2016年8月29日 (月)

しろカモメ

R0122026

しろカモメ。冬季に少数が日本で見られる大型のカモメ"シロカモメLarus hyperboreus "ではなく博多と長崎を結ぶJR九州の特急列車かもめの2種類の列車のうちひとつの通称。
・783系 ハイパーかもめ号
・885系 白いかもめ号

ハイパーかもめとは内装も少し違うらしい。いや、大いに違っていて大変豪華だそうだ。博多駅で見かけたので思わず撮影してしまった。九州の列車は首都圏の電車の効率優先主義の電車と違っていちいちおしゃれな感じがする。このかもめはフロントウィンドウ下枠が青色だが、本当の白いかもめはここが黄色。ということは本当はこれは正確には白いソニックということになる(あーややこし)。一度この白いかもめに乗って長崎まで行き、三菱重工長崎造船所で建造中の船と長崎港に接岸する豪華クルーズ船、それと出島のマンホールを見てみたいものである。

2016年8月26日 (金)

福岡地下鉄35周年ちかまる号

Img_1934

 大濠公園でランをした後、天神までの移動は大した距離ではないのでふだんならぶらぶら散歩がてら歩くのだが、この日は猛暑日で、一秒たりとも日なたには居たくないと思ったので地下鉄に乗った。先ほどまで大濠公園の日なたを走っておきながら、こう思うのはちゃんちゃらおかしいと思われようが、ランナーとしてはランの時(on)とそれ以外(off)では明確に区別しているのでちっともおかしくはないのだ。地下鉄大濠公園駅にやってきた電車が上。やたらと派手な車体に気付き、3秒ほどでバッグからデジカメを取り出して何とか撮影できた。それにしてもこういうときのホームドアは非常に邪魔(笑)。
 後で調べたところ、福岡地下鉄開業35周年記念の特別ラッピング列車ちかまる号」とのこと。まず、35周年というのに驚いた。自分が就職のために福岡を離れた直後に開業していたようだ(そいういえば地下鉄工事による交通の大渋滞で辟易していたのを思い出した)。24編成あるうちの特別な1編成にちょうどぶち当たったというわけだから運が良かった。できればヘッドマークなども撮影したかったと今になって思うが、その時は乗ってしまえばあとは降りるだけでとっとと忘れてしまっていた。このラッピング列車は7月26日に運用開始されたばかりで、これから3年間運用されるというので、3年の間に機会があればヘッドマーク(すぐに取り外されるかもしれないが)を含めて撮影したい。というわけで以上、福岡地下鉄のゆるきゃら、いやマスコットキャラクターのちかまるのラッピング列車のご紹介。
 下はおまけで博多駅前にオープンしたKITTE博多のエンジェルポスト。こういうポストなら手紙を出そうという気になる。いやいやいったい誰に?>自分(笑)。福岡のモノはなんだかいちいちデザインに凝っている感じがした。しゃれとーねぇ。

Img_1946

無料ブログはココログ