2017年9月22日 (金)

道志水源林ボランティア報告#77

今年5回目の道志水源林ボランティア活動に参加してきた。13年目で通算77回目だった。朝からくもりで涼しくて活動には絶好の日和。林内には弱い風が吹いていて気持ちよかった。スギ林の斜面はきつく、林床には長く曲がったスギ枝や先日の台風で落ちた枝先が散乱していて作業はし辛かったが、ベテラン(自分も含む)勢が協力し合って実に美しく作業は捗った。係り木はなく、抜倒木は正確な方向に倒すことができた。約3時間にわたる前腕と上腕と背筋と下半身の筋トレの成果は以下の通りで、8本のスギを間伐することできた。

樹種,根元直径,高さ
1.スギ,22cm,23m
2.スギ,22cm,22m
3.スギ,25cm,22m
4.スギ,26cm,24m
5.スギ,20cm,23m
6.スギ,18cm,22m
7.スギ,25cm,22m
8.スギ,30cm,17m,先折れ

で、自然観察のほうは天気が優れず収穫はプア。まずはナツアカネ♀。2枚目は草地の枯れ草にべったり座って(?)いたミヤマアカネ。ほかにコノシメトンボを目撃したが撮影で傷。そして3枚目はよくわからないがたぶんハチの類。手持ちの図鑑ではハラクキバチ、タマヌキケンヒメバチあたりに似ている。体は黒く細長く腹部先端から長く伸びたたぶん産卵管は針のよう。黒い腹部には黄色の横筋が数本あるのが特徴。触角も長く半ばより先端よりに黄色い部分がある。調査中。そして最後は甲虫の幼虫と思われる。間伐木の残された枯れ木の皮をはがして見つけた。場所柄カブトムシとは思えないのでハナムグリとかコガネムシとかそんなところではないかと思う。撮影後、樹皮の隙間の黒土状の場所に戻してはみたが大丈夫だっただろうか。
9月20日、山梨県道志村にて

R0128617

R0128622

R0128611

R0128597

R0128599

2017年8月 5日 (土)

不明シャク@北八朔公園

R0127901

北八朔公園の林のクヌギの樹皮にカブトムシなどいないか探しまわっていたところ、上からふっと飛んできて止まった蛾を発見。実に地味な模様。最初から止まっていて動きが無ければまず見つからないだろう。和名は調査中。
7月29日、北八朔公園にて

2017年7月30日 (日)

道志水源林ボランティア報告#76

R0127804

今年4回目の道志水源林ボランティアの活動に参加してきた。通算76回目。平日にもかかわらず夏休みとあって東名高速とそれに続く16号は大渋滞していた。今回の林分は平らでヒノキが主。だが初心者や病み上がり、体調不良者などがおり、いつになくベテラン不足。だがインストラクターが一から十まで指示を出し、基本を思い出させてくれたのでやりやすかった。効率ではなく安全第一。ベテランが自己満足するようにではなく、初心者がまた参加したいという気持ちになるように考えての指導だった。自分も玉切りの際の枝払いは下側から切るということを忘れていた。ほんの些細なことだが塵も積もればなんとやらで、一日の疲労感が違うはずとのことだ。いつになく人に見られている感が強く、綺麗に切るように心掛けた。伐木数は少なかったが満足感は高かった。
さて、昼休みと作業後の道の駅どうしでの自然散策の成果は貧しかった。いつものように道志川のミヤマアカネ♀。写真上。
それから下は着替え場所のマツにいた蛾。抹茶色の美しい蛾。白線が三本。胸にはもふもふ。和名は調査中。
7月28日、山梨県道志村にて

アオスジアオリンガと判明しました。コブガ科リンガ亜科。7/31追記

R0127785

R0127790

2017年7月26日 (水)

不明昆虫@新治市民の森

R0127681

R0127682

これは新治のせせらぎ沿いでみつけたもの。最初蛾と思って近づいて撮影したのだ。しかしPCでよく見ると蛾ではないようだ。では何か?中脚と後脚が交わっているようにも見えるのでヨコバイの仲間か?あるいはウンカとか?調査中。
下はついでに不明アブ
7月21日、新治市民の森にて

※追記7/26 アブはハキナガミズアブと判明しました。左右の複眼が接しているので♂です。

R0127732

2017年6月29日 (木)

不明蛾はシロテンツマキリアツバ@道志村

R0127236

R0127245

道志村のスギ林の林縁で見つけた蛾。パタパタと飛びふっと止まる。そっと近付き、慎重に探すとこれだった。枯葉に擬態しているのだろう。すごく念入りのデザインだ。翅を広げて止まっている。広げた前翅の根元付近がやや膨らんでいる。翅の後縁は鋸葉のようにぎざぎざしている。白っぽい地に茶色の模様がある。2枚は別個体。現在調査中である。
6月24日、山梨県道志村にて
※6/29追記 ヤガ科シタバガ亜科シロテンツマキリアツバと判明しました。多謝>てまりさん。こちらをご参照のこと

2017年6月22日 (木)

アゲハモドキ@新治市民の森

R0127096

この日新治でアゲハモドキを別々の場所で2頭見かけた。これは蛾であり、ジャコウアゲハに擬態しているといわれている。ここではジャコウアゲハなど見たこともないのに。それにしてもデザイン自体は似ているが、サイズ、止まり方などは蛾っぽい雰囲気がプンプンである。
下はおまけで調査中の不明ガのシリーズ。
6月18日、新治市民の森にて

R0127006

R0127090

R0127150

2017年5月30日 (火)

不明ガはクロスジノメイガ@新治市民の森

R0126669

新治市民の森を歩いていてカミキリムシが居ないか、葉の裏など眺めらながら歩いていると、木の葉裏にあやしい影を発見。黄色地に黒い線がはいる。実に美しい。脚は黒っぽいようだ。さらに2枚目では裏側から撮影でき、腹部がまっくろ。色合い的にはウラナミアカシジミに似ている。いろいろと調べたところ、ヒメキホソバ似だが違う。オオベニヘリコケガ似だが違う。スジベニコケガ似だが違う。クロフシヒトリ似だが違う。ということで、まだまだ不明種ということである。
5月27日、新治市民の森にて
クロスジノメイガと判明しました。また、下に二枚目を追加しました。多謝>てまりさん。 5/31追記

R0126675

2017年4月23日 (日)

不明蛾@新治市民の森

C0191493

C0191494

新治では蝶類に気をつけていたので蛾も撮影することになった。小さくて三角形の形。淡黄色の翅には波模様3列ほどある。この手のものはネットで丹念に調べる必要があり、コスパが悪い。とりあえずは不明種としておく。シャクガ科あたりとは思うのだが。二枚は同一個体の表と裏。
4月15日、新治市民の森にて

2016年12月11日 (日)

不明昆虫2種@四季の森公園

R0125369

R0125382

先月末の四季の森公園で見つけた不明昆虫を紹介したい。
上は脚が3対なので昆虫だろう。竹柵にくっついていた。第一印象ではフユシャクの♀だったが、どうも違う。第二感はテントウムシ類の幼虫。体長は10mm程度と思われる。
2枚めは最初ゲジゲジの類かと思ったが、こちらも脚が3対なので昆虫だろう。鋭い大顎が見えている。体長は25mm程度と思われる。何かの幼虫と思われるが、さっぱり不明。
これが何なのであるかコメント頂けるとありがたい。
11月26日、四季の森公園にて
※上はキイロテントウ幼虫と判明。成虫はこんなの
下はラクダムシ幼虫と判明。成虫は見たことなし。
多謝>ジャワカ零さん。12/12追記

2016年12月 6日 (火)

不明チョウの羽化殻@四季の森公園

R0125428

R0125431

四季の森公園の東に面した日当たりのよい斜面で昆虫を探していた時にこれを見つけた。チョウの羽化殻と思ったのだが、なかなか調べられないので未だに不明。幼虫や卵の図鑑はあるが、蛹や羽化殻のそれはあまりないのだ。まわりにモンキチョウがいたのでそれが怪しいと思うのだが。
しかし、この羽化殻は上が尾部と思われ、尾部の一点で草にぶら下がっている。こういうタイプは睡蛹といい、タテハチョウ科なのだそうだ。アカタテハあたりだろうか。でも脚の数からしてチョウではないかもしれない。トンボの羽化殻はコレクションしているが、この羽化殻はなかなか造形的に美しい。後から気付いたが、持ち帰ってコレクションに加えればよかった。現地で捨ててしまったのだ。う~ん、残念。
11月26日、四季の森公園にて

ツマグロヒョウモンと思われます。 多謝>屑の屁さん 追記 2017/1/6

無料ブログはココログ