2018年5月14日 (月)

スジベニコケガと蛹@四季の森公園

E0020820

E0020824

四季の森公園トイレ蛾探索。すばらしい収穫があった。スジベニコケガ。しかも同種と思われる蛹も見つかりうはうはできた。チョウの蛹もほとんど見たことがないので嬉しかった。はではで模様の蛹は多摩動物公園のオオゴマダラを思い出した。この蛾は左翅がやや羽化不全気味のようだ。ちゃんと飛べるのか心配。
5月4日、四季の森公園にて

2018年5月13日 (日)

アシナガオトシブミ@四季の森公園

E0020888

E0020894

四季の森公園の竹柵検索でヤマトクロスジヘビトンボの次に見つけたのがこちらアシナガオトシブミ。後翅が少しはみ出ていて、みっともない。ちゃんと仕舞いなさい。赤茶色の甲と頭胸部と脚の黒がなかなか格好良い。できれば揺籃づくりを見たかった。
5月4日、四季の森公園にて

2018年5月12日 (土)

アカハラゴマダラヒトリ@四季の森公園

E0020757

E0020767

E0020774

連休後半ど真ん中の4日はすっかり寝坊したので近場の四季の森公園に行ってみた。雑木林の林床で白い蛾を発見した。あ、分かる。これ黄色か赤いヤツだ。さてどっちかだ。2枚目で赤と判明。3枚目は失礼して枯葉を使って右翅を持ちあげて撮影に成功。腹部背側が御覧のように鮮やかな赤。アカハラゴマダラヒトリ。一見全身白だが、鮮やかな赤をちらりと見せる。すばらしいデザインの美しい蛾である。
ちなみに黄色い方キハラゴマダラヒトリの過去記事はこちらlとこちら
5月4日、四季の森公園にて

2018年5月 9日 (水)

ヤマトクロスジヘビトンボ@四季の森公園

E0020883

E0020884

四季の森公園での竹柵検索での一番の収穫がこちら。巨大な昆虫だ。黒い。初見であることは分かった。最初に頭に浮かんだ言葉はセンブリ。帰宅後の調査ですぐに判明した。ヤマトクロスジヘビトンボ。これなら以前新治で幼虫を見たことがある。こちらの記事。9年も前になる。触角のぼこぼこ感が凄い。そして、そもそも何の仲間だかわからないような怪しげ感が強烈である。
5月4日、四季の森公園にて

2018年4月 5日 (木)

不明昆虫@四季の森公園

E0018585

このよれよれの翅を持つ昆虫は四季の森公園の竹柵検索で見つけたものだが、最初は蛾だと思っていた。ちょっと近づきすぎた瞬間、飛んで行ってしまいササの中に消えてしまった。しかしこれは一体何の仲間か。腹部はシャクガの♀っぽい。赤茶色の胸部は左右に分かれていて小盾板が大きめでアブ・ハエっぽいかな。触角は糸状。よじれた翅もこの個体だけのものなのか、あるいは種全体の特徴なのか。う~ん。さっぱりわからん。というわけで不明種のままとしておく。
下は同じく竹柵で見つけたチャバネアオカメムシ。触角の各節が黄色と黒の交互になっている。成虫越冬。
3月25日、四季の森公園にて

E0018650

2018年3月21日 (水)

ネコハエトリ@四季の森公園

E0018025

E0018027

四季の森公園の竹柵検索で見つけたクモ。越冬中のネコハエトリと思われる。クモは目が8つある。だが、その中で前面の大きなふたつの目が目立ち、これが可愛い。頭胸部も腹部も脚も白い毛でもじゃもじゃしている。肢は4対。前肢のように見えるのは触肢
3月4日、四季の森公園にて

2018年3月20日 (火)

トビズムカデ@四季の森公園

E0018131

キクチムシを数枚撮影してからほっとしていると朽木の隙間をするするっと動くものがあった。え?いま何か動いたよね。目をパチパチしてから朽木をそーっと崩してみると隙間からつやつやしたものが見えた。ムカデだ。なんとも綺麗なメタリックな感じ。一節に一対の脚だ。そして赤い頭部が見えた。触角もある。
帰宅後の調査でトビズムカデと判明した。なんとこれ肉食。つまり、キクチムシの天敵ではないか。しかも毒を持つという。やはり無条件の天国はこの世にはないのだ。祝!初見
3月11日、四季の森公園にて

2018年3月19日 (月)

クチキムシ@四季の森公園

E0018128

E0018127

この時期、昆虫を見つけるのは非常に難しい。数自体はたくさんいるのだ。ただ、卵、幼虫、蛹の形で越冬しているものが多いので動かず見つからないのだ。少数の成虫越冬昆虫も土の中、樹皮の裏、落ち葉にしたなど寒風を避けることのできる場所に身を隠しているのでこれも見つからない。この日は桜の枯れ木があって壊れかけた部分があったので少しばかり失礼してめくってみたところ上の昆虫がいきなり出てきてびっくり仰天した。第一印象はキマワリ。似ているが違うのも分かっていた。頭部の黒い眼が似ているし全体的にも感じが似ている。ただ、脚が赤っぽくやや短い。触角は11節。甲は目立つ縦筋があり細かい点刻もある。甲は艶がある。胸部にはさらに細かい点刻があり、艶があり、ふっくらしてつるつる感がある。脚と触角は赤茶色。脚の腿節はぷっくりと膨らむ。図鑑で調べてみたところキマワリの隣の頁に見つかった。キクチムシ。木朽ち虫だな。分かりやすい良い和名だ。朽木の内部なら外気に晒されないし、餌はたんまりあるし、外的にも襲われないので、生き方として素晴らしい選択だと思う。祝!初見
3月11日、四季の森公園にて

2018年3月17日 (土)

タチツボスミレ@四季の森公園

E0018190

E0018191

四季の森公園内のとある場所のタチツボスミレはもう咲いていた。環境条件からここだけはちょっと早いのだろう。一般にはあと半月ぐらいかな。
3月11日、四季の森公園にて

2018年3月15日 (木)

カタクリ@四季の森公園

C0231906

C0231907

四季の森公園
の林床にカタクリが咲いていた。とても可憐な薄紫。下を向いて開いた花はどこか恥ずかしげ。上品な感じがする。春の樹の花が目立ちたがりな感じがするのに比べて林床の春の花はどれも控えめで品がある。
下はおまけのキクザキイチゲの花。なかなかこっちを向いてくれないのだ(笑)。
3月11日、四季の森公園にて

C0231903

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ