2018年4月26日 (木)

道志水源林ボランティア報告#79

E0019309

E0019314

E0019325

E0019448

E0019459

E0019367

E0019372

E0019276

E0019397

2005年に初回参加して以来14年めに入った道志水源林ボランティア。毎年6回ほど参加しているので今回で通算79回目となった。
昨年と同様のルートは東名横浜町田IC~海老名SA~圏央道~相模湖IC~青山交差点~道志みち。今回は道志みちが新緑でとても瑞々しく綺麗だったのでたくさん写真を撮ってしまった。道志みちを下から登ってゆくと山奥にどんどん入り込んで行く感が強い。逆に河口湖から下りてくるルートだと山奥感があまり感じられないので、こちらのほうが好きだ。時間的に早く着くということもあるし。ただ、運転はちょっと大変かもしれない(笑)
晴で暑くなるという予報だったが、暑くもなく寒くもなくとても心地よい気候で最高の条件だった。間伐の対象はぶっといスギや、ぶっといヒノキがあり、大変てこずった。午前に1時間32分、午後も1時間32分の合計3時間4分の作業での成果は以下の通り。
  根元直径 長さ 樹種 備考
#0 26cm     22m  スギ  ※前回作業時の伐倒木の後処理
#1 26-29cm 22m スギ 
#2 25cm     20m スギ
#3 32-38cm 22m ヒノキ 一番の大物
#4 28-36cm 19m スギ
#5 18cm     16m スギ

写真は道志みちと海老名SAのツバメ営巣、林内のヒトリシズカ、ヤブレガサ。

2018年4月 3日 (火)

ホトケノザとシドモア桜@鶴見川

E0018706

E0018712

鶴見川
のカモ広場で手持無沙汰の最中に撮ってみたのがホトケノザシドモア桜。なんとかして両方のピンクを一枚に収めてみたいと、アングルをいろいろ試しているうちに地面に低くしゃがみこむしかないわけで、不自然な姿勢で腰などが辛かった。ホトケノザの花弁上部には濃いピンクの細毛があるのに気付いた。きっとこれには理由があるはず。受粉に協力してくれる昆虫に対する足場とかのサービスとかかな?
3月31日、鶴見川にて

2018年3月17日 (土)

タチツボスミレ@四季の森公園

E0018190

E0018191

四季の森公園内のとある場所のタチツボスミレはもう咲いていた。環境条件からここだけはちょっと早いのだろう。一般にはあと半月ぐらいかな。
3月11日、四季の森公園にて

2018年3月15日 (木)

カタクリ@四季の森公園

C0231906

C0231907

四季の森公園
の林床にカタクリが咲いていた。とても可憐な薄紫。下を向いて開いた花はどこか恥ずかしげ。上品な感じがする。春の樹の花が目立ちたがりな感じがするのに比べて林床の春の花はどれも控えめで品がある。
下はおまけのキクザキイチゲの花。なかなかこっちを向いてくれないのだ(笑)。
3月11日、四季の森公園にて

C0231903

2018年3月10日 (土)

アズマヒキガエル抱接@四季の森公園

C0231874

四季の森公園の湿地でなにやらガサっと音がした。これはキジバトかシロハラとかかなと思い、目を凝らして見るがなにも見えず。しばらく佇んでいるとまたガサッ。よ~く見ると巨大なカエルの塊がいたのである。アズマヒキガエルの抱接だ。下が♀で上が♂。暖かくなって冬眠から目覚めたのだろう。コナラの落ち葉にまぎれると素晴らしい保護色である。
下はおまけのヒメウズの花
3月4日、四季の森公園にて

C0231808

2018年3月 6日 (火)

モンキチョウ@新横浜公園

C0231792

C0231794

これまであまりに寒かったためか、少し春めくと、あぁー春が来るーと感じる。新横浜公園ではモンキチョウの舞いが見られた。土手の斜面で♂による縄張り争いだった。
下はおまけのヒメオドリコソウ。じゃなくてホトケノザでしたね。
3月3日、新横浜公園にて

C0230971

2018年2月27日 (火)

フクジュソウ@四季の森公園

C0230787

C0230788

四季の森公園では毎年フクジュソウが咲くが、実はあまり見たことがなかった。今年はセツブンソウの手前に咲いていたのでじっくり見ることが出来た。
下はおまけのセツブンソウ。たくさん咲いていた。やっとこちら向きのものが撮れた。とにかく雑木林の林床なのでまわりはドングリやコナラの落ち葉だらけである。
2月24日、四季の森公園にて

C0230784

2017年9月25日 (月)

キアゲハ幼虫@新横浜公園

R0128565

R0128556

新横浜公園メドウガーデンにあるブロンズフェンネルはアカスジカメムシ以外にもナナホシテントウも見られた。そして一番大きかったのがこれ。キアゲハ幼虫。サイズは40mmぐらいに見えたので終齢ではなく4齢かもしれない。たくさん居たので次回は蛹を探してみたい。ちなみにこの昆虫に大人気のブロンズフェンネルって一体なにものか調べてみた。すると

フェンネル
学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科
原産地:地中海沿岸地方
葉や種はウイキョウとしてハーブやスパイスなどの食用として利用される。これのいち品種(あるいは亜種?)Foeniculum vulgare 'Purpurascens' がブロンズフェンネルでこちらは主に観賞用。葉がブロンズ色になる

ということ。したがって観賞に興味のない昆虫にとっては食用として大人気なのだと思う。小さくて可愛い黄色の花が傘のようにまとまって咲くので大変に見栄えがよろしい。
9月16日、新横浜公園にて

R0128544

2017年6月 4日 (日)

ユキノシタ@新治市民の森

C0193275

不明アワフキの近くで見つけたのがこれ。5枚の花弁の上3枚に赤い紋があり、下2枚が大きく長い。ユキノシタ。最初はジンジソウかと思ったがよく調べたら秋に咲くというので違った。リボンみたいでなかなかかわいらしい花である。祝!初見。下はおまけのリンゴコフキゾウムシ
5月27日、新治市民の森にて

R0126596

2017年4月16日 (日)

アカネスミレ@新治市民の森

C0191269

C0191277

新治で見られたスミレはタチツボスミレがほとんどだったが、上は色合いが異なり別種と思われた。花弁はタチツボスミレに比べて色が濃く赤みが強い。距は細長く赤紫色がかる。微毛があるような感じ。葉はハート形。花の中に毛が見える。花弁はそれぞれ幅が広い。
アカネスミレ、ノジスミレ、スミレ、ニオイタチツボスミレあたりが候補と思われる。

アカネスミレ    花弁の赤紫色が濃い。
ノジスミレ        葉の形が細長く披針形。
スミレ              葉はへら形。
ニオイタチツボスミレ 側弁は無毛。唇弁中央の白はくっきり。距が太い。

ノジスミレ、スミレ、ニオイタチツボスミレとは異なり、アカネスミレとは矛盾点がないことがわかったのでアカネスミレと思われる。
下はタチツボスミレと交じって咲いていた場所。
4月2日、新治市民の森にて

C0191274

無料ブログはココログ