2018年1月20日 (土)

ウスタビガ繭@四季の森公園

B0015331

B0015332

S0017951

四季の森公園の林道で上空を見上げていたら落葉した枝先に緑色のものが目に入った。ウスタビガの繭だ。風が強く、煽られるのでなかなか撮影出来なかった。真上を撮影するのは結構首に悪いし、強い北風の中じっとしているのも凄く寒かった。いつかウスタビガの成虫を見てみたいものである。この繭はこの夏ごから秋ごろに羽化した抜け殻と思われる。手が届けば上片の直線部がパカッと開くのを確かめてみたかった。それからヒグラシと思われる羽化殻もあった。いずれも夏の落し物だ。
久しぶりに登った展望台からは真っ白な富士山が綺麗に見えていた。左のピークは大山、右は丹沢山。
1月14日、四季の森公園にて

B0015338_2

2018年1月18日 (木)

クロテンフユシャク@四季の森公園

Cimg7927

Cimg7930

四季の森公園トイレの蛾第2弾クロテンフユシャク。翅があるので♂。♀は翅がない。ぜひ見てみたいものだが。この蛾は細めで左右の翅の重なり部が大きい。この2個体はいずれも右翅が上に来ているが、個体によって、あるいは種によって決まっているのだろうか。あるいはタイミングで左右どちらも上に来うるのか。白っぽい翅中央に黒点がひとつ。それと斜めの淡褐色ラインが2本。一枚目の個体はやや暗色。
1月6日、四季の森公園にて

2018年1月11日 (木)

ナミスジフユナミシャク@四季の森公園

Cimg7933

C0222617

四季の森公園のトイレで蛾を撮影してきた。たくさん居た。暗くてシャッタースピードが出ないのでぶれぶれを量産。フラッシュを使用しなかった。フラッシュはなかなか容易ではないので避けていたのだ。一応見られるものから、同定できたものを紹介する。
翅は幅広型翅に丸みがある。そして特徴はさざ波模様だ。ナミスジフユナミシャク。写真2枚は別個体。
1月6日、四季の森公園にて

2018年1月 2日 (火)

ニトベエダシャク@四季の森公園

R0129013

年末のもろもろの整理の一環でPCの過去フォルダーを見ていたら、これが時間のかかることかかること。よっぽど時間のある時にしかやってはいけない。未同定の蛾類を中心にいくつか選んで調べてみたところ、なんとヒットした。ニトベエダシャク。非常に特徴的な模様なので比較的短時間で判明出来た。写りが悪いのは暗いトイレでの撮影だったから。四季の森公園まで行ってわざわざトイレの中で蛾を探すとは思わなかった。こういう場所は森の中のライトトラップそのものだと思った。
シャクガ科エダシャク亜科ニトベエダシャク
11月26日、四季の森公園にて

2017年12月26日 (火)

クリスマストンボ@新横浜公園

C0220758

12月23日(土)満を持して昼ごろクリスマストンボを探しに新横浜公園に出かけた。前週アキアカネを見つけた二地点を慎重にさがす。日当たりは最高だし風もないので、いるなら白っぽい地面だろう。あるいは南向きの温まった岩の表面などだ。が、いない。

こちらもいない。

写真はハクセキレイ成鳥夏羽のたぶん♀。翼は外側初列(P9-P6)の4枚は突出し先端が黒い。他は次列までほぼ白い。小雨覆は黒いが中雨覆・大雨覆も白。尾羽は外側(T5-T6)は白く内側は黒。背は真っ黒ではなくグレーが少し交じるので♀と思われる。こういう冬季普通に見られるハクセキレイが動きの鈍くなったアキアカネを捕食しているのではないかと思う。モズもあやしい。というわけでアキアカネはおらず、クリスマストンボは新横浜公園では見つけられなかった。この近辺では越冬トンボはいないのでトンボシーズン2017はこれにて終了となった。
12月23日、新横浜公園

2017年12月18日 (月)

12月トンボ@新横浜公園

C0221764

C0221783

C0221794

てまりさんとの約束を果たすため、東へ向かうか西へ向かうか。クリスマスケーキの予約というもうひとつのミッションも考慮して、東へ向かうことを選択。西は最後の砦としたい。新横浜公園にはカモが少なく、いったいどこへ行ったのやら。ランナーが大勢ぐるぐる走っていた。そして、日が上がった1130時ごろ、クリークでアキアカネ♂を発見した。やったー!見つけたぞ。岩の南向きの面に垂直に止まっていた。温まっていたようだ。それからもう一箇所のポイントではなんと水面を飛び回っていた。そしてふと見えなくなったので周囲を一生懸命探してやっと見つけたのが3枚目の個体。上の個体とは300mほど離れた場所なので別個体だ。さぁ!もう一週間頑張って生き延びてくれ!そしてクリスマストンボの称号を手に入れよう!>アキアカネ。
12月16日、新横浜公園にて

2017年12月10日 (日)

アキアカネ@新横浜公園

C0220260

C0220263

新横浜公園のいつものポイントではアキアカネ♂がすぐに見つかった。少なくとも2個体はいた。日当たりのよい斜面と、地面に置きっぱなしの白い袋の上。いかにもいそうな場所。そして、いつの間にか12月になっていたので、もう12月トンボだ。ここで見られなくなったら最後の砦は例年通り新治かな。
12月3日、新横浜公園にて

2017年11月20日 (月)

アキアカネ@新横浜公園

C0219059

今年の秋はあっという間に通り過ぎて、早くも冬の雰囲気が感じられるほど。ナツアカネコノシメトンボなどよく観察する間もなくたぶんもう没してしまっている。そんな中、最後の頼りはアキアカネ。新横浜公園の例年のポイントではアキアカネを容易に見つけることが出来た。ただ、朝早くは難しい。昼近くになって気温が上がってきたころだ。飛んでくれたので見つけられたが、最初から止まってじっとしていると見つからない。ハクセキレイやモズに食べられないように気をつけてクリスマスまでは生き残ってほしいものである。しかし、こういう季節になってしまったな。年賀状も発売されたし。
11月15日、新横浜公園にて

2017年11月12日 (日)

クルマバッタ@新横浜公園

C0217976

R0128880

新横浜公園のメドウガーデンで見つけたクルマバッタ。とそのクローズアップ。上はデジ一眼、下はコンデジで撮影。
下はおまけ。大池脇から見えるトラス橋のビューポイント。

第8回横浜・人・まち・デザイン賞
   まちなみ景観部門
新横浜公園から見た大熊川トラス橋

11月3日、新横浜公園にて

R0128886

2017年11月10日 (金)

アカスジカメムシ色あせ@新横浜公園

R0128873

R0128848

新横浜公園の例のガーデンでアカスジカメムシがまだ見られた。この場所に固執するのはセリ科植物というえさがあるからだが、既にほぼ枯れていた。そのせいか生気はなく体色もやや色褪せていた。2枚目のナナホシテントウはさらに脱色が進んでいた。
11月3日、新横浜公園にて

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ