2017年10月17日 (火)

ナミアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128818

新横浜公園の花畑には柑橘系の樹があった。葉の緑色が濃く、枝までも緑色をしている。そして、枝にこれまた緑色の幼虫を発見。ナミアゲハ幼虫だ。
下はおまけでフタトガリアオイガ幼虫。毎年秋の定番。今度は成虫を見たい。
10月9日、新横浜公園にて

R0128764

2017年10月 7日 (土)

クビキリギス成虫と幼虫@北八朔公園

R0128701

R0128704

北八朔公園で思いがけずクビキリギスを見つけた。春先から大きな声だけはよく聞くのだがなかなか姿は見せてくれない。トンボを探して小枝の先やススキ(?)などの先を目で追っていて違和感に気付いたもの。これでは目立つよね。保護色にもなってないし。この後手捕りしてみたのだが、赤い大きな口で噛みつかれそうになって恐怖を感じ慌てて手を離したらポトリと落ちて一瞬で見失ってしまった。残念。
下はものすごく見つけにくいところで見つけたクビキリギス幼虫。手前の茎が邪魔だが。ご勘弁。赤い口が少しだけ見えている。
10月1日、北八朔公園にて

R0128717

2017年9月25日 (月)

キアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128565

R0128556

新横浜公園メドウガーデンにあるブロンズフェンネルはアカスジカメムシ以外にもナナホシテントウも見られた。そして一番大きかったのがこれ。キアゲハ幼虫。サイズは40mmぐらいに見えたので終齢ではなく4齢かもしれない。たくさん居たので次回は蛹を探してみたい。ちなみにこの昆虫に大人気のブロンズフェンネルって一体なにものか調べてみた。すると

フェンネル
学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科
原産地:地中海沿岸地方
葉や種はウイキョウとしてハーブやスパイスなどの食用として利用される。これのいち品種(あるいは亜種?)Foeniculum vulgare 'Purpurascens' がブロンズフェンネルでこちらは主に観賞用。葉がブロンズ色になる

ということ。したがって観賞に興味のない昆虫にとっては食用として大人気なのだと思う。小さくて可愛い黄色の花が傘のようにまとまって咲くので大変に見栄えがよろしい。
9月16日、新横浜公園にて

R0128544

2017年9月23日 (土)

アカスジカメムシ幼虫@新横浜公園

R0128545

R0128560

新横浜公園の新花壇のブロンズフェンネルの花にアカスジカメムシが多数取りついていた。幼虫は5齢幼虫か。サイズは成虫に近い。成虫の赤黒の縦筋デザインは先日見た北海道コンサドーレ札幌のユニフォームにそっくりである。というか、コンサドーレを見てアカスジカメムシを思い出したのだった。
下はカメムシつながりでおまけのブチヒゲカメムシ。コスモスに居た。頭部に花粉が付いている。
9月16日、新横浜公園にて

R0128576

2017年9月22日 (金)

道志水源林ボランティア報告#77

今年5回目の道志水源林ボランティア活動に参加してきた。13年目で通算77回目だった。朝からくもりで涼しくて活動には絶好の日和。林内には弱い風が吹いていて気持ちよかった。スギ林の斜面はきつく、林床には長く曲がったスギ枝や先日の台風で落ちた枝先が散乱していて作業はし辛かったが、ベテラン(自分も含む)勢が協力し合って実に美しく作業は捗った。係り木はなく、抜倒木は正確な方向に倒すことができた。約3時間にわたる前腕と上腕と背筋と下半身の筋トレの成果は以下の通りで、8本のスギを間伐することできた。

樹種,根元直径,高さ
1.スギ,22cm,23m
2.スギ,22cm,22m
3.スギ,25cm,22m
4.スギ,26cm,24m
5.スギ,20cm,23m
6.スギ,18cm,22m
7.スギ,25cm,22m
8.スギ,30cm,17m,先折れ

で、自然観察のほうは天気が優れず収穫はプア。まずはナツアカネ♀。2枚目は草地の枯れ草にべったり座って(?)いたミヤマアカネ。ほかにコノシメトンボを目撃したが撮影で傷。そして3枚目はよくわからないがたぶんハチの類。手持ちの図鑑ではハラクキバチ、タマヌキケンヒメバチあたりに似ている。体は黒く細長く腹部先端から長く伸びたたぶん産卵管は針のよう。黒い腹部には黄色の横筋が数本あるのが特徴。触角も長く半ばより先端よりに黄色い部分がある。調査中。そして最後は甲虫の幼虫と思われる。間伐木の残された枯れ木の皮をはがして見つけた。場所柄カブトムシとは思えないのでハナムグリとかコガネムシとかそんなところではないかと思う。撮影後、樹皮の隙間の黒土状の場所に戻してはみたが大丈夫だっただろうか。
9月20日、山梨県道志村にて

R0128617

R0128622

R0128611

R0128597

R0128599

2017年9月14日 (木)

キマダラカメムシ5齢幼虫@北八朔公園

R0128416

R0128424

北八朔公園コナラクヌギの樹皮で見つけたこの幼虫。カメムシ顔。頭胸部の周囲が淡色に色どり。胸部には10の赤い点がある。そして、胸部の下部中央に艶のある黒い部分が目立つ。これは記憶にある。キマダラカメムシ幼虫だ。そして、最近、長年の念願かなってやっと入手したカメムシ図鑑をめくってこれがキマダラカメムシの5齢幼虫であることが判明した。3本の木をチェックして10個体ほど見られた。
下は成虫。同じ樹で見られた。5齢幼虫とはまだサイズの差が大きく、いったい何齢で成虫になるのだろうか。この成虫が5齢幼虫の早熟個体なのか、親世代なのかは不明。
9月10日、北八朔公園にて

R0128435

R0128440

2017年8月22日 (火)

アカボシゴマダラ@四季の森公園

R0128115

R0128117

R0128224

四季の森公園では数頭のアカボシゴマダラを見つけた。産卵はしていなかった。林道わきのエノキ幼木で幼虫も見つけた。中国産アカボシゴマダラは完全に定着している。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月21日 (月)

キバラヘリカメムシ@四季の森公園

R0128043

R0128045

R0128046

四季の森公園に行ったときに最初にチェックするニシキギの枝の裏をチェックして見つけたのが予想どうりのキバラヘリカメムシ。幼虫も成虫もいた。端正な姿で好きなカメムシ。何齢幼虫かは不明。成虫が♂か♀かも不明。不明ばかりで勉強不足。というか情報不足。いやいや調査不足だな。それにしてもしげしげと眺めているとおもちゃっぽく見える。幼虫も成虫も。フィギュアっぽい。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月17日 (木)

アオマツムシ幼虫@四季の森公園

R0128142

四季の森公園の竹柵検索で見つけたこれはアオマツムシ幼虫。左後脚が欠損している。幼虫の状態での欠損は次回の脱皮で復活するものだろうか?普通に考えると新たに脚が生えてくるわけ無いように思うが。よく見ると小さな翅が見えているので終齢一歩手前ぐらいだろうか。触角が異様に長いので画角からは切ってしまった。
8月13日、四季の森公園にて

2017年8月15日 (火)

アカスジキンカメムシ@四季の森公園

R0128204

R0128073

午後からは等々力にサッカーを見に行くので午前中の短い時間で四季の森公園に行ってきた。時間が無いのでポイントだけに時間を使って効率的に回った。アカキンの幼虫が結構見られた。そしてミズキの葉をチェックしていて成虫を見つけた。久しぶりのご対面で嬉しい。この成虫はまだ色が淡く、羽化間もないのではないだろうか。付近で羽化殻を探したがなにも見つからず。
8月13日、四季の森公園にて

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ