2018年1月22日 (月)

セグロセキレイ@鶴見川

C0225886

C0225887

鶴見川のコガモの里またはカワウの里ポイントにはセグロカモメが玉座に座って魚をついばんでいた。個体識別のために翼を広げるまで長時間粘る根性と時間はなかった。この日多いのはコガモだった。オカヨシガモが少し。カワウはいなかった。そしてセグロセキレイがちょろちょろしていたので撮影してみた。初列風切は羽先の半分程度が黒い。次列風切は先端部が少し黒いようだ。尾羽は外側2枚のみ(T6T5)が白いのが良くわかる。
下はおまけのカワヅザクラ。一輪だけ咲いていた。他の蕾も膨らんでいた。春も近付いてきている。
1月20日、鶴見川にて

C0225894

2018年1月20日 (土)

ウスタビガ繭@四季の森公園

B0015331

B0015332

S0017951

四季の森公園の林道で上空を見上げていたら落葉した枝先に緑色のものが目に入った。ウスタビガの繭だ。風が強く、煽られるのでなかなか撮影出来なかった。真上を撮影するのは結構首に悪いし、強い北風の中じっとしているのも凄く寒かった。いつかウスタビガの成虫を見てみたいものである。この繭はこの夏ごから秋ごろに羽化した抜け殻と思われる。手が届けば上片の直線部がパカッと開くのを確かめてみたかった。それからヒグラシと思われる羽化殻もあった。いずれも夏の落し物だ。
久しぶりに登った展望台からは真っ白な富士山が綺麗に見えていた。左のピークは大山、右は丹沢山。
1月14日、四季の森公園にて

B0015338_2

2018年1月18日 (木)

クロテンフユシャク@四季の森公園

Cimg7927

Cimg7930

四季の森公園トイレの蛾第2弾クロテンフユシャク。翅があるので♂。♀は翅がない。ぜひ見てみたいものだが。この蛾は細めで左右の翅の重なり部が大きい。この2個体はいずれも右翅が上に来ているが、個体によって、あるいは種によって決まっているのだろうか。あるいはタイミングで左右どちらも上に来うるのか。白っぽい翅中央に黒点がひとつ。それと斜めの淡褐色ラインが2本。一枚目の個体はやや暗色。
1月6日、四季の森公園にて

2018年1月16日 (火)

ジョウビタキ♀@四季の森公園

B0015352

B0015371

B0015374

四季の森公園の池ではマガモ♂2とカルガモ19が見られた。凍った水面が半分ほどを覆うため南側にかたまって浮いていた。小鳥ではイカルが鳴いているのを聴いたぐらいで特筆すべきものはなし。唯一撮れたのはジョウビタキ♀のみ。目が大きめでクリクリしていて可愛い。今シーズンあまり撮影出来ていなかったのでご紹介。
1月14日、四季の森公園にて

2018年1月15日 (月)

ノスリ幼鳥@新横浜公園

新横浜公園で上空をノスリが舞った。全体に白っぽい下面。脇の暗褐色部は小さい
C0222546

そして、識別ポイントの虹彩は黄色い。黒い瞳孔の周りが黄色いのが分かる。
C0222465 C0222462

さて翼。風切後縁の黒帯はなし。次列風切には段差なしで一様、初列風切も段差なく一様。初列次列に乱れなく隣の羽と明らかに質(色合いや長さや形)の違う羽がない。つまり未換羽・換羽済の区切りがみられないということ。
C0222467

尾羽は細い横帯が多数(10本程度)あり、羽先がぼろぼろ。尾羽は11枚数えられる。左T6だけ離れている。つまり左T5脱落か?羽先がやや尖る、右T3羽先が割れている。
C0222466

以上の特徴からノスリ幼鳥。雌雄は不明。新横浜公園と鶴見川中流域ではノスリは複数居ついている。ちゃんと見ることが出来れば個体識別はセグロカモメよりはやりやすそうだ。
1月6日、新横浜公園にて

2018年1月13日 (土)

クビワキンクロ@新横浜公園

C0222354

C0222377

新横浜公園で最近見られているクビワキンクロを見に行った。ギャラリーは約15名。その一名になってみた。ギャラリーのプロミナーや大型レンズの先には黒っぽいカモが一羽寝ている。あまりにも寝ていて頭もあげないのでクビワキンクロかどうかもわからない状態。これを頭を上げるまで延々と待ち続ける。北風が吹きつけ、分厚い手袋をしていても指先が冷たくなってくる。足元も冷たくなってくる。手すりにもたれて双眼鏡で眺める。いつまで寝ているつもりか。このカモは。まわりでコガモが一羽の♀の周りでお祭りを始める。お尻ピッが面白い。周りがいくら賑やかでも寝ているカモは起きない。そうこうして待つこと45分。集中力も途切れがち。周りでバシャバシャとシャッター音が響いた。慌てて双眼鏡をのぞくとそこには頭を上げたクビワキンクロがいた。やったー。慌てて撮影する。一度、羽ばたきをした。そして、ずんずん移動して草の陰に隠れてしまい、二度と出てこなかった。しんから凍えた一時間だった。もう一段の防寒対策をしてくるべきだった。
さてこのカモ、頭頂部が高い独特の形をしている。目は黒く目の周りが白いリングになっていて、可愛い感じ。嘴先端付近に白リングがある。なんとなく牛のような顔だと感じた。キンクロハジロよりもホシハジロに似ている感じ。クビワキンクロ♀
カモは他にはオカヨシガモ、ハシビロガモ、カルガモ、ホシハジロ、コガモなど。
1月5日、新横浜公園にて

2018年1月11日 (木)

ナミスジフユナミシャク@四季の森公園

Cimg7933

C0222617

四季の森公園のトイレで蛾を撮影してきた。たくさん居た。暗くてシャッタースピードが出ないのでぶれぶれを量産。フラッシュを使用しなかった。フラッシュはなかなか容易ではないので避けていたのだ。一応見られるものから、同定できたものを紹介する。
翅は幅広型翅に丸みがある。そして特徴はさざ波模様だ。ナミスジフユナミシャク。写真2枚は別個体。
1月6日、四季の森公園にて

2018年1月 9日 (火)

モズ@新横浜公園

C0222585

C0222588

C0222591

新横浜公園のモズ♂。斜面にいて、餌を探しているようであたりを見まわしていた。これは飛ぶなと思ったので狙ったところ、予想どうり飛び出した。バックが非常に汚いが一応撮れた。シャッタスピードは1/2000秒。地面で餌をとって食べ、戻って同じことをしていた。エサはよく分からなかったが越冬昆虫か蛹あるいはクモあたりだろうか。
1月6日、新横浜公園にて

2018年1月 6日 (土)

ノスリ@新横浜公園

C0222241

C0222242

新横浜公園ノスリ。ハシビロガモを観察していて、やたらと上空を気にしているのを見て気付いて見つけたもの。最長初列風切はP6かP7あたり。尖る初列は5枚。尾羽は丸くて広い。
下はおまけのトビ。丸っこくて鈍(どん)な印象のノスリに比べてシャープである意味格好良い。新横浜公園ではノスリよりもトビのほうが珍しい。
トビの初列風切は11枚あり。外側初列6枚が尖っていて、内側5枚は先端が丸く次列風切と同化している。最長初列はP7あたり。
1月2日、新横浜公園にて

C0222244

2018年1月 4日 (木)

ハシビロガモとコガモ@新横浜公園

C0222228

C0222235

C0222236

新横浜公園の大池ではハシビロガモ♂コガモ♀が妙に仲良くしていてなにかの勘違いでも起きているのだろうかと思った。目が怖いハシビロガモ♂と目がかわいいコガモ♀のカップルか?
下は上空を気にするハシビロガモ。上空を両眼視している。考えると横目だと単眼視になるが、上目だと両眼視になり、距離感が分かるのだろう。天敵のタカを警戒するにはこの見方が適しているのだろう。このハシビロガモ♂は脇最上列に尖ったやや小さめで尖った幼羽があり、三列風切羽縁が白いので幼羽から第一回繫殖羽への換羽中個体と思われる。
1月2日、新横浜公園にて

C0222237

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ