2017年6月27日 (火)

トラガ@道志村

R0127274

R0127275

6月24日土曜日は道志の間伐ボランティアに行ってきた。自分を含むベテランたちの絶妙のチームワークでいつものように9本の間伐が出来た。今年から圏央道経由で行き帰るので移動の距離と時間が短くなっている。
で、これは作業が終わっての観察。昼間に花に集まるとは蝶っぽい。でも蛾。トラガ。腹部が黄色と黒の虎符模様になっている。これは分かりやすかったので自分で調べることが出来た(笑)。
下は昼休みの観察にて。ウツギの花にまとわりついていた蝶。メスグロヒョウモン♂かミドリヒョウモン♂と思われる。翅裏が撮れていないので判明できず。
6月24日、山梨県道志村にて

R0127263

2017年6月22日 (木)

アゲハモドキ@新治市民の森

R0127096

この日新治でアゲハモドキを別々の場所で2頭見かけた。これは蛾であり、ジャコウアゲハに擬態しているといわれている。ここではジャコウアゲハなど見たこともないのに。それにしてもデザイン自体は似ているが、サイズ、止まり方などは蛾っぽい雰囲気がプンプンである。
下はおまけで調査中の不明ガのシリーズ。
6月18日、新治市民の森にて

R0127006

R0127090

R0127150

2017年6月17日 (土)

モミジツマキリエダシャク@新治市民の森

C0193037

最近、蛾をいろいろ調べていて、ハッとするものが見つかった。一ヶ月前の新治市民の森にて撮影した蛾。これエダシャクらしいとは分かっていた。が、そこから先に進まずお蔵入り度数急上昇中だったのだ。モミジツマキリエダシャク。暗い下草の中にとまっていた。翅に小さな黒点があるので近縁種のツマキリエダシャクではないと思われる。
5月14日、新治市民の森にて

2017年6月12日 (月)

ユウマダラエダシャク@新治市民の森

C0193590

新治の池ぶち、木陰の下草に居た蛾。白い紙に油がしみたように見える。これ見覚えがある。ユウマダラエダシャク。似たマダラエダシャクが数種あるが、図鑑でぴったり同じ模様なのでユウマダラエダシャクだろう。腹部の黄色地に黒斑が非常に目立つ。それにしても蝶にくらべて蛾の多様性が桁違いですごい。
6月4日、新治市民の森にて

C0193580

C0193582

2017年6月11日 (日)

ベニヘリコケガ@新治市民の森

R0126868

R0126872

R0126874

新治市民の森の池ぶちでウラナミアカシジミとアカシジミとクロスジギンヤンマなど撮影していると足元に小さなオレンジ色があるのが目に入った。よく見ると驚くべき蛾だった。まるでペンで落書きをしたような、あるいは文房具屋のペンコーナーの試し書きのような模様をした美しい蛾である。しかも翅縁に赤みがありすごく綺麗である。ウラナミアカシジミよりも好みである。で、帰宅後は苦手な蛾類の調査だ。やはりまず何の仲間であるかがさっぱり分からない。前回てまりさんに教えていただいたノメイガあたりから攻めてみるが、まったくヒットしない。するともう、蛾類の膨大な種類の海を前にして途方にくれるわけだ。そこで頼みの綱google先生に頼ってみた。「蛾 落書き模様」と(これちょっと恥ずかしいが)。なんとこれですんなり判明した。ヒトリガ科ベニヘリコケガ。これでネット図鑑を調べてみてぴったり一致。google先生恐るべし。
6月4日、新治市民の森にて

2017年5月30日 (火)

不明ガはクロスジノメイガ@新治市民の森

R0126669

新治市民の森を歩いていてカミキリムシが居ないか、葉の裏など眺めらながら歩いていると、木の葉裏にあやしい影を発見。黄色地に黒い線がはいる。実に美しい。脚は黒っぽいようだ。さらに2枚目では裏側から撮影でき、腹部がまっくろ。色合い的にはウラナミアカシジミに似ている。いろいろと調べたところ、ヒメキホソバ似だが違う。オオベニヘリコケガ似だが違う。スジベニコケガ似だが違う。クロフシヒトリ似だが違う。ということで、まだまだ不明種ということである。
5月27日、新治市民の森にて
クロスジノメイガと判明しました。また、下に二枚目を追加しました。多謝>てまりさん。 5/31追記

R0126675

2017年5月27日 (土)

ハスオビエダシャク幼虫@四季の森公園

14日の四季の森公園の竹柵でで見かけた幼虫をご紹介。これぞ尺取虫。調査に時間がかかった。ハスオビエダシャク幼虫 竹柵検索にて。腹脚1対。体長24mmぐらい。
R0126418

ヒロオビトンボエダシャク幼虫
 この尺取虫も竹柵検索で。腹脚1対。
R0126377

R0126382

クワコ?幼虫 腹脚1対。
R0126371

5月14日、四季の森公園にて

2017年5月20日 (土)

オオシマカラスヨトウ幼虫@四季の森公園

R0126473

四季の森公園で見つけた幼虫。でっぷりと太り、たぶん終齢幼虫と思われる。腹脚が4対。胸脚は3対。尾角が三角にとがる。側面に白線があり、小眼状紋が9個ほど見られる。手持ちの図鑑ではオオシマカラスヨトウにぴったりである。ヤガ科だ。
下は不明幼虫で現在調査中。現地ではクロコノマチョウと思ったのだが、ちょっとなんか違う感じがぬぐえなかった。顔だけ見ればコジャノメヒメジャノメあたりかと思ったが、全体の体形が筒状の毛虫型で二本の尾がないことなどから違うと思われる。蛾類を探したところヒトツメカギバに似ているかもしれない。
5月14日、四季の森公園にて

R0126425

R0126427

2017年4月23日 (日)

不明蛾@新治市民の森

C0191493

C0191494

新治では蝶類に気をつけていたので蛾も撮影することになった。小さくて三角形の形。淡黄色の翅には波模様3列ほどある。この手のものはネットで丹念に調べる必要があり、コスパが悪い。とりあえずは不明種としておく。シャクガ科あたりとは思うのだが。二枚は同一個体の表と裏。
4月15日、新治市民の森にて

2016年11月 8日 (火)

不明幼虫はオオタバコガ@新横浜公園

R0125270

R0125274

R0125284

新横浜公園大池脇のコスモスの花にたくさんついていた幼虫。腹脚は3対か4対のようなので蛾の幼虫である。アワヨトウあたりに似ているようだが、ぴったりは来ない。継続調査中。なお最近、不明種というカテゴリーを作った。下はお口直し(笑)でナナホシテントウ。ほかにはイチモンジセセリなども見られ、コスモスの花は昆虫に大人気だった。
10月29日、新横浜公園にて

R0125293

追記11/16 ヤガ科 オオタバコガの幼虫と判明しました。多謝>屑の屁さん。
新しい写真を追加しておきます。この個体は中央の筋が緑色です。

C0167025

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ