2017年8月28日 (月)

ムクドリの羽

R0128287

R0128288

鴨居駅のすぐ近くにある鴨居西河内公園に最近、夕方ムクドリの大群が集まっているとの情報を得て先日行ってみた。ぎゅるぎゅるぎゃーぎゃーという鳴き声と羽音でそれはもうものすごい騒音で、苦情が出るレベルである。暗くてよく見えなかったが数百はいるのではないか。ケヤキなどの大木だけでなく電線にも鈴なりにとまっていて、下を通っては何が落ちてくるか分からず危ない感じ(笑)。
そこで日を改めて土曜日、午前中に寄ってみたところムクドリの姿は無く代りに公園内にはムクドリのフンと羽が大量に散らばっていたのである。あまりに多くて気持ち悪いほど。だが、これまでムクドリの羽は拾ったことが無かったので、勇気を出して綺麗なものを数枚だけ選んで持ち帰った。家族に見つからないようにこっそりとベランダに隠し、コンデジで数枚だけ撮影。それが上の写真。最長のもので110mm。この羽がどこの羽であるか検討してみたい。便宜上5枚の羽に長いものから①から⑤まで番号をつけてみた。そして5枚の羽と、ものの本の写真や記載をよおく見比べて検討してみた。

まずは①。これは細長く、外弁内弁の幅に差があり、先端が尖るのであきらかに初列風切。サイズ110mmからすると最長初列付近と思われるのでP9P8P7のどれかだと思われる。
次は②。①に比べて短いが、外弁内弁に差があり、先端が尖るのでこれも初列風切だろう。サイズ92mmから推測するとP5P4P3のどれかだと思われる。
③は先端がとがらずに丸みがある。①②に比べて幅がある。外弁先端側にかすかな欠刻があり、淡色になっている。次列風切と思われる。サイズ71mmからすると内側次列S5S4あたりではないだろうか。
④は③よりも先端が四角っぽく、欠刻が見られないがサイズその他の特徴はよく似ている。これも次列風切S5S4あたりではないだろうか。
⑤は軸の根元側では外弁内弁の幅がほぼ同じなのに先端では外弁が細くなっていて、大げさに言うと長方形に斜めに軸がささっている感じ。この形状は尾羽の特徴である。さて、ムクドリの尾羽には先端側内弁に白斑がある。こちらをご参考。ただ中央尾羽T1にはなく、T2にもないことがあるという。⑤にはかすかに白斑が見られる。サイズ70mmも考慮に入れるとT1(あるいはT2)と思われる。

こうしてムクドリと分かった上でまとまった数の羽を拾得できて、なかなか良い経験ができた。しかし、この羽が一枚だけポツンと落ちていたらこう簡単には行かないだろう。

8月19日、鴨居西河内公園にて拾得

2017年5月25日 (木)

キマダラカメムシ@自宅

M0014866

 我が家のベランダで越冬したキマダラカメムシは妻に見つかり、捨ててきて!と厳命されたため、別に自分が飼っているわけではなく勝手に越冬場所に選ばれただけなのにというような言い訳が通じるわけもなくベランダから大空に飛び立ってもらった。ひと冬を無事に過ごしてもらったのである意味、ほっとした。これが5月7日。どこかで繫殖相手を見つけられただろうか。
 そして5月21日、マンション通路で見つけたのが上のキマダラカメムシ。右触角が欠損しているようだ。我が家で越冬した個体とは別物と思われる。昨年から本当によく出会うようになった。久しぶりに見るがなかなかシックで綺麗なカメムシだ。
5月21日、自宅にて

2017年3月20日 (月)

アンズ開花@鶴見川

R0125592

R0125593

鴨居の鶴見川土手にあるアンズが開花していた。まだ大半は蕾なのでこれから数日で満開になるのではないかと思う。花弁は薄ピンク色、顎は濃い目のワインレッド。雄蕊は黄色い。芽出ているとメジロが来てチーチー鳴いて蜜を吸っていた。
河原のヤナギもいつの間にか新葉を出し始めており、ついに春が来たという感じだ。川面をチェックしてみたがツバメはまだ見つけられなかった。カモはだいぶ数を減らしていた。見られたのはヒドリガモ、コガモ、カルガモでオナガガモは見られなかった。下はおまけ。ミズナラの冬芽。これはまだまだ固い。
3月19日、鶴見川土手にて

R0125598

2016年11月15日 (火)

アキアカネ@自宅マンション

C0167702

自宅ではないがうちのマンションでアキアカネが見られた。毎年、晩秋のころの快晴の朝、日当たりの良いマンションの手摺で良く見られるのだ。昨年はカメラを持ってなかったので撮影出来なかったが、今年はちょうど散策に出かけるタイミングだったので撮影できた。こういう個体がいつまで生き延びるかでその場所でのアキアカネの終認が決まる。そういう季節になってきた。
下はおまけのナミホシヒラタアブ@新横浜公園。コスモスは昆虫に大人気。
11月13日、自宅マンションにて

C0168081

無料ブログはココログ