2017年2月18日 (土)

ハクセキレイ@皇居

C0180441

皇居お濠傍ばたでカモを観察していると、眼の前にハクセキレイが飛んできて止まった。異様に近い。観光客が多いが警官も多いので野鳥に石を投げるような輩は居ないのだろう。人に対して安心しているものと思われた。かなり黒くなっているので夏羽への換羽中。グレーの羽がすべて黒に変われば夏羽完成。白と黒だけの素敵なデザインである。
ちなみに下は5日に新横浜公園で撮影したハクセキレイ。こちらは夏羽への換羽が始まったばかりの個体。グレーの冬羽がほとんどである。頭部は前の方から夏羽に生え換わり始めているのが分かる。
2月1日、皇居濠にて

C0173806

2017年2月12日 (日)

皇居一般参観

皇居一般参観に行ってきた。事前予約なしでも可能とは知らなかった。ただ、身分証明(免許証やパスポート、マイナンバーカード等)が必要。皇居内にはいつか入ってみたいと思っていたのでようやく夢が叶い嬉しかった。時間がある方は一度行ってみてはいかがだろうか。無料だしおすすめである。

当日受付整理券 
M0012876

桔梗門より入場 1315時ごろ
M0012878

窓明館でお土産屋とトイレ 1345出発 6割ほどは外国人観光客
M0012881

石垣に○に十のマーク
M0012887

富士見櫓(ふじみやぐら)
M0012895

宮内庁庁舎  説明員による説明は日本語のみ
M0012902

坂下門を内側から見る
M0012905

宮殿東庭(きゅーでんとーてー)には2万人入るとか
M0012921

正門鉄橋(二重橋)の上から丸の内方面
M0012939

伏見櫓(ふしみやぐら)
M0012942

宮殿長和殿 幅100m 元日に天皇陛下が並ぶところ
M0012966_2

豊明殿
M0012981_2

乾門方面を望む
M0012986_2

蓮池濠 石垣の向こうは東御苑
M0012993_2

桔梗門は内桜田門とも呼ばれているらしい 1500時前に解散
M0013003_2

皇居参観記念スタンプ 窓明館にて
M0013033_2

2017年2月11日 (土)

ヨシガモ♀@皇居

C0180491

C0180544

皇居のお濠にいたヨシガモ♀。三列風切に斑紋がなくグレーのグラデーションをなし、基部側が淡い。脇の羽に幼羽は見られない。ヨシガモ成鳥♀非繁殖羽。3月ぐらいまでここで見られると夏羽への移行を見られるはず。2個体は別個体。
2月1日、皇居お濠にて

2017年2月 9日 (木)

オカヨシガモ♀@皇居

C0180422

C0180424

C0180428

皇居のお濠で見たオカヨシガモ。嘴のオレンジ色の部分に細かい黒斑がある。三列風切はグレーのべたっとした色合いで斑紋はない。脇の最上列からして幼羽ではないのでオカヨシガモ♀成鳥非繁殖羽。これから春にかけて繁殖羽に換羽してゆくはず。
2月1日、皇居お濠にて

2017年2月 7日 (火)

ウミネコ@皇居

C0180778

C0180865

C0180866

自分のふだんの観察地(鶴見川中流域)ではウミネコは見られないので、皇居のお濠でウミネコを見つけた時は嬉しかった。セグロカモメを観察している途中で尾羽にはっきりした黒帯のある個体を見つけると一瞬異様に感じた。頭部は白。嘴は黄色で黒と赤の斑。上部、翼に褐色味は見られない。初列先端に極小白斑がある。初列は黒め。ウミネコ成鳥夏羽
なお、皇居でウミネコを見たのは自分としては初めてである。
2月1日、皇居お濠にて

2017年2月 5日 (日)

シロハラ@皇居

C0180262

皇居の東御苑の植え込みで見つけたシロハラ。大雨覆の羽縁に白が見えないので第一回冬羽ではなく成鳥冬羽。淡色の眉斑が見られるので♀と思われる。ということでこれはシロハラ♀成鳥冬羽
下は同所で見られたアカハラ第一回冬羽。これを見た直後に上の個体を見たので多少混乱した。
2月1日、皇居お濠にて

C0180261

2017年2月 4日 (土)

ヨシガモ@皇居

C0180492

C0180548

C0180574

今シーズンは鶴見川でヨシガモを見れておらずちょっと寂しい思いをしていたが、そのヨシガモを皇居のお濠で見てきた。本当にたくさんいて嬉しかった。
ヨシガモ成鳥繁殖羽。胸あたりの体羽の扇形白黒模様が良く分かる。頭部のメタリックグリーンはぎらぎらに輝いていた。三列風切もすっかり伸びて、繁殖羽完成のようだ。
2月1日、皇居お濠にて

2017年2月 2日 (木)

アメリカヒドリ@皇居

C0180343

C0180350

C0180351

皇居のお濠でカモを見てきた。大量に繁茂した何やらの水草はカモの餌になっていてカモの群が音を立ててぴちゃぴちゃ食べていた。ヒドリガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、オオバン、バン、カイツブリなどがいた。そして、その中にアメリカヒドリ♂を一頭見つけた。
光沢のある緑色をした頭部、グレーの頭部下半分、ぶどう色の胸から脇、白い腹、黒い下尾筒。アメリカヒドリ成鳥繁殖羽オス。食べるのに夢中で、翼を広げることは無かった。
2月1日、皇居お濠にて

2016年10月29日 (土)

皇居ラン通算26回目

M00101024

 超久しぶりに皇居ランに行ってきた。あまりに久しぶりすぎて前回がいつだったのかも思い出せない。3年前のこれで皇居を一周走ったがこれは除くと、こちらかな。すると3年9か月ぶりの26回目ということになる。
 今回の目的はキロ5で10km走れないなまった体に刺激を入れるためだ。いつも走っているコースだとどうしても出来ないので、非日常の舞台に場所を移せば強制的に走ることができるだろうという計算だ。具体的に言えば皇居には100m毎に都道府県のタイルのマークがあるのでペースを維持しやすいことと、一周5kmの周回コースなので途中でやめるわけにはいかず頑張るしかないという制約があるのだ。そして一番はわざわざ交通費(大したことは無いが)と時間(これも大したことないが)とランステ(これも大したことないが笑)を利用することで心理的ハードルを上げることができることだ。こうやって自分を追い込んで走りに来たわけだが、なんともめんどくさい話ではある(笑)。以前よく使っていた日比谷のランステはとっくに無くなっていたので、半蔵門のジョグリスにしようかと思ったが、日比谷にラフィネ というのが出来ていて、駅近だったのでそちらを利用した。
 平日とあって皇居は空いていた。というかランナーがほぼいなかった。こんな皇居見たのは初めて。朝早かったからでもあるが。たくさん居たのは大手門で何かの入場待ちの中高年の長い列だけ。外国人観光客もまだ来てなかった。そういうわけで結構走りやすく、正確にキロ5ペースを維持して走った。
 スタート地点は桜田門の広場とした。100m毎にある都道府県タイルが二つ現れるたびにタイムをチェックするようにした。平川門からの坂をスピードを維持するとかなりきつかったが頑張った。三宅坂の下り坂では少しだけスピードアップ。すると4km地点でぴりり!左太もも裏に違和感発生。最悪だ。一周も出来ずに終了か?大いにビビり、肉離れになりませんように祈りながらスピードダウン。しばらく様子を見ながら走るが、何とかなりそうだったので、途中でストップすることを覚悟して恐る恐る2周目に突入。キロ5ペースは維持できそうだ。徐々に痛みは紛れて来て気にならなくなってくる。三宅坂の下りもスピードアップしないように慎重に行った。2周で止めるかどうか我がハムに確認すると大丈夫だと返ってきたので、再度途中で止まって歩いて戻ることを覚悟して3周目に突入。かなり呼吸がきつくなってきたが、先日の1/10フルマラソンの時ほど追い込んではいない。一定ペースで走り続けて頑張った。大手門あたりから考えごとをしてしまったために少しこぼれてしまったがなんとか最後は帳尻を合わせることができた。ふとももは最後にはなんとも気にならなくなっていてホッとした。キロ5で15kmできて満足だった。ゴール後はしっかりストレッチして終了。それにしても祝田門と日比谷の交差点は歩行者に優しくない。
 ラフィネのシャワールームはかなり狭く、値段相応だがこじんまりとして綺麗だし駅近なので次回も使うかも。ランステを後にして地上に出ると、すっかり腹ペコだったのでちょっと考えて東銀座までふらふら歩いて、バリバリセットが使える一風堂にするか迷ったが立ち食いステーキの方に挑戦してみた。久しぶりに肉の塊300gを堪能することができて大満足。この店には大陸から来たと思われる観光客のグループが見られた。すっかり腹が満ちると、疲れも手伝って動きも鈍く頭も働かなくなり、ふらふらと次の目的地であるデザインマンホールの聖地へと向かったのであった。

1周目 504-453-503-443-450 2433
2周目 452-459-502-452-456 2441
3周目 458-506-511-447-446 2448

こうして並べてみると1周目の4kmめの下り坂が速すぎたかな。2周目が一番安定している。3周目は3kmめでだいぶ落ちたのとふとももが大丈夫と分かったためかラスト2kmはだいぶ上げられた。祝!キロ5で15km成功

10月21日(金)午前、晴、涼しく心地よい
コース:皇居周回コース3周
距離:15km、キロ5ペース走
タイム:1:14'02"(24'33",24'41",24'48")
平均心拍数:162、最高心拍数:172、初期値:93
体重:○5.4kg⇒○3.8kg、減少量:1.6kg

M00101034

無料ブログはココログ