2017年4月30日 (日)

アジアイトトンボ@鶴見川ビオトープ

鶴見川ビオトープではクロスジギンヤンマ♂を堪能したあと、♀など他にもいないか付近を探してみたが見つからず。日が差してくるとイトトンボが少し飛び始めた。ただぎっくり腰の腰が痛いのと視力が良くないのでなかなか下り場所を確認できず。クロギンはもう見つかりそうになかったのでイトトンボに集中してやっと見つけたのがこちら。

C0191816

隠れるような位置にずれるのとピントが合いにくくてえらく苦労した。
C0191829

C0191835

眼後紋前端が直線的で凹んでいないのでアジアイトトンボ♀

C0191817

C0191818

こちらは水色の眼後紋が丸く、腹部第九節が青いのでアジアイトトンボ♂
4月23日、鶴見川ビオトープにて

2017年4月29日 (土)

クロスジギンヤンマ羽化中♂@鶴見川ビオトープ

C0191685

前日に引き続き、朝一番からビオトープに出かけた。ヒメガマの枯れ茎の林をかき分けてクロギンの姿を探す。羽化殻も成虫も見つからない。前日は動くものはガガンボだけだった。が、見つかるまで探す....腰が痛いが探す....するとこのあやしい影が....

C0191734

そっと近寄ると....
C0191772

C0191767

おお!一年以上ぶりに凛々しい姿を目にして感激。クロスジギンヤンマ羽化中だ。翅によれなどないし、羽化は正常のようだ。黄色い胸に黒筋が力強い。かっこ良い!
尾部付属器は♂の印
C0191802

C0191788

C0191798

腹部第一節あたりに少し青が出ている。第二節あたりが細くなっていてまるでコシボソヤンマのようだ。翅がキラキラしていて美しい。止まっていたガマの茎の下のほうには羽化殻があったがなかなか飛んでくれないので確保は断念した。
朝飯前ではあったがこの収穫でもう大満足の一日となった。
4月23日、鶴見川ビオトープにて

2017年4月27日 (木)

サンゴジュハムシ幼虫@鶴見川ビオトープ

R0125710

鶴見川ビオトープの近くにあるガマズミには新葉が出始めていたが、同時にサンゴジュハムシ幼虫も出現するので、いきなり食害の被害にあう。タイミングを合わせて出てくる害虫というのは本当に賢いというか、いやな奴というかは立場による。
ただ、新葉の出るスピードAと食べるスピードBについて、A<Bの場合は食べつくしてしまい幼虫は全滅する。A>Bでないと生き残れないのだ。出現早すぎはダメ、食べすぎもダメ。依存している側もなかなか難しいところ。
下は前の週4/15の状況。葉も小さいし幼虫も若齢。サンゴジュハムシは卵越冬で小枝に産み付けるとあるので探してみたが見つからなかった。
4月22日、鶴見川ビオトープにて
R0125626

2017年4月26日 (水)

クロスジギンヤンマ羽化殻@鶴見川ビオトープ

C0191706

鶴見川ビオトープに久しぶりに行ってきた。これまた久しぶりの長靴をはいて。環境はあまり変わっていなかった。しかし、羽化中のトンボは見つからなかった。だいぶ探したが羽化殻も見つからない。もしかしていなくなったのだろうか?しかしサッカーでいえば「試合が終わるまで勝利を信じ続ける」というサポーターの心意気を考えれば見つからないので諦めるというのは、サポーターの風上にも置けない似非サポーターということになるので「見つかるまでは、諦めない」のだ。痛む腰を我慢しながら肉眼で探すのは諦めて、離れた場所から双眼鏡でヒメガマの根っこ部分をさーっと捜索する。
すると、天の恵みか。一つの羽化殻を発見したのだ。あ~信じて良かった。これサポーターの醍醐味。位置をよく確認し、双眼鏡を外して肉眼で確認し、再度双眼鏡で確認し、背後の特徴の位置関係を確認してから、ゆっくり近づく。途中で見失わないように双眼鏡で確認しながら近づき、無事に現認。やや黒めの殻。付近を慎重に捜索したが羽化直後トンボは
いなかった。背中の翅芽から気門の白筋があるので羽化済みだ。撮影してから、壊さないようにそっと捕獲して透明ケースに確保。やったー。腹部に産卵管がないので♂。同様にして双眼鏡でもう一つ確保することが出来た。
帰宅後、羽化殻を詳細に観察・撮影した結果、ギンヤンマではなくクロスジギンヤンマ♂。識別点はこちらを参照のこと

R0125734

個体1の下唇端鉤と頭部

R0125743

R0125744

個体2の下唇端鉤と頭部
R0125747

R0125749
4月22日、鶴見川ビオトープにて

2017年4月25日 (火)

ウワミズザクラ@鶴見川土手

C0191710

C0191713

今年も桜の満開に続いてウワミズザクラが咲いた。鶴見川にあるマイ標本木がきれいに咲いていた。桜やアンズの花は人々が興味を示すのに、ウワミズザクラはまったく人気がない。いったい何故なのか?こんなにきれいで豪華な花穂なのに。花穂だからか?
4月22日、鶴見川土手にて

2017年4月24日 (月)

シオヤトンボ羽化殻@新治市民の森

R0125671

先日の記事で紹介した新治で羽化中のシオヤトンボがいなくなっていたので羽化殻を貰った。他にもあったので全部で7個の羽化殻を持ち帰った。いずれも赤茶色をしており、これは泥の色。背棘が数個見える。
下はおまけの羽化殻コレクション(しょぼいので笑)。トンボ以外もあるし(笑)。家族に見つからないように極めて秘密裏に保管している。今年は新種を増やせるだろうか。
4月15日、新治市民の森にて

R0125677

R0125678

2017年4月23日 (日)

不明蛾@新治市民の森

C0191493

C0191494

新治では蝶類に気をつけていたので蛾も撮影することになった。小さくて三角形の形。淡黄色の翅には波模様3列ほどある。この手のものはネットで丹念に調べる必要があり、コスパが悪い。とりあえずは不明種としておく。シャクガ科あたりとは思うのだが。二枚は同一個体の表と裏。
4月15日、新治市民の森にて

2017年4月22日 (土)

ルリタテハ@新治市民の森

C0191444

C0191451

新治は汗ばむほど気温は高かったが大変風が強く、蝶はあまり出てこなかった。そんな中、ナミアゲハらしきも目撃したが撮影出来ず。一番派手だったのがこのルリタテハ。大きくて黒くて精悍。コナラ林の林床に止まったところをどうにか撮影できた。2枚目でくるくると丸めた口が見どころ。翅の形状から♂ではないかと思う。他にはコツバメやツマキチョウなども探したが見つからなかった。
4月15日、新治市民の森にて

2017年4月20日 (木)

ミナミメダカ@新治市民の森

C0191389

C0191391

新治の池でたびたび見かけるこれはたぶんメダカだと思うのだが、手持ちの淡水魚図鑑にはメダカが載ってない。このためこれまでも確認できなかった。今回、載っていない理由がやっと判明した。メダカではなくキタノメダカとミナミメダカが掲載されていたのだ。最近よくある普通種のキタ・ミナミ分化だ。南関東ではミナミメダカが分布するという。図鑑掲載の写真は横からなので上からの写真では確認できない。捕獲して水槽にいれて横から撮影しする必要がある。が、図鑑は上からの写真も載せてほしいものである。尾びれの上端と下端はオレンジ色をしている。一枚目左側の個体はやや色合いが異なる。メダカの稚魚あるいは幼魚(というのか)だろうか。
4月15日、新治市民の森にて

2017年4月18日 (火)

ニホンカワトンボ@新治市民の森

C0191471

R0125661

新治の池ではシオヤトンボのほかにニホンカワトンボも見つけることが出来た。羽化直後の♂。メタリックグリーンがぎらぎらに輝き美しい。ただ、この個体、1時間後も同じ場所におり、ぶらさがって風に吹かれてぐったりしていた。そういえば羽化殻が見つからない。風が強かったので羽化途中で落下して水没したのかもしれない。この後そっと手捕りしてみたが飛べそうになかった。かわいそうに。羽化は失敗の危険のある命をかけた大仕事なのだ。
4月15日、新治市民の森にて

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ