2017年6月 6日 (火)

アカシジミ@新治市民の森

C0193350

C0193380

C0193563

この日曜日は午後、日産スタジアム横浜F・マリノスvs川崎フロンターレの試合があるので午前中に時間を決めて早めに出かけた。行先はクリの花の咲いているはずの新治市民の森。クリ畑に行く前によった池ふちで出迎えてくれたのがウラナミアカシジミアカシジミだった。下草から飛び出しては遠くや上に飛ばずにまた下草に止まるので撮影しやすかった。ウラナミアカシジミもたくさん見られ、今年は一体どうしたことだろうか。自分にとっては珍しい蝶なのだが。ちなみにミドリシジミ類は見つからなかった。
6月4日、新治市民の森にて

2017年3月 1日 (水)

2017年2月度ランまとめ

M0013516
2月度は9回のランで走行距離は130km。キロ5ペース走とジョグが主で500インタバルを一回。写真は多摩川土手(世田谷区側)の桜。

0201 キロ5ペース走15km@皇居
0204 キロ5ペース走5km@日産フィールド小机、ジョグ5kmx2
0211 キロ5ペース走10km@等々力
0212 ジョグ15km@新横浜公園、WS
0218 ジョグ15km@新横浜公園、WS
0219 キロ5ペース走5km@新横浜公園、ジョグ5kmx2
0222 500インタバル7本@新横浜公園、ジョグ5kmx2
0225 ジョグ15km@新横浜公園、WS
0226 ジョグ10km@多摩川、キロ5ペース走5km@等々力
-----------------------------------------
0201 15km,1:13'45",157A,172M,82L,1.4kg
0204  5km,28'59",134A,144M,81L,-
         5km,23'50",161A,179M,88L,-
         5km,30'43",138A,146M,99L,1.1kg
0211 10km,49'33",161A,170M,97L,-
0212 15km,1:27'13",138A,148M,71L,1.0kg
0218 15km,1:23'56",148A,160M,77L,1.0kg
0219  5km,28'54",133A,147M,64L,-
         5km,24'39",156A,164M,84L,-
         5km,27'41",145A,153M,90L,1.1kg
0222  5km,29'46",130A,136M,73L,-
         5km,25'47",154A,171M,108L,-
         5km,32'24",134A,142M,84L,0.8kg
0225 15km,1:28'43",139A,153M,71L,0.8kg
0226 10km,58'27",134A,145M,79L,
         5km,24'36",158A,168M,92L,0.8kg
-----------------------------------------
体重減少量
15km       1.4kg,1.1kg,1.0kg,1.0kg,1.1kg,0.8kg,0.8kg,0.8kg
10km       -,
-----------------------------------------
2月22日
新横浜公園にはいろんなランコースがとれる。おもに使うのは①だが
この日は⑤で500バルをしてきた。
①1730m周回コース
②905m周回コース
③2000m周回コース
④1000mインターバル+220mレスト
⑤500mインターバル+220mレスト
前回(昨年の夏ごろだったか)は500mを2分ジャストぐらいで走りあまりにきつくて本数を完遂できなかったので今回は少し遅く設定した。2'10"でどうだ。それでも1本目は加減が分からず204で、これではやはり持たないと分かり、2本目からは少し緩めた。
204-(130)-210-(131)-210-(139)-210-(139)-209-(144)-209-(142)-209-(101)
とりあえず7本できて満足。最後のレストは若干短かったが全体で5kmになったのでとめた。レストのタイムは気にしなかったが、やはり最後は長くなる。でもとりあえず7本出来たのでよしとしたい。たまにインターバルをすると練習した!という感じが大。

2月22日(水)午前、曇り、寒
①コース:新横浜公園まで往路
距離:5km、ジョグ
タイム:29'46"(6'00",5'45",6'05",5'50",6'06")
平均心拍数:130、最高心拍数:136、初期値:73
②コース:新横浜公園東小周回路
距離:5km、500mインターバル7本レスト220m
タイム:25'47"(2'04",2'10",2'10",2'10",2'09",2'09",2'09")
平均心拍数:154、最高心拍数:171、初期値:108
③コース:新横浜公園から復路
距離:5km、ジョグ
タイム:32'24"(7'00",6'29",6'17",6'25",6'13")
平均心拍数:134、最高心拍数:142、初期値:84
体重:○3.7kg⇒○2.9kg、減少量:0.8kg
おまけ:なし


2月25日
午前中かなり歩きまわって疲れていたので、午後のランはジョグにした。キロ6を意識してペースを守って走った。ラン前後にクエン酸3g、6gを服用。一代前のシューズを履いたのだがそのせいか、右足第2指の爪が死んだかもしれない(泣)。

2月25日(土)午後、晴、寒い
コース:新横浜公園3周+往復
距離:15km、ジョグ(キロ6ペース)
タイム:1:28'43"(29'39",29'42",29'22")
平均心拍数:139、最高心拍数:153、初期値:71
体重:○3.3kg⇒○2.5kg、減少量:0.8kg
おまけ:WS2本


2月26日は特別な日。そう、東京マラソンの日なのだが、いやいやいや。川崎フロンターレサポーターにとっては「おフロんた~れの日」なのだ。前日のJリーグ開幕試合で大宮アルディージャに2-0で勝利した(大宮には行けなかったのでユニを着てない)こともあり、フロンタレユニを着て、一人多摩川クラシコいや多摩川オフロシコということで、新丸子の丸子温泉に1155時に到着。
お風呂好きのジモピーに交じり開幕いや開門を待つ。フロサポと思しき女性も一人。わざわざ大船から風呂に入りに来たとのこと。同士だ(笑)。1158時に開門し続々と先行入場する風呂好きとフロ好き合計8人ほど。番台でさっそくフロンターレタオルを貰う。これがこの日の目的。着替えて荷物をまとめてロッカーに入れて走りに出る(これ、いわゆるランステ利用)。丸子橋から東京側に渡り、上流に向かって土手道をゆるゆるジョグる。途中になんと桜が咲いていて花見をしているグループがいた(冒頭の写真)。
二子多摩川で橋を渡って川崎側に戻る。土手を下流南東側に向かう。等々力陸上競技場あたりでちょうど10km。そして等々力トラックでキロ5ペース走。12.5周。ランナーはほぼおらずがらがら。受付の女性にフロンタレユニを喜ばれた。
057-159-200-157-200-158-158-159-200-157-158-158-155
キロ5がやたらときつい。第一第二レーンを使えないので第三レーンを走ると、正確には直径4mとして一周につき12mほど長くなる。12周では150mほども長くなる。5000mからすると3%ほどなので無視できる程度とは思うが、体感的には無視できない感じ。......いや、5kmで150m長いということはタイム的には45秒だから、12.5周で25'00"だとするとそれは5kmを24'15"に相当するので、この差大きいな。なお等々力は第一第二レーンが使えないが、小机や日産では第一だけ使えないのでこの差はもっと小さくなる。なお、等々力や日産はスタンドが高いのでGPS電波の調子が良くなくて正確な距離をとれたためしはない。本当は5150mとか表示されてほしいのだが。
最後は丸子温泉まで約1kmをジョグ。暖かい風呂でゆっくり疲れを癒した。帰宅の電車の中が天国だった。いわゆるランステよりも安く(470円)しかも、ゆっくり入浴できるので満足度は10倍は高い。川崎浴場組合連合会ではこの利用方法を「スポ銭 」と称している。スポ銭はまりそう。帰宅後にクエン酸6gを服用。

2月26日(日)午後、晴、適
①コース:多摩川土手
距離:10km、ジョグ
タイム:58'27"(29'28",28'59")
平均心拍数:134、最高心拍数:145、初期値:79
②コース:等々力陸上競技場
距離:5km、キロ5ペース走
タイム:24'36"(4'56"4'56"4'56"4'56"4'52")
平均心拍数:158、最高心拍数:168、初期値:92
体重:○3.9kg⇒○3.1kg、減少量:0.8kg
おまけ:ジョグ1km

2017年2月 8日 (水)

ラン週報20170208

M0012744

写真は等々力陸上競技場。川崎フロンターレがACLに出場するにあたり基準を満たしていない座席の使用が認められないということで、座席の入れ替え工事をしたのだが、最後の作業として座席番号の貼り直しの作業のボランティアをしたときの光景(この記事をご参考に)。作業自体は1時間以内で終わり、自分は座席を雑巾がけしただけの軽い作業だった。その後結構待ち時間があったのでトラックで練習していたランナーたちを観察してみた。この7名の長距離ランナーを見ていると400mトラックを一周1分30秒で正確なペーランをしていた。ゆったり軽々と走っていた。ペース崩れないねぇ。いい調子。何周走るのだろうか。ん?待てよ。1分30秒?ええーーっ?400mを1分30秒?めっちゃ速いなやいか、自分にとっては。自分は2分かかるから、キロ5で。この彼らのスピードはキロ3'45"に該当する。凄いものである。リーグが違う。

2月1日
平日朝の皇居ラン。いつものように3周15km。日比谷ラフィネを利用するつもりで行ったら
なんと張り紙があって、システムの更新のため営業開始はこの日だけ1530時と。せっかく行ったのにこの絶望感。しばし深い失望ののち、地下鉄案内図をよーくチェックして有楽町線経由で半蔵門に回り、ジョグリスへ。開いてて良かった。
ランは毎度の通り、100m毎に設置されている都道府県タイル2枚毎(200m)にタイムをチェックしてのキロ5ペース走。半周目ほどから後ろに足音がずっとついてきていた。だべりながら軽々と走っているようだ。若い男性三人組だった。竹橋前で抜かれたが、スピードの違いがあまりなかったので少し(50mぐらい)距離を置いてついて行った。するとキロ5で安定したのだ。これ幸いとずっと引かれて2周目も3周目も。彼らがいつ止めてしまうか心配しながら。結局こちらが3周を走り終えても彼らは走り続けていた。すごいなぁ。というわけで彼らのお陰で比較的ラクに走ることができた。ちなみにこの日は桜田門には入らず、祝田橋側を通った(彼らについていったので)。このおかげで3周と10mほどで15kmとなった。3周目あたりから右脚の土踏まずにへたれを感じ始めた。アーチが落ちたような感じだ。強い痛みではないがいやな軽い痛みだ。帰宅後、フェルビナク固形軟膏を塗っている。ずいぶん昔にやった足底腱膜炎はぜひ避けたいな。

一周目 508-451-455-502-500 2456
二周目 450-448-455-500-502 2435
三周目 448-450-447-458-451 2414

2月1日(水)午前、晴、寒い
コース:皇居3周
距離:15km、キロ5ペース走
タイム:1:13'45"(24'56",24'35",24'14")
平均心拍数:157、最高心拍数:172、初期値:82
体重:○3.6kg⇒○2.2kg、減少量:1.4kg
おまけ:なし

2月4日は立春だけあって穏やかな春を感じさせるような良い日だった。気温は低いが日差しが温かい。小机のトラックを走りに行った。鶴見川土手の河津桜が咲きはじめていた。今年は早いように思う。トラックはがらがらだった。一周2分を目途にぐるぐる走った。東風が強く、第2コーナーから第3コーナーにかけて前に進みにくい感じ。気付かぬうちに徐々にスピードアップしていて、最後の一周は24分切りを目指してダッシュした。激走の結果1'40"だった。ちなみに400m毎のタイムは
057-158-200-158-156-156-156-156-155-154-154-150-140 (最初だけ半周200m)
※冒頭の等々力の1周1分30秒がどんだけすごいことか。
帰路は十分休憩の後、ゆるジョグで。先日のようなハンガーノックもなくゆるゆる走れた。土踏まずの痛みは忘れていたが、シャワー後思い出して軟膏を塗った。

2月4日(土)午、晴、快適
①コース:新横浜公園まで往路
距離:5km、ジョグ
タイム:28'59"
平均心拍数:134、最高心拍数:144、初期値:81
②コース:日産フィールド小机トラック12.5周
距離:5km、キロ5ペース走(ややビルドアップ)
タイム:23'50"(4'55",4'52",4'50",4'46",4'27")
平均心拍数:161、最高心拍数:179、初期値:88
③コース:新横浜公園から復路
距離:5km、ジョグ
タイム:30'43"
平均心拍数:138、最高心拍数:146、初期値:99
体重:○4.4kg⇒○3.3kg、減少量:1.1kg
おまけ:なし

おまけ。等々力陸上競技場のボランティア作業の説明風景。ふろん太くん遊び慰労に来てくれた。いつも楽しませてくれる真のエンターティナーだと思う。

M0012737

2017年1月19日 (木)

等々力の座席交換工事完了

M0012566

M0012553

 1月18日に等々力陸上競技場のトラックを走りに行った。人が少な過ぎてちょっと寂しかったが、好きなように走ることができて良かったし、いつも観客席から眺めていたフィールドに入れて、中から観客席側を眺めるという不思議な感覚を味わえてよかった。で、真のフロンターレサポならお隣(というか我が市だが)の学くん移籍の動向とか新チームの外人枠の使い方とか、新フォーメーションとか、鬼木あにき新監督のリーダーシップがどうだとか、宮崎キャンプの練習内容とか、選手たちの宿の部屋割りとかの些事(笑)には目もくれずに皆が一番気になっているはずの「ACL対応座席交換工事」の進捗状況をチェックしてみた。
 するとご覧のようにバック側1階の通称Gコーナーの座席はすべて30cm以上の背もたれ付きの座席に交換されていて完了! 写真2枚めがバック中央席でこちらはこれまで通り。バック2階席にあった青の座席が手前に9列か10列と、2階の通路手前側にあった赤い座席が後方の5列か6列ほど並んでいた。アウェイ側も同様に、数は少ないものの交換がされていた。ただ、ゴール裏はこれまで通り座席なしのままなのでACL戦では使用不可のままとなる。Gコーナーにこれまであった背もたれなしの白い座席は代わりに2階の最後列と2階通路手前側の最後列に設置されているものと思われる(視認できなかったが)。あと、背もたれに表記されている座席番号についてだが、これは以前の場所の札がそのままついているようだった。これを新しい座席番号のものに交換するのかどうかは不明。きちんとやるなら交換すべきだが。どうするのだろうか。
 ま、いずれにせよ、これで2月22日のACL2017グループG第一節の水原三星ブルーウィングス戦ではいつものようにGコーナーで応援が出来るぞ!喜べ。
 .......こんな話、はるきょんブログ読者の中には一人として興味を持たないと思われるが、だれかに知らせたくて記事にしてみた(笑)。そもそもの発端はこちらの記事で。
1月18日、等々力陸上競技場にて

※1/24追記
座席番号はやはりきちんと貼りなおすようだ。その作業の
ボランティアを募集しているので行こうかな。

2016年11月 5日 (土)

あるフロサポの一日

 本日11月3日は2016のJ1年間順位が確定する大事な最終節。2ndステージ第17節。対戦相手はガンバ大阪。等々力キックオフ1330時。先行入場1100時。現在、首位と勝ち点差1の2位。埼スタでは首位レッズvsマリノス。という状況を鑑みてマリノスユニとフロンタレユニを重ね着して出立。 ※等々力は「とどろき」と読む。
M00101318

等々力の裏駐車場に0930時。既に3列目の後半。シート+折りたたみ椅子で位置確保して、しばし多摩川土手で自然観察。
M00101314

1030時に列に戻り快晴の秋空の元、日陰のない駐車場で太陽に焼かれながら開場を待つ。いつになく列が長く駐車場出口にまで伸びてしまい、列整理の係員焦る。
M00101322

 入場して無事確保した座席は2階バックS自由の一番SG寄り、前から3列目。ピッチでは子供の試合が同時に複数行われていた。メインスタンド側はまだガラガラ。
M00101326

しばし場内をウロウロし、オフィシャルショップでアウターをチェックするもいまいち。品ぞろえがプア。メインの売店で昼飯を調達し、オフィシャルショップ前の植え込みに座ってお食事。早朝の雨のせいで下が濡れていて要注意。それにしても野球場は永久に工事中いや工事前なのか。それに比べてフロンパークのせせこましいこと。続々と詰めかけてくる大勢のフロサポで大賑わい。
M00101341

 一旦出場してフロンパークにて、東京オリンピックに取られていく名物男のサイン会。いい仕事してさらにビッグになって戻って来い。
M00101347

M00101368


M00101380
 ドールランドのステージのじゃんけん大会にて「最初はグー」で始めるのかと思ってグーを出したらドール君はチョキ。勘違いによる勝利で賞品(スムージーとクランチ)ゲットしてラッキー。選手グッズの賞品につられてかわさき応援バナナ200円を購入も三角くじ当たらず、残念。フロンパークは子供、お母さんなども多く、いつもフレンドリーな雰囲気で安心。ただ青黒のユニで眼がくらくら(自分もだが)。お祭り。濃い青と黒のガンバサポもちらほら。青黒仲間。先日残念なことにお取りつぶしの刑にあった春日山部屋のチャンコ屋はまだあったのかな?よくわからず。

M00101345
 一旦席に戻りバナナを一本食べてみる。あと3本もあるがどうする?頑張れば食べられないこともないが、仕方ない、持ち帰ろう、荷物になるが。時間になったのでバックスタンド地下(一階席の下)のビックフラッグ掲出隊に集合。これはサポーターの中から希望者を募って行うボランティア活動のようなものであり、どういうわけか自分はほぼ毎回活動に参加しているもの。グリーンのビブスを着る。しばし駆け回る子供たちを眺める。子供って広い場所をなぜか走り回るのだ。体を動かすこと自体が楽しいのだな。タオマフを忘れていることに気付き一旦座席に取りに戻る。今日の担当位置は3の上。これまでで一番右端寄り。「LOVE KAWASAKI」のLあたり。
M00101390

 時間になり145mもの長々しいビッグフラッグを肩に担いでみんなでぞろぞろとバックスタンド最前列に持ち込み、座って待機。不祥事から復帰した川崎華族のコールリーダーのすぐ近く。サポーターのものすごい大声援と太鼓が腹に響く。自分も精いっぱいの声をだし手をたたき腕を振り上げる。しゃがんだままなので体勢が苦しい。ここはフロンターレ応援の一番濃い一帯(通称Gコーナー)だが、小さな子供も多いし女性も多い。スタジアム全体を期待が埋め尽くしていた。
M00101410

M00101399

選手紹介に続いて川崎市民の歌など歌い、やがてファンファーレが鳴るとビッグフラッグの出番だ。赤いラインのついたフラッグの上側を持って段差をゆっくりあがる。大勢のサポーターが競うようにフラッグの端をつかみ、左右にゆすり始める。
M00101417
Love me tender をみんなで歌う。フラッグを揺らしながら。
♪おーおーおーおーおーおーおー・
おーおーおーおーおー・・・
おーおーおーおーおーおーおー・
おーおーおーおーおー・・・
おー・・・おー・・・   
おーおーおーおーおー・・・
おーおーおーおーおーおーおー・おーおーおーおーおー・・・
x2

2コーラスめから太鼓が入りサポーターの心が一つになる。
ビッグフラッグを広げる役はこのように何度もやったが、残念ながらこれを外から見たことがないのでユーチューブの動画をリンクしておく

歌が終わると即!撤収。元の位置に戻ってフラッグをばさばさととりまとめて担ぎ、ぞろぞろ並んで足早に撤退。ビブスを返却しお礼の品のステッカーを貰って小走りで座席に戻るとすでに試合は始まっていたのはいつものこと。

 小林悠も大島僚太もいないが、三好がいい感じ。早々に長谷川、続いて三好が得点し、タオルを振り回し歌を歌いぴょんぴょん飛び跳ねて歓喜x2。天にものぼる気分で前半終了。あとは横浜F・マリノスが浦和をとめてくれさえすればと祈る。等々力はネット環境が貧弱なため他会場の経過が分からずフラストレーションがたまる。陽射しが直撃する位置関係のため暑い。タオルで頬かむりする。後半の中ごろ左から藤春にみごとにやられて失点。高揚していた気持ちが一気に冷える。そして、つづいてその直後、井手口にぶち込まれて同点。前節日産スタジアムで横浜相手に2本のミドルシュートを決めた井手口にまたしてもやられた。自分にとって天敵だ。スマホで浦和vs横浜の経過がやっと見れた。1-0で浦和リード。浦和強いな。マリノスも頑張れ。だんだん主導権を握られる展開が続くいやな時間帯。アデミウソンに決められて目の前真っ暗に。でもまだ時間はある。奇跡を信じて声をだし手をたたき、アディショナルタイム4分に望みを託す。最後まで諦めてはいけない。........無情の笛が鳴り2016最終節の等々力は失望に包まれて終わった。

 ペットボトルやバナナの皮などのごみはきちんと分別して捨て(係の人たちにはいつも感謝)、1階の座席最後列の手すりで待つ。ふろん太とカブレラとコムゾーによるパス回しの小芝居で、ささくれだった心が少しだけ和む(いつもありがとう)。スタジアム全体を覆い尽くす落胆と失望の底を真っ黒い礼服のようなスタジアムコートを着た葬儀の列のような雰囲気でフロンターレの全員がピッチを横切って集まってサポーターの前に整列。
C0166315

こんなにたくさんの人がいたのか。いつも裏で仕事をしている中の人たちや怪我で離脱中の奈良、鄭成龍、小林悠なども。ワルンタ以外はそろっていたのではないか。みな俯いて顔をあげられないのか。こんなシーン、泣きたくなるではないか。社長・監督・憲剛により今シーズン終了の挨拶。最悪の結果を出してしまったからこそ言える言葉があったのではないか。もっと上手に挨拶してほしかった。ゴール裏でのコールには参加せず等々力を後にした。
C0166350

C0166357

C0166362

 17時ちょい前に帰宅。マリノスが追いついて引き分けに持ち込んだことを知ったのは帰宅後だった。浦和の立場からすればガンバありがとう!川崎ありがとう!年間一位万々歳!だろう。2点のリードを落ち着いて守りきれてさえいれば。今更ながら悔しさが倍増いや三倍増。く~~~。
 サッカー観戦はこのように感情の振れ幅がすごく大きく、日常生活では体験できない非日常を味わうのが病み付きになる。負けて悔しいから勝ったときに嬉しい。だから負けたときにはさらに悔しい。ある意味、足してしまえばプラスマイナスゼロなのではあるが、プラスとマイナスに価値を見出し楽しむのだ。こうして今シーズン、自分は等々力に計13回通うことになったのである。以上、川崎フロンターレサポーター一年生となったはるきょんの一日を紹介した。

無料ブログはココログ