♂
C0205008

C0205019

そして、昼ごろの帰りがけに見つけたのが♂のオベリスク姿勢。太陽が高くなってきたので♂も暑くて辛くなったのだろう。ほぼ逆立ちである。苦労してこんな無理な姿勢をとるなら、日陰でラクしろよと言いたくなる。これを見ると夏真っ盛りを感じる。
7月15日、四季の森公園にて

C0205096

C0205102

2017年7月20日 (木)

ハサミツノカメムシ@四季の森公園

R0127586

R0127594

R0127596

R0127600

四季の森公園に来ると最初のポイントが一番肝心である。いつも北口から入りボード脇の池でじっくりトンボやカモ、そして頭上の雑木に野鳥を探してから散策に入る。ついでニシキギにキバラヘリカメムシを探すも見つからず。暑いとカメムシさえ出てこないのか。ミズキやサンシュユにアカスジキンカメムシを探すもやはり見つからず。そしてやっと見つけたのがこれ。ハサミツノカメムシ。上がハサミのある♂。ハサミは平行。そして近くに居た♀。肩のトゲとハサミが赤くてなかなかのデザインである。♂の長いハサミは交尾のときになにかの役にたつものと想像されるが、いったいどういうものだろうか。交尾態を見てみたいものである。
7月15日、四季の森公園にて

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ