2018年5月14日 (月)

スジベニコケガと蛹@四季の森公園

E0020820

E0020824

四季の森公園トイレ蛾探索。すばらしい収穫があった。スジベニコケガ。しかも同種と思われる蛹も見つかりうはうはできた。チョウの蛹もほとんど見たことがないので嬉しかった。はではで模様の蛹は多摩動物公園のオオゴマダラを思い出した。この蛾は左翅がやや羽化不全気味のようだ。ちゃんと飛べるのか心配。
5月4日、四季の森公園にて

2018年4月30日 (月)

オオシマカラスヨトウ幼虫

E0019709

E0019713

新治市民の森でエノキの幼木があったのでアカボシゴマダラ幼虫がいないかどうか、厳しくチェックしてみたが見つからなかった。ただあまりにも食痕が激しいので絶対に何かの幼虫がいるはずだ。そしてやっと見つけたのがこれ。でかい。上に向かって尖るのが尾側。3対の脚には棘がある。体側には黄色い筋があり、潜水艦の窓のような模様が9個ほどある。腹脚は4対。オオシマカラスヨトウ幼虫。蛾の幼虫だった。エノキの葉はだいぶ食べつくしていたので終齢まで持つのか心配である。
4月22日、新治市民の森にて

2018年4月10日 (火)

サンゴジュハムシ幼虫@鶴見川ビオトープ

E0018765_2

E0018767

ハムシもそろそろ出現の時期。コガタルリハムシやイタドリハムシなどは見られてもおかしくない。鶴見川ビオトープではガマズミの新葉が出始めていたので食痕を探してみた。小さな食痕と黒っぽいイモムシを発見。サンゴジュハムシ幼虫。ガマズミあるいは庭管理者の立場からするとこのハムシ幼虫はまったくの害虫。新葉のころに出現してきては柔らかい葉を汚らしく食べ散らかしてしまうまったくもって不愉快きまわりない存在である。
4月7日、鶴見川ビオトープにて

2018年4月 7日 (土)

ヤブキリ幼虫@鶴見川

E0018728

E0018720

鶴見川の河川敷で、今シーズンの新甲虫を探そうとハムシ探しをやってみた。ギシギシの葉を見つけては葉に食痕がないか?根元にハムシが隠れていないか?など捜索していたのだが、なかなか見つからず。ギシギシではないかもしれないが小さな食痕のある葉はあるのだが、コガタルリハムシの食痕とは雰囲気が違う。どうも貪食ではなく非常にささやかな食痕なのだ。犯人は別種かな。
そして見つけたのが上。ヤブキリの幼虫と思われる。この時期に若齢幼虫ということはこの春孵化したものと思う。下はおまけのベニシジミ
3月31日、鶴見川にて

C0232278

2018年3月12日 (月)

クロオビカサハラハムシ@四季の森公園

E0018040

E0018048

四季の森公園の竹柵検索で見つけたのがこれ。久しぶりの甲虫に大興奮してたくさん撮影したが、小さくてどこにピントが合うやらさっぱりわからず。竹の切り口をぐるぐる回る。そして、これが何の仲間であるかもさっぱり分からず。ゾウムシ?ハムシ?
前脚腿節に小さな棘がある。胸部と上翅(甲)には細かい毛で覆われる。体色は全体に赤褐色で上翅に暗色部がある。帰宅後にいろいろと調べたがクロオビカサハラハムシかもしれない。そうだとしたら祝!初見。こんな時期なのに!
下はおまけのヨコヅナサシガメ幼虫。節々に赤が残る。ちなみに最近の使用コンパクトデジカメはCASIO EXILM EX-H30。リコーCX5が遂にご臨終を迎えたのでその代替機(これも古いが)。これもかなりのマクロ機能である。
3月4日、四季の森公園にて

E0018071

E0018073

2017年11月 5日 (日)

アキアカネ交尾態@新横浜公園

C0218025

新横浜公園のトンボポイントではアキアカネが見られた。気温が上がったため、トンボの動きが激しい。交尾態ペアは止まった時にしか撮れなかった。少しでも近付くとパッと飛びあがり激しく飛翔して結構な距離を移動するので結局は見失うことになった。12月になって気温が下がれば動きも鈍くなり撮影も(見つけられればの話だが)容易になるのだが。
下は♂個体。
11月3日、新横浜公園にて

C0218060

2017年10月17日 (火)

ナミアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128818

新横浜公園の花畑には柑橘系の樹があった。葉の緑色が濃く、枝までも緑色をしている。そして、枝にこれまた緑色の幼虫を発見。ナミアゲハ幼虫だ。
下はおまけでフタトガリアオイガ幼虫。毎年秋の定番。今度は成虫を見たい。
10月9日、新横浜公園にて

R0128764

2017年10月 7日 (土)

クビキリギス成虫と幼虫@北八朔公園

R0128701

R0128704

北八朔公園で思いがけずクビキリギスを見つけた。春先から大きな声だけはよく聞くのだがなかなか姿は見せてくれない。トンボを探して小枝の先やススキ(?)などの先を目で追っていて違和感に気付いたもの。これでは目立つよね。保護色にもなってないし。この後手捕りしてみたのだが、赤い大きな口で噛みつかれそうになって恐怖を感じ慌てて手を離したらポトリと落ちて一瞬で見失ってしまった。残念。
下はものすごく見つけにくいところで見つけたクビキリギス幼虫。手前の茎が邪魔だが。ご勘弁。赤い口が少しだけ見えている。
10月1日、北八朔公園にて

R0128717

2017年9月25日 (月)

キアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128565

R0128556

新横浜公園メドウガーデンにあるブロンズフェンネルはアカスジカメムシ以外にもナナホシテントウも見られた。そして一番大きかったのがこれ。キアゲハ幼虫。サイズは40mmぐらいに見えたので終齢ではなく4齢かもしれない。たくさん居たので次回は蛹を探してみたい。ちなみにこの昆虫に大人気のブロンズフェンネルって一体なにものか調べてみた。すると

フェンネル
学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科
原産地:地中海沿岸地方
葉や種はウイキョウとしてハーブやスパイスなどの食用として利用される。これのいち品種(あるいは亜種?)Foeniculum vulgare 'Purpurascens' がブロンズフェンネルでこちらは主に観賞用。葉がブロンズ色になる

ということ。したがって観賞に興味のない昆虫にとっては食用として大人気なのだと思う。小さくて可愛い黄色の花が傘のようにまとまって咲くので大変に見栄えがよろしい。
9月16日、新横浜公園にて

R0128544

2017年9月23日 (土)

アカスジカメムシ幼虫@新横浜公園

R0128545

R0128560

新横浜公園の新花壇のブロンズフェンネルの花にアカスジカメムシが多数取りついていた。幼虫は5齢幼虫か。サイズは成虫に近い。成虫の赤黒の縦筋デザインは先日見た北海道コンサドーレ札幌のユニフォームにそっくりである。というか、コンサドーレを見てアカスジカメムシを思い出したのだった。
下はカメムシつながりでおまけのブチヒゲカメムシ。コスモスに居た。頭部に花粉が付いている。
9月16日、新横浜公園にて

R0128576

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ